【電話でできる無料転職相談】おすすめ窓口、相談から始まる仕事探し

09/01/2020

転職って思ってるけど相談してみたい・・・

「もう転職したい!って時々思うけど、転職したほうがいいのか、何から始めればいいのかどうすればいいのかわからない。どこに相談すればいいのか教えて欲しい。できればお金のかからないところがいいな」

悩める~

 

この記事では、「転職したい」と思った時、「無料で相談できる窓口」を紹介します。

こんな人に向けて書いています。

  • 「転職したい」って思っている人
  • 転職したほうがいいのか、しないほうがいいのか迷っている人
  • 無料で相談したい人

最後まで読むと、「無料で相談できる窓口」がわかり転職の悩みを相談できるようになります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

電話でできる無料転職相談窓口

いきなり電話してもいいですが、電話の前に聞きたいこと相談したいことをメモしておくと忘れなくて便利。

はじめての電話だと緊張して舞い上がってしまうこともあるからメモがあると助かります。

メモしておく

  • 転職したい理由
  • どんな仕事をしたいか
  • これまでの職歴
  • 得意なこと

おしごとアドバイザー

電話:0120-987-754
(平日17~22時/土日祝10~22時)
メール
(24時間受付)

厚生労働省が㈱マイナビに委託している事業です。電話とメールで転職・就職の質問や相談ができます。

電話受付の時間帯も、お仕事が終わってから相談できるように平日の夕方から夜までと、土日祝は朝から夜までと親切な設定になっています。

公式サイトには、転職・就職の情報や、相談内容の例が掲載されています。電話する前に確認しておくといいかも。

相談も無料だし、電話もフリーダイヤルなので助かります。

 

若者しごとホットライン

電話:03-3511-4510
(平日10時~19時/土曜10時~16時)
※日・祝・年末年始(12/29~1/3)は休み
※1回の相談は15分程度
メール
(24時間受付)

公式サイト⇒若者しごとホットライン

東京しごとセンターや運営している「若者しごとホットライン」も電話とメールで転職・就職の質問や相談ができます。

若者仕事ホットラインの対象は34歳までのサービスになっています。

電話はフリーダイヤルではないので注意!

 

電話相談以外にも対面のカウンセリングもあるので「公式サイト」で確認してみるといいですよ。

転職エージェント

電話

メール

対面

転職相談で一番おすすめなのが転職エージェントです。転職エージェントは求人探し、履歴書・経歴書・面接対策のアドバイスや、段取り、転職先企業との給料交渉までサポートしてくれます。

電話相談も受け付けてくれることもあります。エージェントによる。

実際、転職エージェントは電話での質問は受付けていますが、相談は対面になることが多いです。

転職エージェントの利用の流れ

転職エージェントは無料登録から始まります。以下の「キャリアアドバイザーとの面談・相談」が転職相談になり、対面か電話になります。

  1. 転職支援サービスの申し込み(登録)
  2. 求人状況の確認・サービスのご連絡
  3. キャリアアドバイザーとの面談・相談
  4. 求人紹介・書類添削・面接対策
  5. 応募・書類選考・面接
  6. 内定・退職交渉・入社

 

転職エージェントは転職するかどうか決めてない段階でも登録OKです。キャリアアドバイザーとの相談で「転職する・しない」のアドバイスもしてもらえます。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

電話で転職相談!メリット・デメリットとは?

転職相談を電話でするメリット・デメリットをお伝えします。

電話相談のメリット

対面相談よりも

 

  • 対面しないので緊張しなくて済む
  • どこからでも、家からでも相談できる

 

電話相談の一番のメリットは、どこからでも相談できることで、相談者と同じ場所に行く必要がないことです。

はじめての人と話をするのが苦手な人にとって電話は話しやすいかも。

 

電話相談のデメリット

対面相談よりも

 

  • 電話代がかかることも
  • 相談内容が伝わらないことも

 

フリーダイヤルが用意されていない電話相談だと電話代がかかるデメリットがあります。

電話相談の長さによりますが、長時間話すと、ばかにならない金額になります。

 

それと、電話だとなかなか伝わリにくいことがあります。対面だと、身振り手振り、紙に簡単な絵をかいたりで説明できますが電話だとなかなかむづかしい場合もあります。

相手の顔がみえないため、伝わったのかの確認もしずらいのもデメリットです。勘違いも起こりやすいです。

 

身近な人への転職相談は?

家族や友人、会社の同僚が身近な人です。

家族は、ちゃんと話を聞いてくれますが、「転職する」と聞いただけで心配が先に来て「今のところじゃだめなの?」と説得モードになるパターンが多いです。また、親世代だと今の転職や就職事情への理解が昔と違うためアドバイスになるのか心配です。

転職経験のある友人の経験は参考になるので聞いてみましょう。ただ、鵜呑みにしないこと。

 

今働いている会社で転職経験のある同僚や先輩に相談するのはどうでしょう?

相談すると、「辞めるかもしれない人」ということが漏れ伝わるのでおすすめできません。

転職相談は無料、気軽に試してみましょう

ネットで検索してみたけど自分の疑問がどうしてもわからない、そんな時は転職相談を利用してみてください。

無料ですが、早く答えが見つかるかも!

転職がはじめてなら、わからないことが多く悩んでしまいそう。

聞いたら、あっさりわかることってありますよね。

 

転職しようか迷っている人は下の記事を読んで参考にしてくださいね。転職した人の87%が「良かった」と回答しています。

 

↓転職したいけど「甘え?」なんて悩んでいる人、「甘えか・甘えではない」を判断する方法をまとめてます。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm