フリーランスエンジニアを田舎や地元で仕事にする方法!稼げるの?

11/24/2021

フリーランスエンジニアを目指して気づくのは、都会や首都圏の話が多かったりします。

でも、目指したいのは、田舎地元に住みながら、同時に縛られないフリーランスで仕事をして生計を立てていくことなんです。

どうすればいい?

こんなことについて、ご紹介します。

『田舎暮らし・リモート』関連記事リンク 合わせて読みたい

 

田舎暮らし

リモート

副業の知恵

ストレスの少ない仕事

フリーランスエンジニアは田舎や地元向き?

フリーランスのメリットといえば、働く場所にとらわれないこと!

田舎や地元でできる案件をメインに受注することで、どこにいても仕事ができるようになります。

会社組織に属していないから制約が少ないのがメリット。

まさに田舎や地元向き!

田舎での案件探しなら地方もカバーする求人を

 

田舎や地方にまで展開しているフリーランスの求人は『PE-BANK』あたりかな。

田舎や地方案件を受注するには、PE-BANK。地方もカバーしてる求人。

PE-BANK

上京は出来ないっていう人に最適なのが「PE-BANK」、地方支店で仕事を紹介してもらうことで田舎や地元での仕事が実現します。

PE-BANKは、実は老舗(しにせ)なんですがそんなに目立たないんですよね。

目立たないって言っても、関東圏で勢力のあるレバテックフリーランスMidworksと比べてなんですが、老舗なので地方まで展開しているんですね。

※フリーランスエンジニア向け求人サイトなら、他にもあり詳しくは

でも、田舎や地元での仕事だと、PE-BANKのほうがおすすめです。

 

地方に移るのはフリーランスの仕事と収入が安定してから

フリーランスの経験がすでにあって田舎や地元に移るのならOKなんです。

でも、移住してからフリーランス始めようか?っていうのはなかなかうまく行かない場合も!

なぜなら、都会のほうがフリーランスの仕事が多いことから、成長するには都合がいいんですね。フリーランスとしてのスキルをアップしてからの移住がおすすめです。

うきうきかもしれないけど、慣れない環境に行ってから慣れない仕事というのはリスク大です。

少しづつフリーランス案件始め、その合間に田舎を探すというのがおすすめです。

すでに田舎や地元に住んでいるなら問題なしです。

 

✅準備を進めながら移住先も考えておこう!

移住先の探し方、都道府県公式応援サイト

でも、どうしても移住が先っていう場合は自治体の応援サイトが役に立つかも。

各都道府県が移住を促進するために応援サイトを立ち上げています!

情報収集のスタートにまず気になるところを見てみましょう。

応援サイトでは次のような情報が得られます

  • 地域の特徴や移住体験
  • 首都圏などで行われる移住イベント情報
  • 移住支援制度や、求人・不動産情報
  • オンラインの移住説明会

 

気になる都道府県をクリックすれば移住応援サイトに行きます!

北海道 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
新潟県 茨城県 群馬県 栃木県 長野県 山梨県
静岡県 岐阜県 石川県 福井県 富山県 愛知県 三重県
滋賀県 奈良県 和歌山県 京都府 大阪府 兵庫県 鳥取県 
岡山県 島根県 広島県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

気になる地域のサイトは新しい情報がないか定期的にチェックしたり、メルマガに登録しておくと情報が入りやすいのでおすすめ!

 

各自治体の情報も活用しながら転職エージェントも併用すると、移住先の職探しが楽になります!

 

地方や田舎だと求人はどうやって見つけるのかな?って思いますが、実は大手転職サイトって全国規模で案件を扱っているので、ここで探せばOKなんです。

»リクルートエージェント|業界No.1の20万件以上の求人数※最大級の転職サイト最大手で案件が多い。まずは登録しておきましょう。

»doda|非公開求人を含む10万件の求人数※最大級の転職サイトで案件が多い。まずは登録しましょう。

 

四国に特化しているので強い!

 

田舎や地元のフリーランスエンジニアはいいよ!

 

実際自分も田舎に住んでいます。

実は過去に大都会東京に住んで仕事をしていました。

比べてみると田舎や地元(地方)では

  • ストレスが少ない
  • 物価が安い
  • 仕事に集中できる

こんなメリットがあります。

なんとなくわかると思いますが

ストレスが少ない

 

移動に混雑がない。

満員電車なんてありえないし、車で走っていても渋滞しない。

まれに道路工事で片側通行になんかなると、20mぐらい渋滞するだけでイライラ!

渋滞しないのが日常茶飯事になっているので逆にちょっとの渋滞で「わーっ」ていう感じです。

都会に住んでいたときのことを考えると、とても贅沢です。

物価・生活費が安い

これはもう圧倒的に違います!

日常の生活費もそうですが、無駄遣いするところも少ないのと、駐車場で料金を取られたりしないです。

都会では無理だった貯金ができます。

人生の中で一番お金がかかる住宅ですが、都会では地面にお金をかけて家自体が貧弱だったりしますが、田舎では地面にお金がかからないので家にお金をかけられます。

地面にいくらお金をかけても快適じゃないですからね!

仕事に集中できる

都会では

都会でありがちな「飲み」が多くなる。
遊ぶ場所が近くにあるので誘惑が多い。

田舎や地元(地方)では、ふらっと行って飲むことはありません。お酒は買ってきて飲むものです。お酒自体の値段だけで済みます。

都会にある、本来不必要な遊び場所が少ないので、誘惑もなく無駄にお金を使わずに済みます。

仕事に集中して、お金は有効に使いましょう。

でも、デメリットもあります。

一度都会を知っている人ならなおさらですが、あこがれの田舎にずっといるとたまに都会に行ってみたくなることがあります。

そんなときは、都会に行ってみればいいのです。

都会に住んでいたとき、郊外や山や川や海に遊びに行くように、いつもの環境と違うところで過ごすことでリフレッシュできます。

都会に行ってリフレッシュします。

ちょっと散財してしまうかも。

リフレッシュした後は、お仕事頑張りましょう!

田舎フリーランスを始める前に都会でリモートフリーランスを始めよう

いきなり田舎や地方に移住するとリスクが大きいことを書きましたが、じゃあ都会でできる準備はどんなことがあるでしょうか。

都会でリモートでできる案件を受注して仕事をすることです。

リモートの仕事案件ができるようになれば、移住がレディになります。

だって、どこにいても仕事ができるようになってしまうのですから。

都会でリモート案件を受注するのなら

これらのサイトに登録して、あなたが移住したい田舎や地方でもフリーランスで仕事ができるか確認してみましょう。

以上です。

 

人気記事

 

仕事

Posted by cosm