御霊前の金額は偶数はダメってなぜ?ふさわしい金額と相場とは?

04/14/2020

お葬式に必要なのが香典ですが、その御霊前に包むお金って悩めます。

ただ金額を決めればいいというのではないんです。

金額の相場もありますし、えっ?と思うような風習もあったりで、知らなかった!ってなります。

ここでは、お葬式の香典である御霊前に包む、お金についてご紹介します。

この記事を読めば、安心して御霊前を用意できます。

御霊前のお金(お札)の風習

香典には、お札を包みますが、マナーとされていることが、いくつもあります。

偶数はダメ

偶数は割り切れるので、故人との縁が「切れる」ということを連想させるため避けます。

なんだか、語呂合わせみたいですけれども、結婚式でも同じような対応になっています。

四や九はダメ

四は死、九は奇数ですけど、苦しむに通じると言われ、これも避けます。お札の枚数ではなく金額のことです。

新札はダメ

  • 新札は、「故人の不幸を準備していたみたいに思われる」のでよくない。
  • 古いお札を使うのは「ご遺族に新たな不幸が来ないように願う」という意味。

新札ではない、比較的きれいなお札がベスト。新札しかない場合、一度折り目をつける。(しわしわのお札は、いいかげんなイメージになるので避けます)

お札を表にしてはダメ

お札を香典袋に入れるときは、裏にします。「お悔やみですので「顔」を伏せるということから裏にすると言われています」。お札に人物が印刷されている側が表ですので、香典袋の表書きを上にして置いた時に、入っているお札が裏になるような向きです。

スポンサーリンク

1000円札複数枚はよくない?

1万円を包む例だと

  • 1万円 を 1枚
  • 5000円 を 2枚
  • 1000円 を 10枚
  • 5000円 を 1枚 と 1000円 を 5枚

こんな組み合わせが考えられます。

どれでも1万円ですが、両替して1万円札にして香典袋に包むのがマナーとなっています。

実際のお葬式では、複数の香典が集まりますので、会計係の手間と間違えをなくす目的で枚数を少なくします。

ですが、法要と違い通夜や葬儀では、急な場合が多く、用意できない場合はそのままでも構わないとされているようです。

職場などで、多くの人から集め、連名で用意する場合は、どうしてもお札はバラバラになります。この場合でも、できるだけ1万円札に両替しましょう。

スポンサーリンク

御霊前のお金(お札)の相場、いくら包む?

故人との関係や、年齢で香典額の相場が変わってきます。でも、なにか目安がないと決めるにしても難しいですよね。

金額はとにかく多ければ良いはず・・・と思いがちですが、そうとも限らないのです。香典のお返しなどで困ってしまうような高額は避けましょう。

ここでは、全国の葬儀受注No.1の葬儀会社が紹介しているお香典の相場を添付します。

[出典:小さなお葬式]

親族の場合

これ以外の親族の場合、1~3万円が相場になります。

友人・知人の場合

故人とのお付き合いの状況によっては金額は違ってきます。

職場の場合

職場など、一人ひとりが小額で連名で香典を用意する場合は、「香典返しは辞退する旨」記入しておくと親切です。

 

お通夜・お葬式のことでわからないことがあれば、他の記事も御覧ください!

知っておくと助かる葬儀のマナー集

スポンサーリンク

人気情報