クリスマス飾りやオーナメントを一年中売ってるお店やミュージアム!

05/03/2020

クリスマスは一年に一回、短い期間しかありません。

クリスマスの雰囲気や飾りを一年中味わいたいっていう人もたくさんいるはずです。

そこで、クリスマス・シーズンだけでなく、一年中クリスマスっていう人のために調査してみましたので、ご紹介します。

海外の有名なクリスマスマーケットのことも紹介してます。しっかりとご覧ください。

クリスマス飾りやグッズを一年中売ってるお店

クリスマスのシーズンになると、あちらこちらでクリスマス飾りやオーナメントがお店に並びますが、一年中クリスマスな気合の入ったお店もあるんですよ。

世界に一つだけ、星の贈り物オーストラリアの天文台公認!

Chrismas Toys(クリスマストイズ)

こちらは、横浜にあって、1986年9月オープンの歴史のあるクリスマスショップです。

Toyってなっているのは、ブリキのおもちゃ館という博物館の横にあるからなんです。

実際の店内は↓これ

なんか、ドイツかどこかのお店の雰囲気に似ていますね!

実は、どちらも、北原照久氏(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)が運営されているそうですよ。

なんかこのお名前聞いたことあるな~って思いませんか?

開運!なんでも鑑定団というテレビ番組に鑑定士軍団として出演されている方です。

Christmas Toysのサイト

神奈川県横浜市中区山手町239
TEL 045-623-1696
営業時間 9:30~18:00

スポンサーリンク

Christmas company(クリスマス カンパニー)

「364日クリスマス・イブ」がコンセプト

クリスマスは一日だけど、その次の日から364日すべてが次のクリスマスに向けてのクリスマスイブの準備期間なのだそうです。

クリスマスの楽しみはイブを迎えるまでの長い長いプロセスなんですね!

場所は東京の代官山ですよ。

↓お店はこんな感じ!

Christmas companyのサイト

東京都渋谷区猿楽町29-10 ヒルサイドテラスC-13
TEL 03-3770-1224
営業時間 11:00~19:00

スポンサーリンク

山中湖畔にある「クリスマスの森」

ここは、基本ミュージアム(博物館)で、入場料が必要です。(入館料 大人800円)インターネット割引を利用すると700円になるようです。

一年を通して開館しているわけではなく、1~3月は休館しています。詳しくは下のリンクより公式サイトでご確認ください。

コンセプトは、「目にみえないものを大切に」だそうです。

世界のサンタやクリスマス・天使・妖精のコレクションが年代別に見られます。

↑ジオラマを見ていると、これ自分の家にも常設展示したいなーって思ってしまいます。

ミュージアムを見学し終わって、出口へ向かうと、ショップの中を通ります。

ほしいものがあれば、というより、欲しくなります。

さんざんサンタやきれいなツリー、クリスマスの雰囲気を味わった直後ですので、どうしても舞い上がってしまうんですね!

↓こんな感じ。

クリスマスの森のサイト

山梨県南都留郡山中湖村平野506-133
(旭日丘緑地公園近く)
TEL0555-62-9990
営業時間/9:30~17:30

スポンサーリンク

ローテンブルク(Rorhenburg 海外ドイツ)

海外なんですが、あまりにも、素敵すぎたのでここでご紹介しちゃいます。

ドイツのロマンティック街道の途中「中世の宝石」と言われているローテンブルクは、中世の建物が残る絵本の中に出てくるようなところです。

この旧市街の中心地マルクト広場で開かれるクリスマス・マーケットが、いい雰囲気なんです。

↑この屋台みたいなところでホットワインを買って飲みます。

ワインにはスパイスが入っていて、最初のひと口は気をつけないと、むせたりします。

↑これが、ローテンブルク全体で、中心にあるマルクト広場でクリスマスマーケットが開かれます。

↑↓近くのお店。

↓ローテンブルクは、ドイツの真ん中より少し下の方です。

もしも、ローテンブルクに行くなら、絶対にクリスマスシーズンがおすすめです。