【冬の花粉症】目がかゆい、くしゃみ鼻水が止まらない原因と対策!

04/13/2020

花粉症って何?って思いませんか?

冬は花が咲かないんだから花粉なんてないでしょ!

スギ花粉は2月から飛散します。がかゆく、鼻くしゅんです。

花粉症の人にとって一番つらい季節は冬から春にかけてなんです。

冬の花粉症を起こす原因と症状は?

 

冬から春にかけての花粉症で一番の原因は、杉(スギ)花粉です。

一年で、この時期だけつらいという人は間違いなく、スギ花粉による花粉症です。近年の温暖化で2月に入ると飛散が始まり、4月中旬まで続きます。

3月中旬からは、檜(ヒノキ)の花粉が飛散しますので、両方にアレルギー反応してしまう人は、4月終わりまで長い期間苦しめられます。

症状

  • 鼻水・鼻づまり、ティッシュ使いすぎて鼻が痛くなる
  • くしゃみ・咳が連続する
  • 喉(のど)が渇き、ひどくなると痛む
  • 目のかゆみや腫れ・痛み・目やに
  • 顔や頭、全身のかゆみ
  • 微熱と倦怠感(けんたいかん)

花粉症になる原因となりにくい地域

花粉症ではない人も、ある時から発症するので、注意が必要です。私も、ある年に、例年より花粉が大量に飛散したことがきっかけで花粉症になりました。

厚生省によると

「大量の花粉に出会うと、体が花粉に対する抗体を産生する可能性が高くなります。スギに対する抗体をたくさん産生すると、何らかのきっかけでスギ花粉症を発症しやすくなります」

日本で花粉症にならない地域

※北海道は道南の一部地域には杉がありますが、それ以外はほとんどないようです。ですので北海道は花粉症がなく天国かと思いきや、白樺(しらかば)の花粉症になる人が近年はいるそうです。

※沖縄は花粉症の人にとって天国です。(スギやヒノキの花粉症)実際、3月に沖縄に行くと目鼻グジュグジュだったのがウソのように引いていきます。イネ科の花粉症だと沖縄でもダメかも。

スポンサーリンク

花粉症で目がかゆいときの対策は?

目がかゆいからといって、目だけ塞いでいればいいというわけではありません。鼻から入った花粉でアレルギー反応が起きている場合、目にも影響します。

実際、目を塞いだままというわけにもいきません。

マスク・帽子着用
口だけとか、鼻を覆わない使い方では効果がありません。おすすめは、スポーツアスリートが愛用する⇒「NAROO MASK 」のようなフィットするけど息苦しくないマスクがベストです。

鼻炎の薬を服用
花粉症のアレルギー専用の鼻炎薬を選びます⇒「花粉症 鼻炎薬」いきなり規定量を服用するのではなく、半分の量 を試してみるようにします。半分でも意外と効果を感じられることがあります。特に、眠くなりにくい、とあっても眠くなる場合があり、半分の量だと眠さも軽減できコストも半分になります。

ワセリンを塗る
鼻の中の粘膜に塗ると、アレルギー反応が予防できます。ワセリンで鼻の粘膜を覆うと、花粉が直接触れなくなるのと、粘膜の水分を花粉が感じてアレルギー物質を放出するのを防げるからです。

抗炎症の目薬
花粉症専用の目薬を使う。⇒「クリアブロック」 抗アレルギー、抗ヒスタミン、抗炎症成分が配合されているので、普通の目薬とは違います。(実際に使って楽になりました)

メガネ
水泳選手が付けているような目を完全に覆うものであればベストですが、見た目がちょっとあれですのでなかなか勇気が必要。伊達メガネを推奨している場合もありますが、横が開いているので効果はそんなに期待できない気がします。

花粉症用のメガネ⇒「花粉防止メガネ」 なら、横や上下が覆われるので効果が期待できます。


スギの花粉症なら↓

スポンサーリンク

生活, 花粉症

Posted by cosm