【仕事したくない病】理由と辞める前にやるべきこと【転職もあり!】

仕事したくない病が慢性化してる・・・

仕事したくない~ってなるときがある。そうなると、有給あと何日あったかな・・・って「ズル休み」計画で頭の中がいっぱい。どうすればいいのか教えてほしい。 

悩める~

 

この記事では、「仕事したくない病」に感染している人の理由と悪化する前にやるべきことを、お伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • 自分も「仕事したくない病」かな?
  • 辞めたほうがいいのかな?
  • どうしたらいいんだろう「仕事したくない病」?

最後まで読むと、「仕事辞めたい病」の対処法がスッキリわかります!

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

「仕事したくない病」理由と対処法

「仕事したくない病」は誰にでも可能性がありますが、慢性化して悪化すると仕事が手につかなくなったり、職場に行くことを考えただけで体調が悪くなったりするので放置したらまずいです。

仕事したくない病の理由

  1. 労働環境が悪い
  2. 仕事が楽しくない
  3. 職場の人間関係
  4. 給与や評価が低い
  5. 寝不足や疲労

1、労働環境が悪い

長時間労働や、繰り返しで楽しくない仕事だと「仕事したくない病」になることが多いです。

対処法は

  • 仕事の効率化
  • 社内異動

同じ仕事の繰り返しは辛いので、PCをうまく使いマクロで自動化すると繰り返し仕事が楽になります。

とにかく自動化出来るものは片っ端からやってしまいましょう。

 

例ですが、毎日のメールだって

返信なら「お世話になっています」「よろしくおねがいします」などは必ずつける決り文句担っています。

「お」や「よ」って一文字入力した瞬間に変換例が「お世話になっています」「よろしくおねがいします」を提示してくるように辞書登録すれば効率的です。

 

どうしてもダメなら、社内異動ができないか検討してみましょう。

 

「残業時間の上限」について「労働基準法」「36協定」「働き方改革」でどうなってるか、をお伝えします。

サービス残業してたら仕事をしたくないですよね。下の記事でサービス残業が発生する仕組みや対策方法をお伝えします!

2、仕事が楽しくない

今の仕事が向いてないか、やる気の問題で「仕事したくない病」になっているかも?

対処法は

  • 社内で異動
  • 適職診断をしてみる
  • やらされるから⇒やる

自分の適職診断をしてみて、もしも今の仕事が向いてないなら「社内異動」を検討してみましょう。

やる気の問題なら、やらされ感がないかチェックしよう。自分から「やる」ようにするだけで180度変わるかも。

 

「仕事が楽しくない病」、実は今の仕事が向いてないのかも?下の記事を参考にして適職診断してみよう。

3、職場の人間関係

職場の人間関係で「仕事したくない病」を発症する人がたくさんいます。

転職理由の上位になっているのが人間関係というのが実情です。

対処法は

  • 自分から、「あいさつ、お礼、ミスはちゃんとあやまる、ときどき付き合い、ときには無駄話」の努力
  • 相談してみる
  • 割り切る

小さな細かい努力「あいさつ、お礼、ミスはちゃんとあやまる、ときどき付き合い、ときには無駄話」をしてみたり、相談してみると改善する可能性があります。

それでも、ダメなら、職場の人間関係は「割り切って」仕事の付き合いだけって思うのもありかも。

それと、最悪転職して「人と関わらない仕事」を探す。

 

人間関係を改善する方法と、割り切りを紹介していますので参考にしてくださいね!

 

人間関係は、ひとりで悩まず相談するといいよ。無料で相談できる窓口を下の記事で紹介してます、楽になるかも。

 

人間関係がどうしても嫌なら、「人と関わらない仕事」をする方法もあるよ!下の記事では人と関わらない仕事46選を紹介してます。

4、給与や評価が低い

給与や評価が低いと感じていると「仕事したくない病」になる可能性が高いです。モチベーションが低下しますよね。

対処法は

  • 自分の職種や業界の平均年収をチェック
  • スキルアップや資格取得
  • 評価が低い理由を見つけて改善「世渡り術」「処世術」

スキルアップや資格取得で給料がアップできる見込みがあるなら挑戦する。(会社の制度による)

同僚に比べて評価が低いと感じるなら、「世渡り術」「処世術」を学ぶのも必要かも。

職種や業界が理由で給料が上がらないことがあるので、業界別平均年収の比較を調べてみよう。

自分が所属している業界の順位が低いならそれが原因です。

 

給料に満足してないなら下の記事が参考になるかも!給料が低いのは、あなたの原因ではなくて職種や業界の問題もあります。業界別年収比較をチェックしてみよう。

5、寝不足や疲労

寝不足や疲労が溜まってると仕事だけでなく、なんにもやりたくないです。

対処法は

  • 残業を減らす
  • 寝ること
  • リフレッシュ

残業が激しくて、寝る時間もままならない。疲労が溜まって寝ても疲れている。

こんな状態だと体が不調にならないほうが不思議、若さだけで保っている状態です。

 

残業を減らすしかないのは明らかです。

その上で、寝て、リフレッシュです。

 

長時間残業で寝る時間が少なくなるようだと、寝不足や疲労が蓄積して体調も悪くなります。下の記事で「残業を減らす」対処法を紹介してますので御覧ください。定時に帰りましょう!

「仕事したくない病」にはリフレッシュ

「仕事したくない病」にはリフレッシュ、もしかしたらストレスが溜まりまくっているのかも?

有給休暇を取得し旅行などでリフレッシュすると「仕事したくない病」にはいいかもです。

仕事ばかりで頑張りすぎているなら、たまには休んでみましょう。

 

普段できないことをすると気持ちが入れ替わって「人生ってすばらしい」と感じるようになります。

普段と違うこと、違う環境に自分を置いてみることです。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

「仕事したくない病」の人は仕事以外を充実させよう

人生の1/3は仕事と言われています。

まさか、1/2になってないでしょうね。

仕事ばかりでプライベートがあまりに少ないか、無いようだとダメです。

プライベートでやりたいことがあるから仕事を効率的にやって自分の時間を確保しよう。

趣味に時間をかけたいから、仕事は猛スピードで完了させる。

○○を実現させたいから、仕事に集中して給料アップしてもらう。

こんなモチベーションがあると、「仕事したくない病」を発症している暇なんか無いかも?

なので、「プライベートでやることがな~い」という人は、すぐになにか考えましょう。

 

「仕事したくない病」の今日は単純作業をする

性格にもよるけど、メインの頭を使う仕事を先にこなして簡単なやればいいだけの仕事を後にすると気持ち的には楽なことが多いです。

でも、「仕事したくない」っていう時は逆にしてもいいんじゃないかな?

簡単な、やればいい仕事を今日はやる。

ある意味、面倒なことの先延ばしですが、「仕事したくない病」の今日を乗り切るための方法です。

まいにち「仕事したくない病」だと困りますが!

 

「仕事がしたくない病」どんな仕事がしたい?

「仕事がしたくない病」にならないためには、いい条件の仕事をすることが大切なんです。

いい条件の仕事

  • 勤務時間が短い
  • 給料が高い
  • 人間関係がいい
  • 楽しい仕事

こんな仕事なら「仕事がしたくない病」にならないかも。

今の仕事でどうにもならないなら、転職活動を始めて条件のいい仕事を探すのもいいですよね!

 

転職活動をしても必ず転職しなければいけないわけではないので、とりあえず始めてみて

 

  1. いい条件の仕事が見つかったら転職
  2. タイミング悪くいいのが見つからなかったら、今の仕事を続け次のチャンスを待つ
  3. 転職活動をしているうちに、今の仕事も悪くないと考え直す

こんな感じでいいのでは?

どれになるかわからないので、転職活動は「こっそり」やりましょう。

もしも、転職活動をしていることが職場に伝わると、辞める人のレッテルを貼られてしまい、今までと同じように接してもらえなくなるからです。

転職活動は、転職エージェントに相談するところから始めるとスムーズに活動できます。

相談してみると、「本当に転職が必要なのか?」ということも含めて方向性を担当者がアドバイスしてくれます。

 

仕事をしたくない病で転職を考えてるなら、充実した仕事を紹介してもらうためにも「転職エージェント」に相談してみるべき。下の記事で転職エージェントの利用のコツを紹介してます。

まとめ:「仕事がしたくない病」の理由をまず探そう

「仕事がしたくない病」を放置すると、悪化して「仕事が手につかなくなったり、職場に行くことを考えただけで体調が悪くなったり」します。

「仕事がしたくない」には、理由があるので自分に「なぜなの?」って問いかけてみましょう。

だって・・・

理由がわかったら、対処法を試してみよう。この記事で取り上げた理由なら対処法を書きましたのですぐに試してくださいね。

それ以外の理由でも、解決方法は必ずあるはずですので「仕事がしたくない病」が悪化する前に動いてみましょう。

 

「仕事をしたくない病」の原因が向いてない仕事だったら大変です、下の記事を参考に判断してみよう!

 

仕事がキツイなら、楽な仕事を探してみよう。下の記事で楽な仕事ランキングをまとめてるので御覧ください。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm