病院薬剤師へ転職するコツ!狙うのは民間・国公立・中小のどれ?

08/08/2021

病院ってや薬剤師に人気がありますよね~

病院薬剤師へ転職したいけど、成功しやすいのは民間・国公立・中小のどれなのかな?転職しやすい時期やコツがあったら教えてほしい。

やりがいがあるのがいいな~

 

この記事は、病院薬剤師への転職を成功させるために必要な予備知識とコツをお伝えします。調剤薬局やドラッグストアから病院薬剤師への転職を考えている人は最後まで読んで参考にしてくださいね。  

読んで病院薬剤師への転職が嫌になったらゴメンナサイ!!

こんな人に向けて書いています。

  • 病院薬剤師に転職したい人
  • どんな病院を選んだらいいか悩んでいる
  • 狙い目の転職しやすい病院を知っておきたい

最後まで読むと、病院薬剤師へ転職するのに必要な予備知識とコツがわかり成功しやすくなります。

 


今月の『転職支援サービス』申込数ランキング

  1. ファルマスタッフ
    東証一部上場の日本調剤グループによる運営による転職支援
     https://www.38-8931.com/
  2. お仕事ラボ
    創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポート
     https://www.oshigoto-lab.com/
  3. 薬剤師転職ドットコム
    東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
     https://www.ph-10.com/

薬剤師が病院に転職する! 知っておきたい予備知識

病院薬剤師へと転職する前に知っておきたい予備知識がありますので紹介します。

ちょっと厳しい現実もありますよ!

病院薬剤師への転職はハードル少し高し

病院薬剤師への転職は簡単ではありません!

実は、病院薬剤師の採用は新卒採用の傾向が強く、転職組は欠員補充での採用になるからです。

そんな中で、中途採用の求人が出ると、病院薬剤師の人気が高いことから狭い採用枠に殺到します。

 

タイミングと運が左右する状況があるのが実情ですので、後で紹介しますが『転職支援サービス』を最大限利用することをおすすめします。

 

病院は忙しいわりに給料が低め、年収が気になる!

病院薬剤師が人気が高いのは給料が高かったりするわけではないんです。楽な仕事というわけでもなく、忙しいくらいです。

人気のの理由は『やりがい!』、医師や看護師とともに最先端の医療の一員として加われるからです。

 

 仕事にやりがいがなぜ必要?
   ⇒【仕事のやりがいがない】なぜ必要?見つけ方と具体例5つ【必読】

 

病院なら労働条件はやや厳しいけど、知識やスキルが身につくから人気なんです。それに病院薬剤師のほうが社会的な認知度も高いですよね!

お給料ですが、調剤薬局などに比べると、病院薬剤師の給料は低いと言われます。ですが、病院薬剤師は定期昇給が期待できるので、長く勤めることで基本給が上がりボーナス・退職金が増えるので心配しなくてもOKです。

 

病院薬剤師の仕事内容と働きがいなら、下の記事を参考に!向き不向きな人を説明してます。

 

病院薬剤師は人間関係で悩む可能性あり

複数の人が働く職場では『人間関係』が問題になることがよくあります。

もちろん、病院薬剤師だってたった一人で仕事をするわけではありませんので『人間関係』が大切です。

 

ただ、病院薬剤師は一つ特殊なことがあります。

病院という狭い社会の中での薬剤師の立場が、看護師さんより『格下』に見られる傾向が昔からあります。

社会全体の中で病院薬剤師の認知度が高いにもかかわらず、病院の中では・・・なんです。

夜勤明けのお疲れ看護師や長時間勤務の人から理不尽な扱いをされることもありがち。

 

チーム医療に携われると期待していたのに、しょんぼりする気持ちになることもあるかも。

すべての病院がこのようなわけではないと思いますが、そんな文化が残っている可能性がありますので覚えておいてくださいね。

 

『急性期病院』と『慢性期病院』

病院には医療機能で分類されている『急性期病院』と『慢性期病院』などがあります。

急性期病院

  • 緊急手術・検査・入院など専門的な医療を行う病院

急性期病院の病院薬剤師は扱う医薬品が多いため業務の幅が広く、専門性・スキルアップが期待できる。中途採用の求人でも経験者を優先採用。

 

慢性期病院

  • 急性期の医療が終了した後、長期的に入院する病院

慢性期病院の病院薬剤師は扱う医薬品が決まってくるため業務の幅としては広くないです。ルーチンワークが主になりますので忙しさはそれほど感じなくて済みます。

 

忙しいけどスキルアップできる急性病院が人気なのは言うまでもありません!

 

『国公立病院』と『民間病院』

病院薬剤師に転職する時に悩むのが「国公立病院」と「民間病院」でどっちがいいの?っていうことです。

国公立病院

  • 国立病院 厚生労働省が運営
  • 公立病院 自治体が運営

国公立病院で働く薬剤師の場合は、公務員となりますので定期昇給や退職金が期待できます。福利厚生も充実しています。

ただし、転勤の可能性もありますので移動したくない人にはおすすめできません!

 

民間病院

  • 〇〇総合病院 医療法人が運営
  • □□病院 名称に名字がついたりする個人病院

医療法人が運営する大手の総合病院は、国公立病院と同じように多岐にわたる診療科目がありますが、個人病院では科目が少ないのが一般的です。

給料や労働環境は病院によりますが、大手のほうが充実している可能性が高いです。仕事内容は、個人病院だと限られてくるのが実情です。

 

「国公立病院」と「民間病院」のどちらも人気が高いのは大手です。

 

『病院薬剤師』と『調剤薬局薬剤師』の違い

調剤・監査・服薬指導・薬歴記載などの共通することもありますが、意外と違いがあります。

(一例、施設により違いがあります)

病院薬剤師

  • 調剤・監査・服薬指導・薬歴記載
  • 注射薬調剤
  • 病棟業務
  • 院内製剤調製
  • 中心静脈栄養(TPN)無菌調製
  • 薬物治療モニタリング(TDM)
  • 認定・専門薬剤師
  • 夜勤があることも

調剤薬局薬剤師

  • 調剤・監査・服薬指導・薬歴記載
  • 地域医療の担い手
  • 店舗の管理運営
  • 患者との長期的な付き合い
  • 在宅医療
  • OTC医薬品販売
  • 時間外対応することも

 

病院薬剤師へ転職するコツ!狙うのは民間・国公立・中小のどれ?

ここからは、病院薬剤師の転職で狙い目な病院とコツをお伝えします。

ここをはずすと成功率が上がらないので注意!

慢性期病院の求人も選択肢に! 急性期病院はハードル高し

先に、病院の医療機能で分類されている『急性期病院』と『慢性期病院』あることを説明しました。

ただでさえ人気がある『急性期病院』は、中途採用の求人で経験者を優先採用する傾向があり難易度は高め。

 

なので、病院薬剤師にどうしてもなりたいなら、慢性期病院も選択肢に入れると成功しやすいです。

急性期病院の転職にトライしつつ、慢性期病院も検討してみるのがおすすめです。

 

中小の民間病院の求人も選択肢に! 国公立や大手はハードル高し

人気が高いのは国公立、大手の病院です。だから、採用のハードルが高いです。

 

なので、中小の病院を狙えば、成功の確率がアップします!

国公立や大手の転職にトライしつつ、中小の病院も検討してみるのがおすすめ。

どうしても国公立や大手に転職したいのなら、焦らず継続してトライして行く必要ありです。

 

給料ダウンに折り合いをつける

先に説明したとおり、病院薬剤師の給料は思ったより高くないです。

高年収の製薬会社から転職する場合、年収ダウンを覚悟すべきです。むしろ、転職しないほうがいいです。

ドラッグストアや調剤薬局からの転職であれば、それほどでもないですが、高くなるわけではないです。

 

 『やりがい』と引き換えに年収ダウンに折り合いをつけることが必要。

 

給料の点では中小よりも大手の病院が有利です。長く勤めることで基本給が上がりボーナス・退職金が増えることが期待できます。

 

年度末に向かう1~3月は求人が増えるのでチャンス!

薬剤師だけではありませんが、年度末に向かう1~3月は求人が増えます。

転勤、定年退職、薬剤師の国家試験の合否、欠員補充などが集中する1~3月は例年求人が増加します。

年間を通してこの時期に積極的に転職活動を行うと成功する可能性が高くなります。

 

転職支援サービスを利用すると効率的に求人が探せるので、おすすめです。

 

転職支援サービスを最大限活用する!

1~3月の求人が多く出る時期もそうですが、自分で求人を探すのってなかなか難しいです。

働きながらなので時間も限られてますし、毎日転職活動をするわけにもいきません。

 

そんな時に助かるのが『転職支援サービス』です。

薬剤師の転職に特化した『転職エージェント』に登録し、希望を伝えておくと病院からの求人が発生するとすぐに連絡してくれます。

薬剤師に特化している転職エージェントの担当者は、病院の内情に精通していますので給料、実際の残業時間、職場の雰囲気などを聞くことができます。

面接、日程調整、応募書類の添削などもサポートしてくれるので利用しないと損なくらいです。

登録も利用も無料ですので気軽に相談してみましょう。

 

本格的に転職活動するときは、複数の転職サービスに登録すると選択肢が広がり成功しやすくなります。

 

薬剤師に特化した転職支援サービス

リクナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

 

転職支援サービスの利用がおすすめ!病院薬剤師への転職を成功させよう。

忙しいけど給料はこそそこ、でもやりがいがある病院薬剤師、人気があります。

転職したい人は多いけど、中途採用となると欠員の補充がメインで求人を探すも運任せなのが実情。

 

本気で病院薬剤師になるなら『転職支援サービス』への登録は欠かせません!

転職支援サービスに登録しておけば求人が出ればすぐに知らせてくれるし、段取りや面接サポートなどすべて無料でやってくれます。

成功確率もグンとアップします。

薬剤師に特化した転職支援サービス

リクナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

今月の『転職支援サービス』申込数ランキング

  1. ファルマスタッフ
    東証一部上場の日本調剤グループによる運営による転職支援
     https://www.38-8931.com/
  2. お仕事ラボ
    創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポート
     https://www.oshigoto-lab.com/
  3. 薬剤師転職ドットコム
    東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
     https://www.ph-10.com/

それではまた。

人気記事

仕事

Posted by cosm