薬剤師がブランクあり再就職!おすすめの就職先と成功のコツはこれ

薬剤師ブランクありで再就職ってできるのかな~

薬剤師として働いていたけど、結婚・育児や定年退職で一度仕事を辞めてしまいました。でもやっぱり収入が必要になって再就職したいんだけどできるのかな? だれか教えてほしい。

ブランクがあるけど~

 

この記事では、薬剤師が『ブランク後に再就職するおすすめの就職先と成功するコツ』を紹介します。再チャレンジしたい方は参考にしてくださいね!  

こんな人に向けて書いています。

  • 薬剤師で再就職を考えてる人
  • ブランクがあって再就職に心配がある人
  • 薬剤師の再就職先のおすすめを知りたい人

最後まで読むと、薬剤師が『ブランク後の再就職で成功するコツ』がはっきりします。

 

『薬剤師の仕事』関連記事リンク 合わせて読みたい

 

薬剤師の求人

薬剤師の転職回数

薬剤師の転職理由・ベストタイミング

薬剤師の年収

病院薬剤師への転職

薬剤師の仕事

女性薬剤師の婚活


今月の『転職支援サービス』申込数ランキング

  1. ファルマスタッフ
    東証プライム上場の日本調剤グループによる運営による転職支援
     https://www.38-8931.com/
  2. お仕事ラボ
    創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポート
     https://www.oshigoto-lab.com/
  3. 薬キャリAGENT
    薬剤師の半数が登録する『m3.comのエムスリーグループ』が運営
     https://agent.m3career.com/

目次
  1. 薬剤師はブランクがあっても再就職は難しくない。
  2. ブランクがあると再就職する時に不安に!
  3. ブランク年数(期間)と業務への影響度ってどのくらい?
  4. ブランクあり再就職におすすめの勉強法!
  5. ブランクあり薬剤師におすすめの再就職先とは?
  6. ブランクあり薬剤師が再就職・転職を成功させるコツ
  7. 薬剤師におすすめの求人・転職エージェント!正社員・派遣・パート・アルバイトの好条件求人! 実績あるサイトのみを厳選
  8. 薬剤師はブランクがあっても再就職しやすい!

薬剤師はブランクがあっても再就職は難しくない。

安心してください。

薬剤師の資格を持ってるということは、すごく有利です。

たとえ出産・育児や親の介護などブランクがあっても再就職は難しくないのが薬剤師です。それほどまでに薬剤師の資格は強力。

 

薬剤師免許は6年制の学校を卒業するハードルがあるので誰でも資格を取ることができるわけではないから、免許を持っている人は貴重なんです。

さらに、日本のどこでも薬剤師は人手不足なのが実情なので復職や転職しやすいです。

 

だから薬剤師の資格を持っているということは、ブランクがあったとしても有利なことに変わりはないんです!!

一般の人に比べれば、結婚や子育てで一度仕事を辞めたとしても、働きたいと思えばすぐに再就職できるでしょう。

定年後であっても、再就職したいと思えば十分可能です。

 

ブランクがあると再就職する時に不安に!

ブランクがある薬剤師が再就職するときに共通する不安点を紹介します。

ブランクがあると再就職する時の選考が不利かも・・・

普通に転職するならいいのですが、一度辞めた後にブランクがあって再就職するとなると書類審査や面接で不利になるのではないかと不安になります。

一般の会社員がブランク後に再就職するとなると選考で不利なのは明らかですが、薬剤師の場合はそんなに気にする必要はありません。

特に薬剤師の業界は女性の割合が高く、出産や子育てでブランクができてしまうパターンは多いものです。2年程度のブランクなら選考で不利になることはないでしょう。それ以上のブランクであっても医薬品や診療報酬のアップデートなどを短期間に学ぶ意欲があれば書類審査や面接で落とされることは少ないはずです。

 

再就職した職場に馴染めるか、人間関係が不安・・・

今まで人間関係であまり問題なかった職場を経験した人であっても、これから再就職する職場での不安が大きいはず。

楽しいはずの職場も馴染めなかったり人間関係が悪かったりしたら辛いものです。でもこれって職場に入ってみないとなかなか分からないということもあり、さらに『運』任せなところもあります。

新たなところで仕事をする場合には誰もが心配になるものです。

 

職場に入る前に人間関係がどうなっているのか分かればいいですよね・・・

そんな不安を和らげるためには、薬剤師専門の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職先の内部事情に詳しいく、人間関係もある程度把握しているはずですから問い合わせてみましょう。

 

家庭の事情・ライフスタイルの両立に不安

再就職しようとするときに、今までと違うライフスタイルや家庭の事情を考えると両立できるのか不安にになります。

子供がまだ小さく育児と仕事の両立も不安ですが、仕事を優先するのか家庭を優先するのか判断に困ることがあったらどうしよう?

 

再就職先は、子育て中であることを理解してくれる職場を探す必要があります。

子供が小さい時は体調不良になることが多く急な休みや早退をしなければいけなくなることが多いのです。

出来れば子育て中のママやブランクから復帰した薬剤師のママが多く勤務する職場を選ぶと理解を得やすいです。

逆に、男性や独身者が多く子育てしたことがない人が大半のような職場だと、子育て中に起こる様々な問題を理解してもらえないことがあります。

ブランク期間に変わった法改正・新薬・新しい治療法などの情報吸収が不安・・・

薬剤師が一度仕事を辞めブランク期間があると、その間に法改正・新薬・新しい治療法などが次から次へと変わってきます。

ブランク期間が短い場合はそれほどではありませんが、長い場合は情報をキャッチアップするのがたいへんです。

 

再就職する職場が即戦力を求めている場合だと職場に入ってからゆっくり勉強するというわけにはいきません。ですのでブランク後に再就職をすることを予定しているなら、仕事をしていない期間にも薬剤師として必要な情報を常に吸収しておくのが良いでしょう。

 

長いブランク期間の後に再度就職することになったなら、即戦力を求めるような職場ではなく後からゆっくり学べるような職場を選ぶのも良いでしょう。

 

ブランク年数(期間)と業務への影響度ってどのくらい?

薬剤師の仕事から離れブランク期間が長いほど、再就職した時の業務への影響度が高くなります。

でもどのくらいのブランク期間でどんな影響があるのか心配ですよね。ここからはブランク期間ごとの影響度についてお伝えします。

実際のブランク期間で多いのは、女性薬剤師が出産・子育て2から3年後に再就職するケースです。

 

1~1.5年のブランク

1.5年くらいのブランクであれば、たとえ即戦力が求められる職場であっても問題なく再就職可能です。

ブランク期間に新薬や制度など変更になっているかもしれませんので再就職前に学んでおくとより良いです。

1.5~3年のブランク

3年くらいのブランクになると今までの知識も薄れてきてしまいがちです。診療報酬や保険制度法改正の変更など、即戦力でやっていくためには再就職前にしっかり学んでおかないと最初が大変です!

ブランク前に経験があったとしても、再就職後は経験者とみなされない場合もあるかもしれません。そこから再スタートという心構えが必要です。

3~5年以上のブランク

ブランク期間がここまで長くなると薬剤師としての経験と知識がかなり薄れてしまいます。資格があるけどなんとなく再就職することが怖くなってしまうかもしれません。

この後に説明するおすすめの勉強法でしっかり準備しておく必要があります!!

再就職後は経験者というより、新人として就職したと思った方がいいかもしれません。

 

ブランクあり再就職におすすめの勉強法!

ブランク期間を経て再就職や職場復帰をするためにはブランク期間を克服するための勉強が必要になります。

ブランク期間を通して常に情報をアップデートしておくのがベストですが、再就職をすることが決まってからでも遅くはありません。

そんな時に役立つ薬剤師のための勉強法をお伝えします。

 

くすりのしおり

『くすりのしおり』は処方薬の効果や用法・用量・注意事項などが分かりやすく紹介されているサイトです。

基本的な服薬指導のトレーニングに最適です。

>>くすりのしおり

 

日経DI(ドラッグインフォメーション)

『日経DI』は薬局薬剤師の情報誌です。医療や薬剤関連の最新情報が掲載されているため、薬剤師として知っておくべきことが解説されています。

>>日経DI

 

MPラーニング

『MPラーニング』は研修認定薬剤師にも対応するeラーニングです。薬剤師が必要な基本的な内容を多く含みます。

>>MPラーニング

 

メディカルナレッジ

『メディカルナレッジ』も、eラーニングです。研修認定薬剤師の必要単位を取得できるような内容です。

>>メディカルナレッジ

 

ブランクあり薬剤師におすすめの再就職先とは?

ブランクあり薬剤師おすすめの再就職先は、ドラッグストア・調剤薬局・病院があります。それぞれの特徴と再就職先として選ぶ時に知っておいた方が良い情報をお伝えします。

ドラッグストア

ドラッグストアは求人数が多く中途採用も多いため、研修制度の整った職場が多いのが特徴です。

そのためブランクあり薬剤師さんでも積極的に採用してもらえます。

ブランク期間が比較的長い薬剤師さんでも働きながら知識を取り戻せるでしょう。

ただドラッグストアの場合、調剤以外の仕事もこなさなければいけないというところが多いです。一般の接客や繁忙期にはレジ打ちなども業務となってきます。

ドラッグストアの勤務であっても、調剤をメインにしたいのであれば部門が別になっている調剤薬局併設型のドラッグストアを選ぶ必要があります。

大手ドラッグストアの中に年中無休で営業しているところもあり、育児や介護の両立が可能なのかあらかじめ確認しておきましょう。

研修制度はしっかりしているか?休みは取りやすいのか?希望した勤務時間で働くことは可能か?

必ず確認しておきましょう!

 

調剤薬局

調剤薬局もブランクありの薬剤師の再就職先としておすすめです。

ただし調剤がメインの業務になりますので、ブランク前にほとんど実務についていない薬剤師さんや経験が浅い場合には選考で不利になる可能性があります。

なぜなら調剤薬局の場合、即戦力を求めていることが多く、仕事に慣れる期間が取れないことが多いです。特に人手不足で忙しい薬局や、患者数が多い門前薬局では即戦力の採用が目立ちます。

ブランク 後の再就職先は忙しすぎない調剤薬局を選ぶほうが良いでしょう。

 

単科クリニックの門前薬局であればブランク明けの薬剤師さんにもおすすめです。

仕事内容が比較的シンプルで取り扱う医薬品が少ないため即戦力として求められても十分やっていけます。

 

調剤薬局はブランク明けのママさん薬剤師にもおすすめ。

家庭重視で働くためには忙しすぎない調剤薬局を選ぶことが大切ですが、そういうところは働きやすいため辞める人が少なく求人がなかなか出ません。

薬剤師に特化した転職エージェントの力を借りて家庭と両立できそうな職場を探してもらいましょう!

 

病院

病院薬剤師の場合、急性期と慢性期でブランクあり薬剤師の再就職状況が違います。

 

急性期病院の場合、高度医療に対応する必要があるため中途採用では即戦力の求人になります。ブランクがあっても高度なスキルと実務経験がある薬剤師は採用されやすいです。

 

慢性期病院の場合、ブランクありの薬剤師さんでも比較的再就職しやすいです。子育てと仕事の両立を実現したいのであれば、回復期・慢性期病院がおすすめです。

 

ブランクあり薬剤師が再就職・転職を成功させるコツ

ここからはブランクあり薬剤師が再就職や転職を成功させるコツを紹介します。

再就職で何を優先するか明確にしておこう

結婚や育児、定年退職などで仕事を辞めたけれども再就職する必要があることも多いですよね。

再就職するのは収入を得る目的ですが、優先する条件を決めてから就職活動を始めましょう。

 

バリバリ働いてキャリアアップや年収アップを目指すのか?

育児には介護を優先し勤務時間が短くできる職場を目指すのか?

週1~2回のパートタイムで働くのか?

 

など、再就職する目的をはっきりさせます。

 

次に、「絶対に譲れない条件」と「できれば叶えたい条件」を区別します。

優先する条件に合う職場を探すには、他の条件をあきらめる必要があるかもしれません。

バリバリ働きキャリアアップを優先ということであれば、時短勤務や残業なしという条件は両立できないでしょう。

育児や介護を優先する場合には、キャリアアップや収入アップという条件はあきらめることになります。

 

全ての条件を満たそうとすると、再就職するのが難しくなります。

 

優先すべき条件だけは妥協しないという心構えで再就職先を探します。

ただし、優先すべき条件をいくつも設定してしまうとなかなか条件に合う職場が見つからないということになってしまいます。

優先すべき条件はどうしても妥協できないことだけにします!

 

ブランクあり薬剤師の再就職は好条件を望みすぎないのがコツ

特別なスキルや経験を持っているブランク明けの薬剤師なら別ですが、一般的にブランクがある薬剤師の再就職の市場価値は少し下がってしまいます。

高額な給料を目指したりすると、なかなか再就職先が見つからないかも。

基本的に辞める前と同じ条件か、それよりもダウンした給料を受け入れることも考えておきましょう。

 

ブランク前の職場と比較しすぎないのがコツ

『以前働いていた職場ではこうだった!』

こんな台詞を新しい職場で繰り返すことはやめましょう。

新しい職場のスタッフからしてみればあなたは新人なのです。過去の職場のやり方を訴えても嫌われるだけです。

 

内容が正しくても間違っていても、前の職場を引きずっている感じがして『使いにくい人』って思われます。

最悪なのは、以前の職場での経験に固執して新しい職場にいつまでも慣れない人です。

職場では人間関係を良好に保つため、協調性が求められます。経験やスキルに優れていたとしても謙虚さがないと新しい職場ではやっていけないでしょう。

 

採用面接でも人間性が見られますので、謙虚さや協調性がないと判断されれば不採用になってしまいます。

 

面接でブランクの理由を明確に説明する準備、薬剤師としてこれからどうなりたいのかを伝える

面接ではブランクの理由を聞かれる可能性が高いです。

簡潔明瞭に回答できるように準備しておきましょう。出産育児や介護などが理由ならそのまま正直に伝えてもOK。

ですが人間関係や収入の面が理由で退職したのであれば、印象を悪くするのでそのまま伝えるのは避けましょう。違う切り口で前向きな理由に言い変えて伝える方が良いでしょう。

例えば、『キャリアアップのための勉強をするため一度退職していた』など言い換えましょう。

 

これからどんな薬剤師になりたいか?面接でよく聞かれるフレーズです。

ブランク明けの薬剤師さんは、一般の企業戦士のような高い理想を伝える必要はありません。例えばママさん薬剤師であれば『今は子供が小さいので勤務時間は少なくしたいですが、成長に伴って勤務時間を増やしていくことは可能です』のような正直ベースの回答で OK です。

 

薬剤師専門の転職エージェントを利用するのがコツ

ブランクあり薬剤師が再就職先を見つけるには、薬剤師専門の転職エージェントを利用するのがおすすめ!

利用料は無料ですし、登録後、希望する条件を伝えておけば条件に合う再就職先を見つけてくれます。

 

転職エージェントでは、キャリアコンサルタントが一人ひとりサポートし就職先を見つけてくれるだけではなく、応募先の職場の状況や雰囲気・人間関係・デメリットまでも事前に教えてくれます。なぜなら転職エージェントのキャリアコンサルタントさんが直接職場を訪問し生の声を求人に反映しているからです。

応募書類の添削や面接のサポートなんかもしてくれますよ!

 

薬剤師におすすめの求人・転職エージェント!正社員・派遣・パート・アルバイトの好条件求人! 実績あるサイトのみを厳選

ファルマスタッフ
ファルマスタッフ

大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営、転職支援22年の老舗サイトなので安心!薬剤師さんの転職相談満足度はなんと96.5%の実績!!
扱っている転職先へはキャリアコンサルタントが直接訪問し、職場の状況、雰囲気、経営状況、残業など、デメリットの情報でも現場の生の声を求人に反映しているのでミスマッチが少ないです。
一人ひとりへのサポートが充実しており、仕事を探している薬剤師さんと直接顔を合わせて相談し、悩みを一緒に解決できるよう考えてくれます。初めての転職でも安心です。
おすすめの年齢 公開求人数 企業求人数 特徴
20~30代 41,000以上 約150件 東証プライム上場 大手が運営
お仕事ラボ
お仕事ラボ

創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポートが『お仕事ラボ』です。薬剤師に特化したコンサルタントが希望条件・今後のキャリアまでヒアリングし、マッチした求人を紹介してくれるから、マッチング精度の高さが評判で、紹介後の定着率は95%以上! さらに、フルオーダーメイド提案なら、『希望する薬局等に、逆指名』を行い、条件交渉を代行してくれます。
面接にも同行してくれるので安心!面接後のサポートもばっちりです。 
おすすめの年齢 公開求人数 企業求人数 特徴
20代~ 約26,000件 非公開 サポート充実
薬キャリAGENT
薬キャリAGENT

知名度が高く、薬剤師の半数が登録する『m3.comのエムスリーグループ』が運営しているので安心。求人情報の裏側まで調査、限定の好条件新着・非公開求人を保有、利用者満足度95%!
転職活動で重要な薬剤師専任アドバイザーは、薬剤師の多様な仕事内容に精通しており、求人先の内情を独自ネットワークを活かし収集できます。だから、事前に知りたい情報を得ることができるのでミスマッチのない職場に巡り会えます。思っていたよりも好条件を引き出してくれる可能性が高いので、まずは希望条件を伝えてみるのがおすすめ。
おすすめの年齢 公開求人数 企業求人数 特徴
20~40代 約55,000件 約700件 独占求人が多数
薬剤師転職ドットコム
薬剤師転職ドットコム

東証プライム上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイトが『薬剤師転職ドットコム』です。医療業界で20年以上の実績があり\利用者満足度95.8%/ 病院の転職に強く、好条件で応募が殺到してしまうので『非公開』にしている求人の割合がなんと90%。   病院を熟知したコンサルタントがサポートしてくれるので「職場の雰囲気、休みの取りやすさ、平均の残業時間」など求人票に載っていない情報が得られます。『薬剤師転職ドットコム』でしか見つからない求人も多数なので登録必須!
おすすめの年齢 公開求人数 企業求人数 特徴
20代~ 非公開12,000件以上 ー件 メディウェルが運営
マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

人材関連サービスを40年以上も提供している有名なマイナビの薬剤師向けに特化した転職サイト!面談で希望条件を伝えれば薬剤師専任のキャリアアドバイザーが希望に合った求人を数多く紹介してくれます。キャリアアドバイザーさんは企業ごとに自ら足を運び職場の薬局長、薬剤師さんから職場の雰囲気・経営状況などの情報を収集しているのでいいところも悪いところも把握しています。登録者のみに紹介できる非公開求人も紹介してくれます。
面接にも同行してもらえるから安心!!入社後も困ったことがあれば担当したキャリアアドバイザーが相談に応じてくれるので心配なしです。  
おすすめの年齢 公開求人数 企業求人数 特徴
20~40代 - - 手厚いフォロー体制

 

ブランク明けの薬剤師が再就職するなら『薬剤師専門の転職エージェント』の利用がおすすめです。

 

薬剤師はブランクがあっても再就職しやすい!

薬剤師はブランクがあっても国家資格があるので再就職しやすいです!

再就職先を探すには『薬剤師専門の転職エージェント』を利用することをおすすめします!

 

ブランク明けの再就職時には優先する条件を転職エージェントに登録して担当者に相談してみましょう。

今月の『転職支援サービス』申込数ランキング

  1. ファルマスタッフ
    東証プライム上場の日本調剤グループによる運営による転職支援
     https://www.38-8931.com/
  2. お仕事ラボ
    創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポート
     https://www.oshigoto-lab.com/
  3. 薬キャリAGENT
    薬剤師の半数が登録する『m3.comのエムスリーグループ』が運営
     https://agent.m3career.com/

それではまた。

人気記事

仕事

Posted by cosm