【ご霊前】書き方と包む金額ごとの香典袋の選び方!三千円や五千円は?

04/14/2020

お葬式に持参する香典は、「御霊前」ですが、包む金額で香典袋が違ってくるのをご存知ですか?

簡単なものから、豪華なものまで、実は微妙に違ってきます。

この記事を読むと、御霊前の意味、書き方、包む金額と香典袋のおおまかな選び方が理解できるようになります。

 

御霊前ってなに?

御霊前に使う袋を、香典袋や不祝儀袋と言います。では、袋に書く「御霊前」ってなんでしょう。

御霊前は、故人の御霊(みたま)の前ということです。

「故人の御霊に供える供物(くもつ)を入れたこの香典を捧げます」という献辞(けんじ)の意味です。

短くすると、「故人に捧げます」のような意味ではないでしょうか。

香典は、故人の霊前に供えるというものですが、実際には、突然のお葬式でお金がかかるので助け合いましょうの意味もあります。

スポンサーリンク

御霊前の書き方

御霊前を用意するには、香典袋をコンビニや100均で購入するのが簡単で便利です。

購入すると、すでに、御霊前と印刷されているので、名前・金額・住所を書きます。

お葬式に参加する人数や、連名などで書き方が変わってきます。

詳しく説明していますのでぜひご覧ください!

 

御霊前の香典袋は、包む金額で選ぶ

香典袋に包む金額の相場は

御霊前の金額とマナー【お葬式】に出席する時に必要な香典の相場とは

包む金額も悩ましいものですが、実は、その入れ物である香典袋も同じ「御霊前」であってもずいぶんイメージが違うんです。

  1. 水引が印刷されている香典袋
  2. 白黒の水引が結んである香典袋
  3. 銀の水引が結んである香典袋
  4. 高級和紙にひだ折や銀紙を使った手のこった作りお香典袋

1、水引が印刷されている香典袋

三千円、五千円を包む場合は、水引が印刷されている香典袋が好ましいです。

比較的小額になるので、入れ物である香典袋が豪華なものですと、中身と釣り合わない印象になってしまいます。相手に失礼、または、自分でも恥ずかしい気持ちになってしまうかも知れませんね。

 

2、白黒の水引が結んである香典袋

1~3万円を包む場合は、白黒の水引が結んである香典袋が好ましいです。

スポンサーリンク

3、銀の水引が結んである香典袋

3~5万円を包む場合は、銀の水引が結んである香典袋が好ましいです。

 

4、高級和紙にひだ折や銀紙を使った手のこった作りお香典袋

10万円を包む場合は、高級和紙にひだ折や銀紙を使った手のこった作りお香典袋が好ましいです。

 

高級和紙にひだ折や銀紙を使った手のこった作りお香典袋

⇒(楽天で見る

 

人気情報

 

スポンサーリンク