広告リンク

【御霊前】金額の書き方※縦書きと横書きの違いは?住所はどこに?

01/14/2020

お葬式に参列することになって、香典袋を用意しなくちゃって思い、コンビニや100均に行くと、御霊前と御仏前の2種類が置いてあります。

  • 御霊前は、お葬式
  • 御仏前は、法要

ただし、浄土真宗はなくなるとすぐに仏になるということでお葬式でも「御仏前」になります。実際のところ、宗派がわからない時は、御霊前を持参すれば問題ないようです。

やれやれ、香典袋は用意できた!

それで、名前や金額書き方はどうする・・・って悩みます。

この記事を読むと御霊前の書き方がすぐに理解できます。

 

ご霊前の金額の目安

 

御霊前(香典袋)の外袋は縦書き

御霊前は印刷されている場合が多いと思います。真ん中にある帯状のものが、水引と呼ばれるもので、その下に名前を薄墨で書きます。

薄墨で書くのは、「悲し涙で墨が薄れた」、「急な訃報で墨をちゃんとすれなかった」という意味を表すそうです。
 
現在では、薄墨を使わないで書かれる方も増えてきているようです。薄墨の筆ペンが用意できるのなら薄墨で書きましょう。

スーパー、100均や、コンビニで買えます。1本で墨と、うす墨が使えるものもあります。⇒(楽天で見る

スポンサーリンク

御霊前(香典袋)中袋は縦書き、それとも横書き?

香典袋を買うと、中袋が付いていることが多いですね。付いていない場合は、外袋に名前、住所金額の全てを書きます。

御霊前※中袋なしの書き方/香典袋は薄墨?お札はどの向きに?

中袋は、しっかり読める必要がありますので普通の墨か、筆ペン・万年筆・ボールペン・サインペンなどで、書きます。

 

中袋になにも記入欄がない場合、縦書きにします。

中袋の金額の欄が横になっていたら、横書きします。この例では、中袋の裏に名前、住所、金額の欄があり全て揃ってしまいますので、表には何も書きません。

スポンサーリンク

御霊前(香典袋)縦書きの金額の書き方

普段の生活では、書くことがないので、読めても書けないのが普通です。

数字 香典に書く漢字
10
100
1000 仟か阡
10000
  円、圓と書く場合も

 

金額の最初に、、を付けて「金壱萬円」のように書きます。
金額の後には、(なり)を付けることもありますが、どちらでもOKです。最近は付けないことが多いでしょうか。

香典袋に最初から印刷で横書きの記入欄がある場合は、10,000円と書いてもOKです。

現在では、金三万円など普通の漢数字で書かれる方も多くなってきました。

 

お通夜・お葬式のことでわからないことがあれば、他の記事も御覧ください!
知っておくと助かる葬儀のマナー集


スポンサードリンク

人気情報