御霊前の金額とマナー【お葬式】に出席する時に必要な香典の相場とは

04/14/2020

お葬式は、宗教や宗派によって作法やマナーが違い、さらに、突然の連絡で出席が決まることもあり、慌ててしまいます。

普段の生活とはかけ離れたしきたりや、常識があったりで、悩めます。

ここでは、御霊前金額と相場、マナーなど、出席する時に必要となる知識をご紹介します。

最後まで読んでいただければ、初めて出席する場合でも悩みがぐっと少なくなります。

お葬式の御霊前、金額の相場は?

香典は、故人への供養ですが、実際には、お葬式などの急な出費に対する助け合いの意味もあります。

包む金額には、地域や立場・年齢・社会的な状況によって変化します。ですが、目安となる相場を知っていませんと、悩んでしまいます。

スポンサーリンク

ここでは、全国のお葬式を扱っている葬儀社が目安として提示している相場をご紹介します。

[出典:小さなお葬式]

香典に包む金額の相場:親族

これ以外の親族の場合は、1~3万円が相場です。

香典に包む金額の相場:友人・知人

故人とのお付き合いの度合いによって金額は違ってきます。

香典に包む金額の相場:職場関連

金額はとにかく多ければ・・・というわけではないのです。香典のお返しなどで困ってしまうような金額は避けましょう。職場から一人ひとりが小額で連名で香典を用意する場合は、「香典返しを辞退する旨」記入しておくと親切です!

 

御霊前のマナーと注意点

御霊前(ごれいぜん)とは、故人の御霊(みたま)の前ということです。そこに供える供物(くもつ)なので、通夜・葬儀に持参するお香典には表書きに御霊前と書きます。

通夜やお葬式の連絡は、突然来ます。故人の宗教がわからないときは、「御霊前」にしておきましょう。

実際のところ、宗教や宗派によって表書きは変わって来るのですが、現在の日本では「御霊前」は、どの場合でも受け入れてもらえるようです。

事前に宗教や宗派がわかっている場合には、それに従いましょう。

仏教:お通夜・お葬式には「御霊前」49日以降の法要は、「御仏前」。ただし、浄土真宗は、亡くなるとすぐに仏になるということでお葬式でも「御仏前」になります。

神道:「御榊料」「御玉串料」「御神饌料」となります。

キリスト教:「御花料(おはなりょう)」プロテスタントは十字架、カトリックはユリの花、もしくは十字架が描かれたもの。

スポンサーリンク

袱紗(ふくさ)に包む

御霊前は、袱紗(ふくさ)に包んで持参します。受付にて袱紗から香典袋を取り出し、お悔やみの言葉とともに、袱紗(ふくさ)の上に乗せて相手から見て文字が読める向きにして両手で渡します。

[出典:小さなお葬式]

袱紗(ふくさ)に包む理由は、渡す相手に対し礼を重んじ、心遣いをしている、ということを表すためです。さらに、水引がくずれたり、香典袋が汚れないようにするためです。

袱紗が用意できない場合は、ハンカチで代用することもできます。

男性の場合は、喪服の上着の内ポケットから取り出して渡すケースが多いですね。

女性の場合は、バックから袱紗(ふくさ)に包んだ香典を取り出し、さらに袱紗から香典を取り出すのがマナーとして良いこととなっています。

慶弔両用の袱紗(ふくさ)が便利です。1つ持っておくと安心ですね。

 

楽天で慶弔両用の袱紗(ふくさ)を見る

 

お葬式の服装マナー

通夜や葬式に参列すには、ふさわしい服装があり、マナーとなっています。

  • 男女ともに喪服が基本。
  • ネクタイ・靴下を黒、アクセサリーは外す。
  • 涙を連想させる白のパールはOK。
  • 一連のネックレス、二連は不幸が重なるの意味で避ける。
  • 靴は黒のヒールがあるパンプス。エナメル、爬虫類の革、サンダルは避ける。
  • ストッキングは黒。
  • 寒い時期のコートは室内の葬儀会場では脱ぎ、クロークがあれば預ける。
  • コートは、革・毛皮などの殺生を連想させるので避ける。
  • 数珠は、あれば持参。
  • スマホはマナーモードに。

男性の葬儀の服装

[出典:小さなお葬式]

スポンサーリンク

女性の葬儀の服装

[出典:小さなお葬式]

お通夜・お葬式のことでわからないことがあれば、他の記事も御覧ください!
知っておくと助かる葬儀のマナー集

人気情報