100均で購入できる香典袋※ メリットや御霊前のマナーは?

04/14/2020

お通夜・お葬式に持参する香典を包む香典袋100均で購入したものでいいのか迷ったりしませんか?

失礼になったりしないか?

マナー的にどうなの?

など気がかりです。

ここでは、100均で購入できる香典袋のメリットやマナーをご紹介します。

100均の香典袋はマナー違反?

気になるのは、「安くあげた」と思われたくない気持ちと、礼を尽くした感じがでないということですよね!

100均の香典袋は

  • お金を一時的に入れるだけの袋なんだから、何でもいいのでは?
  • 100均の袋ってすぐわかるだろうけど、お金と参列することが重要
  • 他の人の香典袋と比べられて、せこいと思われないかな?
  • 100均の香典袋だと、低く見られないか心配

などなど、心配になったりします。

 

実は、香典袋は、どこで購入したほうがいいというルールもマナーもありません。

100均の袋だから失礼ということはありません。

自分がいいと思うならそれでいい

包む金額に応じて香典袋を変えてもいい <ー次にこれを説明します!

スポンサーリンク

包む金額に応じて香典袋を変えてもいいって?

それでも、香典袋は、見た目のイメージがあります。

100均でも全く問題がないのですが、従来からの慣習がなんとなく続いているのも実情です。

それは、「金額に応じた香典袋を選ぶ」ということです。

  • 包む金額が少ない時は、簡素な袋
  • 包む金額が多い時は、こった作りの香典袋

良くないのは、「こった作りの立派な香典袋を開けてみたら、少額だった」という場合です。

逆に心配になってしまうのは「簡素な香典袋を開けてみたら多額のお札が出てきた」という場合、入れ間違えたんじゃない!

だったら、もう100均の香典袋に統一しておいてほしい・・・なんて思います。

金額に応じた香典袋については

香典袋(御霊前)のマナー100均かどうかではありません!

香典袋には、100均かどうかよりももっと大事なことがあります。

↓表書きの書き方、中袋の書き方 

↓包むお金の相場

↓お金の入れ方、裏表

↓金額は偶数はX

↓金額や住所の書き方

↓袱紗(ふくさ)で渡す

↓包むお札の種類のマナー

↓そもそも、自分は香典を用意しなければいけないの?

いちばんの注意点は、「お金を入れ忘れないようにすることです」

 

お通夜・お葬式のことでわからないことがあれば、他の記事も御覧ください!

知っておくと助かる葬儀のマナー集

 

人気情報