【転職に役立つ資格おすすめ37選】男性・女性に有利で人気なのは・・・

04/20/2021

転職に役立つ資格をとりたいな・・・

転職のとき『資格があると有利』ってよく聞きますよね~。でも、どんな資格が有利なのかわからない、履歴書の資格欄にどれをかけばいいのかな、だれか教えてほしい。

これから資格勉強~。

 

この記事では、世の中に数ある資格の中から、転職に有利なおすすめの資格を紹介します。

こんな人に向けて書いています。

  • 転職に有利な資格ってどれなの?って悩んでる人
  • これから資格を取得しようと思っているけどどれにしたらいいのか知りたい人
  • みんなどうしてるのかな?

 

記事をしっかり読むと、転職に有利な資格がはっきりわかります。

 

履歴書の資格欄の書き方を詳しく解説しています!

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

『転職活動の有利な進め方』関連記事 合わせて読みたい!

 

転職活動の有利な進め方!
 転職に『成功する人と後悔する人』の違い!考え方?これなの・・・
 ⇒【転職方法】やり方は7つ!でもおすすめは3つだけ、なぜなら・・・
 ⇒【転職活動・疲れた】辛い・不安になったときに試したい6つ、気持ちが軽くなる・・・
 ⇒【転職に役立つ資格おすすめ37選】男性・女性に有利で人気なのは・・・
 ⇒【転職活動は在職中?退職後?】企業側の印象に差があるの?得なのは?
 ⇒【転職したい】と思ったら転職活動するべき?しなかったら・・・後悔するの?
 ⇒【結婚前後の転職】男女別、有利・不利なタイミングと理由とは・・・

 

年代ごとの転職成功方法
 【第二新卒の転職・就活】採用は厳しいの?失敗する理由と成功の方法とは
 ⇒【20代・転職エージェント厳選】女性にもおすすめ!利用すべき理由とは?
 転職は未経験でもOK?20代後半(25・26・27・28・29歳)向け!
 ⇒【転職30代】男性・女性向けおすすめエージェント・サイト3選|キャリア別に解説
 未経験の転職はNG?30代前半(30・31・32・33・34歳)向け!
 未経験の転職はNG?30代後半(35・36・37・38・39歳)向け!
 
【40代・転職】未経験は失敗?40・41・42・43・44歳はきびしい~成功するには?
 ⇒【40代後半・転職】未経験は失敗?45・46・47・48・49歳はきびしい~成功するには?
 ⇒【50代前半・転職】年収の現実と成功のコツ!転職エージェントの活用がおすすめ!
 ⇒【50代後半・転職】失敗と成功のコツ!転職エージェントの活用がおすすめ!
 ⇒【60代・転職】シニア世代が就職に成功するコツは業界選びと・・・

 

転職口コミサイトで転職先を調査
 【転職口コミサイト・おすすめ】信頼できるの?人気と評判の4選は?

 

転職の流れ
 【3分でわかる転職の流れ】準備から内定・退職・スケジュールまで
 【転職内定後の流れ】保留・辞退・連絡・返事の期間はいつまで?迷う・・・
 【求人応募メールの書き方】好印象の例文あり!ルールと注意点とは?
 【転職・中途採用の筆記試験対策】実施率は51%【問題例あり】重要度は?
 ⇒【契約社員・途中退職できる?】勤続1年を境に退職条件が変わる・・・
 ⇒【電話でできる無料転職相談】おすすめ窓口、相談から始まる仕事探し

 

適性検査の通過対策!
 【転職・適性検査とは】能力(spi)・性格問題の通過対策【ウソをつかない?】

 

目次

転職で資格は本当に有利に働くの?

履歴書の資格欄に志望する会社に関連した資格が記載されていたら、採用担当者の目にとまりやすいです!

実際に仕事にどうしても必要な資格でなくても関連しているなら評価されます。

 

『資格を取得する努力ができる人、勉強に時間をかけて目標を達成できる人』という高評価になります。

実際、資格のために勉強した内容が総合力として仕事に役立つことも多いので、資格を取得する目的以外の効果も大きいのです!

なので、資格は持っていると長い人生のどこかで役に立つ可能性もあります。

 

注意:あまりにもマイナーな資格や簡単に取得できる資格だと評価されない可能性が高いです!

 

資格取得支援制度のある会社も多い!

資格がなくても、入社後に『資格取得支援制度』を利用して資格が取得できる会社もあります。

もちろん、会社の仕事に必要な資格になりますが、取得できると報奨金が出る制度がある会社も多いです。

そんな会社は社員教育をしっかりしようとする労働環境のいい企業の可能性が高いです。

 

資格を取得したいけど、どんな業界・職種がいいのか決めかねているなら、『転職診断』や『適正年収がわかる自己分析』をやってみよう!

 

最適な転職エージェントが簡単に探せる診断をやってみよう!

 

あなたの適正年収が簡単にわかる自己分析は、下の記事から試せます!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

【職種に関係なく共通】おすすめの資格

職種に関係なく持っていると評価される資格を紹介します。

TOEIC

TOEICのスコアが600点以上なら、英語力をアピールできます!

日本の企業の多くがTOEIC(トーイック)を英語力の評価に採用しています。英語を母国語としない人の英語コミュニケーション能力を評価するテストです。年10回全国の約80の会場で受験できます。

TOEIC(トーイック)を受験して良いスコアを持っているなら、履歴書で英語力をアピールできます。

合格、不合格という結果ではなく、スコア(点数)で結果がでます。高い点数のほうが英語のコミュニケーション力があるという評価です。

 

スタディサプリEnglish ビジネス英会話スタディサプリEnglish ビジネス英会話

もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH

 

TOEICのスコア、スコアによっては逆効果も!

 

TOEFL

TOEFLのスコア213点以上(TOEICの600点以上と同等)なら英語力をアピールできます!

TOEFL(トーフル)はアメリカやイギリスの英語圏の入学・卒業基準に用いられます。

外資系企業に入るなら、TOEFLがいいかも。

 

 

運転免許証(国家資格)

合格率:約70%(普通免許)

普通に言う『運転免許』のことで、多くの職種で必要とされる資格です。

特に、地方での就職や、営業(営業車の運転)などは必要とされます。

簡単に取得できる国家資格となっています。

 

運転免許証は身分証明書にもなりますし、取得しておいて損はないでしょう!

 

合宿免許ドリーム

免許合宿ライブ

 

 

社会保険労務士(国家資格)

合格率:約8%

『社会保険労務士』の資格は、企業が社員を雇用するときに必要な社会保険制度の専門家です。

労働・社会保障の法律に合うよう書類作成を行えます。

 

企業からの求人も多く、資格を持っていると転職で有利です。ただし、資格取得の難易度が高い(近年の平均合格率6.5%)ためそれなりの努力は必要になります。

 

社会保険労務士の講座はこちら

 

MBA

MBAは「Master of Business Administration」資格ではなく、経営学修士号。

経営学のビジネススクール(大学院)に通い取得します。

経営に必要なスキル(会計学、経済学、マーケティング)が身につきます。

 

外資系企業への転職では有利に働きますが、伝統的な日本企業でMBAは評価されないようです。

日本の大企業であってもトップがMBAホルダを持っていると有利な場合があります。

 

【営業職】おすすめの資格

営業職にもおすすめの資格がありますので紹介します。

ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)

合格率:約60%(3級)、約35%(2級)

資産運用や金融のスキルを証明する資格です。貯蓄・投資等のプランの立案・相談などを行います。

金融系や不動産系の営業職におすすめの資格になります。

金融系や不動産系に転職するなら取得しておきたい資格になります。

 

宅地建物取引士(国家資格)

合格率は16%

宅地建物取引士の資格は、不動産の契約に必要な資格です。

不動産関連の仕事に就くなら、持っていると有利になります。

 

不動産業界専門の転職支援サービス

宅建Jobエージェント

 

中小企業診断士(国家資格)

合格率: 一次試験、約15% 二次試験18%

『中小企業診断士』は経営コンサルティングの資格で、販売、会計、マーケティングの観点から企業の経営の問題点を見つけアドバイスします。

転職では、金融系、営業、経営コンサルに役立つ資格です。

 

中小企業診断士の講座はこちら

 

証券アナリスト

合格率:1次50%、2次48%

金融系の仕事に役立ち、『証券投資、企業評価』の知識を証明する資格です。

証券会社や保険会社に転職するときにアピールできる資格になります。

 

【事務職】おすすめの資格

事務職に向いているおすすめの資格を紹介します。

 

資格・教育「ヒューマンアカデミー」

 

経理に強い転職エージェントってあります!資格・教育「ヒューマンアカデミー」

 

日商簿記

合格率:約50%(初級)、約45%(3級)、約30%(2級)、約10%(1級)

事務系の職で有名なのが、『日商簿記』です。簿記とは、企業の財産・出納を記録すること、経理・財務の仕事をするのに必要な資格です。

初級・3級・2級・1級とありますが、2級以上の資格を持っていると、転職で有利になります。

 

いつの時代にも求められる税務知識や日商簿記3,2級など経理に役立つ100講座が学べる動画サイト

 

秘書検定

合格率:約65%(3級)、約50%(2級)、約40%(準1級)、約22%(1級)

会社の秘書としての仕事をする上でのスキルを証明する検定です。

ビジネスマナーや必要なスキルが身につくので取得しておくと有利です。

実際に履歴書の資格欄でアピールするためには、2級以上が必要です。

3級~1級まであります。

 

スマホとパソコンで資格学習

 

行政書士(国家資格)

合格率:約6%

行政書士は、

  • 官公署へ提出する書類、権利義務、事実証明に関する書類を作る「書類作成業務」
  • 申請を代わりに行う「許認可申請の代理」
  • 依頼者からの相談を受け、アドバイスを行う「相談業務」

を行う仕事です。

行政書士事務所、弁護士事務所などに転職する、いずれ独立することも可能です。

 

行政書士の講座はこちら

 

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

ワードやエクセルのスキルを使える能力があることを証明する資格です。

多くの企業でワードやエクセルを使用していますので、需要は高いです。

それほど難易度は高くないので取得しておくと、どこの企業を志望する場合でも履歴書に記載できます。

 

【医療・福祉】おすすめの資格

ここからは『医療・福祉』のおすすめの資格を紹介します。

医療事務検定

  • 医療事務検定試験
  • 医事コンピュータ能力技能検定試験
  • レセプト点検業務技能検定試験
  • 調剤薬局事務検定試験
  • 介護報酬請求事務技能検定試験
  • 保険請求事務技能検定試験(歯科)

医療事務の資格は、病院の受付や会計で役立つ資格です。国家資格ではないけれど、資格を持っていると転職でアピールできます。

女性に人気の職業となっています。

 

医療事務の講座はこちら 

 

調剤薬局事務

  • 調剤事務実務士
  • 医療保険調剤報酬事務士
  • 調剤事務管理士
  • 調剤報酬請求事務専門士

『調剤薬局事務』は調剤薬局で受付業務、事務処理全般を行う仕事です。

『医療機関から発行された処方箋で調剤薬局で薬を受け取る』ことが増え、調剤薬局も増えていることから、転職もしやすくなっています。

女性に人気の職種です。

 

看護師(国家資格)

合格率:約90%

看護師の需要は少子高齢化でこれからもますます高まります。

人手不足の状況から転職しやすい環境にあり、有利です。

昔から女性に人気の職種です!

 

ただし、看護師の試験を受けるには大学や短大で看護教育を受けなければなりません。

ですので、ハードルは高いのです。

 

看護師の資格があると転職で有利!

看護師の求人転職サイト比較まとめ10選!目的別でおすすめなのは?

 

介護福祉士

合格率:約70%

少子高齢化が進みシニアが増えていますので需要は高いです。

受験資格は3年以上の実務経験か福祉系高等学校の修了が必要です。

介護の現場で働いている人は、取得してキャリアアップしましょう。

 

保育士(国家資格)

合格率:約20~25%

保育士は常に人手不足な状況にある職種です。

保育士になるには厚生労働省指定の学校を卒業か、保育士試験を受験する方法の2つがあります。

 

保育士の転職を解説しています!

 

心理カウンセラー 認定資格

合格ラインは70%以上

ストレスから心の病で医療機関に通院・入院する人が年々増えています。ですが、悩んでいながらも医師の診察を受けていない人もたくさんいます。ストレスに気づかないことだってあります!

世代や性別を問わず、メンタルケアを必要とする人が急増しているため、心理カウンセラーが活躍できるフィールドは多岐にわたります。

心理カウンセラーが活躍できるところ

  • 医療・介護の現場で働く人
  • 教師や保健教諭など教育現場のスクールカウンセラー
  • ネイリストや美容師などの接客業
  • 自宅の一部で開業カウンセラー

心理カウンセラーになるには

資格を簡単に取得できる人気の通信講座【SARAスクール】

 

【IT系】おすすめの資格

IT系は将来性がある職種です。IT系の仕事におすすめな資格を紹介します。

 

基本情報技術者(国家資格)

合格率:約25%

基本情報技術者はIT知識全般が身につく資格で、IT系の仕事をするなら持っていたいですね。

IT企業によっては、入社してからの取得を義務化しているところもあるようです。

システムエンジニアー、プログラマーなどのIT企業への転職を目指すなら持っていて損はないです。

 

基本情報技術者の講座はこちら

 

 

情報セキュリティマネジメント試験(国家資格)

合格率:約50%

サイバー攻撃から企業を守るスキルを身につけるのが『情報セキュリティマネジメント試験』です。

2016年にできたばかりの資格ですので、これからどんどん資格者が増えていくと思われます。

 

ITパスポート(国家資格)

合格率:約48%

ITパスポートも国家資格で、ITに関する知識と経営戦略、開発技術、情報技術の問題も出題され、IT業界だけでなくITを使うすべての業界にも対応した資格になります。

ITを使うビジネス全般の知識を必要とするので、これからのIT時代に必須な資格です。

 

エンジニア女子になろう!

エンジニア女子になろう!ITパスポートはスマホとパソコンで資格学習

 

シスコ技術者認定

「CCNA」「CCNP」などと呼ばれるシスコ技術者認定は、ネットワークエンジニアとして必須の認定資格になります。

シスコ技術者認定は、シスコシステムズ社のネットワーク製品を使いネットワーク・インフラを構築するために必要な認定資格で保守・運営にも必須となり需要は大きいです。

 

CCNAを取得するなら

CCNA

 

ネットワーク・インフラの仕事の内容を知りたい人は下の記事に解説がありますのでみてくださいね!

 

LPIC(エルピック)

LPICは、Linux(リナックス)の技術認定です。

Linuxはコンピューターのオペレーティング・システムのことで、日本の多くの企業でもLinuxが導入されていますので、企業の情報管理(コンピューター・システム)の部門では必要になる技術認定です。

 

【技術系】おすすめの資格

技術系のおすすめ資格を紹介します。

電気主任技術者(国家資格)

電気主任技術者は、発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備や配線など、電気設備の保安監督の仕事に従事することができます。電気主任技術者は社会的評価が高い資格となっています。

電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならないことが法令で義務づけられています。

※電気主任技術者は3種類あり

第一種 すべての事業用電気工作物
第二種 電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物
第三種 電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物
(出力5千キロワット以上の発電所を除く)

資格取得の難易度は高いです。

 

危険物取扱者(国家資格)

危険物取扱者の資格は、危険物の取り扱いを安全に行うための国家資格です。

ガソリンスタンド・石油・化学薬品・建築・製造等の業界で必要とされています。

 

試験は3種類あり、甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)で甲が一番難しくなりますが、合格率は高いです。

 

建築士(国家資格)

合格率:約18%(1級建築士)

建築士は、1級建築士、2級建築士、木造建築士があり、1級の難易度が一番高いです。

建築士は、建物を設計できる資格で、1級建築士ともなれば、どんな建物でも設計できるようになります。

 

建築士講座

 

通関士(国家資格)

合格率:約15%

貿易の専門家になる『通関士』はあまり聞いたことがない資格ですが、『通関書類の作成』『通関手続き代行』のような通関業務を行います。

運送会社、航空会社、倉庫会社などの企業に求人があります。

 

労働安全コンサルタント(国家資格)

合格率:約20%

機械・電気・化学・土木・建築の種類があり、労働安全の向上を図るための資格です。

労働安全衛生法の安全コンサルタント試験に合格する必要があります。

 

【飲食系】おすすめの資格

飲食に関連した企業で役に立つ資格を紹介します。

調理師(国家資格)

合格率:約55~75%

調理師の資格は調理・料理の仕事をするために必要な資格です。

調理の仕事は資格がなくてもできますが、スキルを証明でき資格があるほうが就職に有利です。

雇用主や顧客からの安心や信頼を得られやすいのも事実です。

 

製菓衛生士(国家資格)

合格率:約70~80%

聞きなれない資格ですが、国家資格です。

お菓子やパンの『製菓技術や衛生知識が身についていることの証明となる』資格です。

持っていると、転職で有利になります。

 

フードコーディネーター

『飲食のトータルマネジメントができる』ことの民間資格です。

食品関連の企業での商品開発や企業のレシピ提案、料理教室の先生などの職があります。

3級、2級、1級があります。

 

レストランサービス技能士(国家資格)

ホテルやレストランなどの食事サービスの技能を証明する国家資格です。

公衆衛生、安全管理、テーブルマナーなど、食事に関するさまざまな知識が必要になる資格です。

3級、2級、1級があります。

 

管理栄養士・栄養士(国家資格)

合格率:約60%(管理栄養士)

  • 栄養士:厚生労働大臣が認定した教育期間で学び卒業
  • 管理栄養士:国家試験に合格

医療施設、老人福祉施設、介護保険施設、児童福祉施設、小・中学校、行政機関、企業、試験研究機関等で働いています。

 

【サービス系】おすすめの資格

サービス系のおすすめ資格を紹介します。

登録販売者

合格率:約40~45%

風邪薬、鎮痛剤のような指定医薬品(第2類、第3類)を販売できる資格です。

薬剤師がいない場合でも一般用医薬品を販売することができるので、ドラックストア、薬局、コンビニ(一部の医薬品を取り扱う)などで働けます。

 

消費生活アドバイザー

合格率:約30~45%

消費者と企業・行政の橋渡し役となる資格です。

消費に関するアドバイスや、消費者の意見や苦情を企業経営、行政に反映させるなど、広い分野で社会貢献をする人です。

企業におけるクレーマー対応など、企業の最前線で働いています。

 

観光英語検定

観光業、旅行業で『外国人観光客とコミュニケーションを取れる能力』の証明になる検定です。

基礎英語能力と観光の専門的な英語スキルが必要。

3級、2級、1級があります。

 

ツアーコンダクター

パック旅行のときの添乗員さんの資格です。

  • 国内旅程管理主任者:国内を案内できる資格
  • 総合旅程管理主任者:国内、海外を案内できる資格

旅行会社に勤務している人と、フリーランスで案件ごとに働く人がいます。

 

資格を取得して転職を有利に!

転職の志望先に関連した資格を履歴書に記載できれば、有利です。

注意なのは、志望先に関係ない資格をいくら記載しても意味がないことです!志望先でどんな資格が必要とされているのかチェックしてから記載しましょう。

 

転職に有利な資格がの次は、自分に合った転職のやり方を選ぼう!下の記事で選び方を解説していますよ!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm