シミを消す化粧品!オールインワンのシミケアジェルがベストなの?

07/24/2020

紫外線を浴びた後のシミケアってとっても大切。UVクリームをしっかり塗っていたからって思っていても気になります。

シミがいちど出来てしまうと、消すのはたいへんです。

でも、「シミケアって意外と面倒」、そんなあなたには手軽なオールインワンをおすすめします。

 

無料で資料請求できます!

シミの原因、なぜできるの?

女性にとってお肌の大敵なのがシミ。

なぜシミができてしまうのか、原因を知っておくことが大切ですね!

シミは自分の体が作るメラニン色素の色なんです。よく聞きますよね。
日焼けしたり、ニキビ跡に発生する薄茶色のもととなる色素です。

でも、本来は時間が経つと、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)でメラニン色素を含んだ皮膚は1ヶ月ほどで剥がれていってしまうんです。

 
肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)の周期が年齢とともに伸びてきて、肌の中に色素が蓄積されると、シミとなって見えてきます。

 

肌質などによっても変わってきますが、平均的には

  1. 20代=28日程度
  2. 30代=40日程度
  3. 40代=55日程度
  4. 50代=75日程度

 

ターンオーバーの乱れの原因と言われているのは

  • 間違ったスキンケア
  • 紫外線
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 喫煙
  • アルコール
  • ストレス
  • 冷え
  • ホルモンバランス
  • 過度なダイエットや
  • 便秘

などです。こんなにあるのって思いましたか?

 

さらに、35歳以降では、お肌のバリア機能(うるおい)も少なくなるため、さらにシミができやすい肌環境になってきます。ですので、保湿がシミの予防にとって大切になってきます。

今まで美白が効かなかった方に!本当にシミに届く美白ジェル シミトリー

シミの種類

 

シミの種類は大きく分けて4つです。
あなたのシミはどれか確認してみましょう。

1、外出することが多い・・・日光黒子
別名(老人性色素斑)。ほとんどはこのタイプ。淡褐色~濃褐色の斑点で、顔の広範囲にできます。中年以降に増えます。

2、小さい頃からあって、家族にも同じシミがある・・・雀卵斑(じゃくらんはん)
ソバカスと言われるもので、3歳頃から発生してきます。数ミリ以下の丸い斑点が頬や鼻の周りに出ます。

3、火傷・ニキビ跡にできた・・・炎症後色素沈着
火傷やニキビ、炎症が治った後に残るシミ。時間とともに薄くなることが多い。

4、頬に左右対称にできる・・・肝斑(かんぱん)
女性ホルモンに関連しているといわれています。頬骨に沿ってやや大きく左右対称にできるのが特徴です。

シミが出来る大きな原因は「加齢・紫外線・火傷・ニキビ跡・ホルモンバランス」
加齢や紫外線などが主な原因で、肌の保水力が減っていくと、シミが出来やすくなります。加齢はしかたないですが、保湿は毎日のスキンケアでカバーできます。

1つで9役!シミもシワも同時にアプローチ!新美白オールインワンジェル

シミケア vs レーザー治療 

シミがなくなったら・・・って悩んでいる人が調べてみると、「スキンケア」「レーザー」の2つの方法があることに気づきます。

でも、レーザーって怖そうです。だって、普通に考えると、レーザー兵器があるくらいだから、破壊するっていうことですよね。「治療の後遺症や、失敗して前よりも悪くなった」なんて話も聞くし。

それに比較して、スキンケアなら身近でなじみがあります。毎日やっているスキンケアにプラスしてシミケアをちゃんと継続すれば結果が期待できます。

肌に刺激の少ない無添加(パラベンやアルコールフリー)のシミケア化粧品を選ぶのがおすすめです。

本当にシミのことを考えて開発しました!世界初!無添加シミトリー処方美容ジェル

気をつけたい!間違ったシミケア

加齢でうるおいが少なくなってくるのなら、保湿しておけばOK。
そんな簡単にいかないのがお肌です!

だれでも間違えそうなシミケアをいくつかご紹介します。

1、シミケアの成分が配合されていない化粧品ではダメ

シミやシワには保湿が大切。でも、加齢などで肌のターンオーバーが乱れて遅くなったりすると、それだけでは足りないんです。

シミケア成分が配合されている化粧品をプラスして、メラニン色素を生まれにくくするのが大事。

メラニン色素を作るメラノサイトは肌の奥にあるので、シミケア化粧品はしっかりと奥まで浸透できる仕組みを持ったものを選びましょう。

2、レーザー治療などは肌へ刺激

レーザー治療なら短期でできるしいいなーって思いますが、敏感肌の人はリスクが高くなります。

レーザーで肌に刺激を受けて痛めてしまうかもしれません。それと、肝斑(かんぱん)だとレーザー治療は合わないので、シミケアをしていくのがおすすめです。

3、早すぎたり遅すぎたりしません。シミケアは継続しないと

  • ん・・・シミ?違うよね!ってシミケアをすぐしないのはダメ
  • 若いからだいじょうぶ、10年後に考えよう・・・っていうのはダメ
  • もう人生50も越えて年だし・・・遅いかなっていうのはダメ

シミは、できたらすぐケアしないと、一時的に消えても再発したり、後回しにすると定着して消えにくくなります。若くても早すぎることはないし、年齢を重ねても、遅すぎるなんて思わないで、気になったらシミケアを1日も早く始めましょう。

シミケアは、コツコツ継続していくのが近道だったりします。

世界初!独自処方でシミもシワも同時に防ぐ美白美容ジェル

おすすめのシミケア成分

美白やシミケアの化粧品に配合されている成分で注目すべきはどれなの?いろんな成分が入っているけど大事なのは?

それは、「ハイドロキノン誘導体」「フラバンジェノール」「ビタミンC誘導体」です。ぜひ、覚えておいてくださいね。

ハイドロキノン誘導体

ハイドロキノン誘導体は、肌が紫外線の刺激を受けるとできるシミの素「メラニン色素」が生まれるのを抑えてくれる成分です。

美白成分として、多くのシミ・美白ケア用品に使われています。

「ハイドロキノン」と聞いて、え~っ!て思われた方もいるかも知れません。過去に、副作用の問題で話題になったことがありますよね。

過去に問題を起こしたハイドロキノンは、漂白効果に近いような危険なものでした。でも、今の化粧品に多く使われているものは、そんな経験があったからこそ安全になっています。

ただし美白効果は、かなり弱くなっているのも事実ですが、安全で副作用のトラブル報告はありません。

シミの予防や美白ができて、肌へのリスクができるだけ少ない「ハイドロキノン誘導体」が配合されている化粧品を選ぶといいでしょう。

フラバンジェノール

「フラバンジェノール」って聞いたことありますか?「あ、フラバンねっ!」っていう人は読み飛ばしてください。

フランス南西部に育つ海岸松の樹皮からとれる天然素材で、なんと「ビタミンCの約600倍とされる強力な抗酸化作用」があるそうです。

この成分を含んでいる化粧品があります。「紫外線からのダメージを抑え、メラニンが生まれるのを少なくする作用があるそうです」

フラバンジェノール、覚えておいてくださいね!

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体って?ビタミンCは、よく聞くんですが、誘導体って?

ビタミンCは、それだけだと肌に浸透しにくいんです。それを改良して浸透しやすくして肌の奥まで届くようにしたのが「ビタミンC誘導体」です。

それで、ビタミンCの役割は

  • 活性酸素を抑制
  • メラニン生成の抑制
  • メラニン色素を元に戻す
  • ターンオーバーの正常化

こんなにあります。良さそうですね!

シミケア化粧品の比較 どれがオススメなの?

ここまで読んでくださった人は、「いったいどんなのがオススメなの?」ということが気になっていると思います。

ちょっと待ってください。化粧品もたくさんありますので、メリットやデメリットを少しだけご説明したあとに、オススメを紹介しますね。

オールインワン化粧品

スキンケアが必要とわかっていても、忙しくってやってられない!こんな人には、大人気になっているオールインワン。

オールインワンって、やばいですよ!

これ一つで、化粧水・美容液・乳液・保湿クリームまで済んでしまうんです。

お手軽ですね、でも、1回で済むということは、肌にとってもいいことなんです。いくつもの化粧品を塗ると、それだけで「摩擦による刺激」で肌にストレスを与えてしまいます。

これを毎日やるのだから、塗る回数は少ないに越したことはないんです!

オールインワンと聞くと、なんだか手抜きしているようなイメージを持たれる方もいるようですが、それはちょっと違うんですね。

オールインワンは簡単お手軽という点ばかり強調されますが、それだけではなかったんですね。

化粧水・乳液

毎日かならず必要な化粧水と乳液は、肌の潤いと浸透の役目があって大事なものです。

でも、これだけだと加齢や・ホルモンバランスの乱れによるターンオーバーの遅れに対処出来ないのも事実。

すこしづつ助けをする化粧品が必要になってきます。美容液・ブースター・保湿クリームなどのスキンケアですが、毎日なので無理なく継続できるものでないと続きません。

簡単にケアできるものを選びましょう。

シミトリ専用クリーム

自分でできて、いつものケアにちょっと追加するだけのお手軽さが魅力です!

シミの抑制に特化した成分を含んでいるので、継続してケアすれば、効果が期待できます。さらに、肌の表面にまだ現れていない「シミ予備軍」の防止も期待できます。

肌の奥に潜んでいる「シミ予備軍」は、何もケアしないでいると数年後に肌の表面にシミとなって現れてきます。

 

[出典:シミトリーホームページ]

いろいろ比較しましたが、オススメはシミトリー

オールインワンでシミケアができる化粧品

オールインワンなら、スキンケアシミケアが1つで済むので、毎日外出して少しづつ紫外線を浴びてしまう人にとってもお手入れが簡単。

毎日のスキンケアのルーチンに取り入れてしまえば、継続するのも苦にならないほどオールインワンタイプのシミケアはお手軽です。

それで、一番のおすすめ商品となると、「シミトリー(SimiTRY)」

口コミで人気急上昇中!シミもハリもあきらめたくない人専用美白美容ジェル【シミトリー】

 

シミトリー公式サイト

 

シミケア用オールインワンの本当の実力を知るには?

 

人気情報 

※困った目元のお悩みを根本から解消
 ⇒消えない目の下のお悩みには『アイキララ』

※頬の毛穴に刺して届ける画期的美容法【マイクロニードル】
 ⇒目立つ頬の毛穴に『チークポアパッチ』

※ほうれい線のお悩みを解消したい方
 ⇒口周りの年齢サインに『ヒアロディープパッチ』

※眉間(みけん)のシワが気になるなら
 ⇒【刺す化粧品シリーズ】眉間専用ケア商品『ミケンディープパッチ』

※急いでシワを消したいなら
 ⇒1分でピーン! 魔法のような速効ジェル『リンキーフラット』

※まぶたのたるみ&腫れぼったい目元に塗ってすぐパッチリ!
 ⇒【塗ってすぐパッチリ!】上まぶた用『リッドキララ』

※手の甲のシミ対策用ピーリングジェル
 ⇒手の甲専用ピーリングジェル『ルミナピール』

※おでこのシワのお悩みを解消したい方
 ⇒おでこシワ専用『オデコディープパッチ』

※手の甲の血管目立って気になる方
 ⇒あなたの“老け手”に本気のエイジングケア『ハンドピュレナ』

※首のシワが目立って気になる方
 ⇒首の年齢サインにサッと吹きかける簡単ケア『ネックエステミスト』

※すぐに自然な美白になりたい方
 ⇒たった60秒で理想の美白!『メイミーホワイト60』

※毛穴集中対策が必要な方
 ⇒毛穴集中対策ナイトパック/『CARE NANO PACK-ケアナノパック-』

※足のニオイが気になる方
 ⇒【足のニオイケア】サラサラ効果が1日持続『ノーノースメル』

 

生活

Posted by cosm