【転職・適性検査とは】能力(spi)・性格問題の通過対策【ウソをつかない?】

転職適性検査ってなんなの・・・

転職の適性検査ってなんなのかな~、筆記試験の一種らしいけど内容がぜんぜんわからない!だれかわかるように教えてほしい、対策とかあるのなら知りたい~。

いまさら適性検査って・・・

 

この記事では、適性検査ってなんの目的?検査を通過するにはどんな対策があるか紹介します!

こんな人に向けて書いています。

  • 転職の適性検査の目的がわからないので悩んでる人
  • 適性検査をクリアできるのか、対策方法を知りたい人
  • みんなどうしてるのかな?

 

記事をしっかり読むと、適性検査をクリアするためにやるべきことがわかり、前に進めます。

 

今の仕事、向いているの?

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

転職の適性検査とは?

新卒に限らず転職でも適性検査が行われる場合もあります。

代表的なのが、『性格適性検査・能力適性検査』です。

応募者を採用する判断のひとつとして、性格や能力が会社の業務に適性があるかを判別する検査となる試験です。

 

性格適正検査

性格適正検査:

  • YG性格検査
  • クレペリン検査

性格検査にも数種類あり、YG性格検査のような『はい』『いいえ』『どちらでもない』に答えていくもの。クレペリン検査のように1桁の数字を数多く計算していくものなどがあります。

回答のパターンから性格の傾向が割り出されます。

履歴書や職務経歴書だけではわかりにくい仕事の適正を見分ける目的です。

 

能力適正検査

能力適正検査:

  • spi3検査
  • 玉手箱

能力検査も数種類あります。spi3検査は能力も性格も同時に判断できます。

一般常識や基礎学力を測るのが目的で、同時に応募者の得意な分野も判定できます。

能力適性検査は、検査というよりテストみたいなものです。

 

転職の適性検査を通過するための対策

ここからは、適性検査を通過するための対策を紹介していきます!

性格適正検査ではウソをつかないようにする

質問の意図を先読みして印象が良くなる回答にすることができますが、それでは検査になりませんし、ウソになります。

面接のときに検査の結果と印象が大きく違えばウソを疑われる可能性があり、ウソをつく人の可能性から採用されない結果につながります。

ですので、性格検査は質問にたいして素直な回答をしておきましょう。

 

能力検査は過去問などで予習

性格検査と違って能力検査は、基礎学力を測るものなので素直に受けては損します。

ですので、対策しておきましょう!

過去問をみておくのも大きな効果があります。

それ以外にも、時事問題、専門的な知識が必要な業界なら、業界のことについて学んでおくといいですね。

アマゾンで適性検査の過去問を探してみる

 

検査の内容について予め調査

適性検査はどんな内容なのか前もって分かっていたら楽ですよね!

ですので、ネットで調べてみましょう。

大手の企業なら、過去の応募者がネットに書き込みをしている可能性が高く情報が得られる可能性があります。

 

調べても、わからない場合は『転職エージェント』を活用するのが一番早いです!転職エージェントは求人紹介もしていますが、企業がどんな適正検査をしているのか把握している可能性が高いのです。

 

適性検査の内容を聞くなら転職エージェントに相談するのが正解!下の記事で転職エージェントの選びかたをまとめてますので御覧ください。

 

面接でいきなり適性検査を受けさせられることも!

面接対策をして行ったら、適性検査があった!

聞いてない!ってなります。

いきなりがあるので、過去問に目を通しておきましょう。

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

転職の適性検査Q&A

転職組の適性検査って心配ですよね、共通の疑問を紹介します!

Q.新卒と転職で検査内容は同じ?

転職では性格検査のみという事が多い。

転職の適性検査の目的が、『自社にマッチする人材かどうか確認したい』からです。

 

Q.適性検査が行われるタイミングって?

面接の前、や後などさまざま。

最終選考のときに行われる適性検査は判断材料として重要度が高い事が多い!

 

Q.適性検査ってどこで受けるの?

面接会場近くの試験会場、自宅からPCでWebテストなどです。

従来型の筆記で受ける紙方式は減少傾向で、PCを使うテストが主流になってます。

 

Q.適性検査の時間はどれくらい?

ひとつあたり30~40分です。

適性検査にも種類がありますので、正確にはわかりません。

 

転職の適性検査は、自社にマッチする人材か確認するもの!

適性検査には、能力検査と性格検査がありますが、転職での適正検査の目的は『自社にマッチする人材かどうか確認したい』です。

 

特に、性格検査はウソをつかないように質問に正直に答えるようにしましょう。

性格検査の結果と面接での印象が大きく違うと『ウソをつく人』となってしまい採用されない可能性がアップします。

注意してくださいね!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。下の記事では残業の少ない業界、人間と関わらない仕事を紹介してます。気になったらみてくださいね!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm