【ホワイト企業に転職!】特徴と見分け方とは?知らないと損する・・・

ホワイト企業転職したいな・・・

もしかして今働いている会社ってブラックぎみかも~、とにかく残業多くて休みも仕事ってことが多い。ホワイト企業ってなかなかないのかな?あれば転職したい、だれかか教えてほしい。 

悩める~

 

この記事では、「ホワイト企業に転職」したい人が知っておくべきことや、ホワイトト企業探し方のポイントをお伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • ホワイト企業に転職したい人?
  • ホワイト企業ってどうやって探すんだろう?
  • みんなどうしているのかな?

最後まで読むと、「ホワイト企業に転職」する方法がスッキリわかります!

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

ホワイト企業の特徴とは

まず、ブラック企業ってよく聞くけど、『ホワイト企業』って何?

ホワイト企業=福利厚生、離職率など働く環境の良さが世間から高く評価されている企業のことです。

ブラック企業=社内環境が悪く待遇も悪い。離職率も高く働くのが辛い企業のことです。

入社してみたらブラックだったみたいなことってよくある。

 

入社する前にホワイト企業かどうかわからないの?

ホワイト企業の特徴

  • 労働基準法を守っている
  • コンプライアンスを遵守
  • 残業時間が少ない
  • 休日の日数が多い
  • 有給休暇を取得しやすい
  • 給与が高めで安定している
  • 福利厚生が充実している
  • 離職率が低い
  • ホワイト企業への入社は競争率が高い
  • 社員の年齢層に偏りが少ない
  • 明確な評価制度がある
  • 新人・女性のサポートが充実している
  • 教育・研修プログラムがきちんとしている

ホワイト企業は、長く働いてもらいたいから社員を大切にします。

残業時間も少なく有給も取得しやすいので、働いている社員は幸せになります。

ある意味、働く環境を良くして社員の囲い込みをしているとも言えます。

 

大手や優良企業=ホワイト企業ではない

大手や優良企業だからというだけで『ホワイト企業」というわけではないことに注意!!

 

『大手』って企業の規模や資本金が大きいということ。

『優良』って経営状態がいいこと。

 

ニュースをよく見る人なら知ってると思うけど、よく聞く大手企業の過労死やサービス残業、過酷な働き方を強制している大手や優良企業ってたくさんあるのが実情です。

だから儲かるのね#って思っちゃうことしばしば。

 

ホワイト企業が多い業種は?

ホワイト企業が多い業種ってあります。

代表的なのは公務員だったりします。そりゃそうだって感じ。

ホワイト企業が多い業種は

  • 公務員
  • 元国営の企業
  • 電力・ガス・水道業
  • 輸送機器メーカー
  • 医療機器メーカー
  • 食料品メーカー

ただ、どんな公務員でも『ホワイト企業』かというと、例えば警察官って公務員ですけど、刑事さんって犯人検挙のため、かなり残業が多そうですよね。

それに比べて、市役所の職員って・・・

元国営のNTTグループなんかはホワイトですね。

ホワイト企業の見分け方!知らないと損する・・・

『ホワイト企業』と『ブラック企業』の見分けかたを説明します。

会社を見ただけではホワイトやブラックって書いてないので、わかりませんが、以下のことを確認すれば、ほぼ判定できます。

福利厚生の充実度

『ホワイト企業』は福利厚生が充実してるのが特徴です。

福利厚生とは 従業員に提供する「給料以外の報酬やサービス」の総称、第2の給与とも呼ばれる。
企業が独自に制定している福利厚生の充実度が高いのが『ホワイト企業』。

企業が独自に制定している福利厚生の例

  • 通勤費
  • 社員食堂
  • 社員寮
  • 社員旅行
  • 各種手当て
  • 住宅、社宅などの給与住宅、持ち家援助
  • 医療・保健の上乗せ
  • 育児・介護支援関連上乗せ
  • 慶弔見舞金
  • 文化・体育・レクリエーション
  • 自己啓発・能力開発
  • 財産形成関連

福利厚生が充実していると、さまざまな場面で生活がサポートされて幸福感がアップします。

いろんな援助があると助かる!

 

週休2日制ってだまされやすい?

週休2日制で休みがたくさんあるから『ホワイト企業』だと思ったら大間違い!

『週休2日制』と『完全週休2日制』でも違う。

週休2日制の違い

  • 週休2日制:1ヶ月のうち最低1週間は2日休める
  • 完全週休2日制:1週間に必ず2日休める

よーく違いをみてみると。だれもが思い描いている週休2日制って『完全週休2日制』のほうですね。

だだの「週休2日制』ってもはや詐欺じゃないかって思えるような内容です。最悪1ヶ月に1回だけ週休2日って・・・

 

もうひとつ残念な週休2日制があります。

完全週休2日制だけど、祝日が休みじゃないっていうケースもあります。

え~っ!まさか!って言いたくなるけど、そんな会社ってたくさんあるのが実情。

ゴールデンウィーク、年末年始なんて永遠にやってきません。

 

週休2日制で喜んではダメで、年間休日数をチェックすべき!

年間休日数120以上が『ホワイト企業』の目安です!

 

週休2日制ってちゃんと知らないと後悔する!年間休日数をしっかりチェックして週休2日制の違いを理解しておこう!

 

離職率が高いほどヤバい企業?

離職率は、ある期間に退職した人の割合を示しています。

離職率が高い=辞める人が多い

注意点:

従業員数が多いか少ないかで離職率が変わってしまうので、高いからといってそれだけで判断するのは難しいです。

 

例、1万人の従業員で1人辞めたのと、従業員10人で1人辞めたのでは、後者の方が離職率が高く反映されてしまいます。

 

離職率が高い業界と低い業界ってあります。

離職率が高い業界とは

  • 飲食サービス業界
  • 娯楽業界(パチンコやカラオケなど)
  • 宿泊業界

 

離職率が低い業界とは

  • インフラ業界(電気・ガスなど)
  • 製造業界
  • 建設業界

なんとなく、そうだよね・・・って感じ。

 

離職率ってどうやって調べる?

 

新人・女性に優しい会社か?

『ホワイト企業』は新人教育や女性のサポートが手厚です。

新人教育や女性のサポート例

  • 新人研修の期間が長め
  • メンター制度(先輩社員が指導者となる教育)がある
  • フレックスタイム制(始業・就業時間を社員が決められる)
  • 育児・介護の時短労働制度
  • 出産・育児休暇
  • 託児施設

出勤時間が自分で決められる『フレックスタイム制』や時短労働制度は育児をしている人にとって大切です。

新人研修が充実しているのも『ホワイト企業』の特徴で、長く働いてもらう人を大切に育てていこうという考えですね。

 

育児・介護の時短勤務制度がしっかりしているのかも『ホワイト企業』を見分ける方法です!

いつも求人がある会社って?

いつもいつも求人してる会社ってやばくないですか?

人が集まらないのか、辞めていってしまうのか?

そんな想像ができます!

会社のホームページで求人がいつも出ているくらいならいいんです。単純にアップデートしてないか、形式的に求人してますよポーズかもしれませんから。

ですが、転職サイトなどにいつも求人が載ってるとなると、本当に求人しているということです。

注意すべきですね。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

ホワイト企業を目指すには?

『ホワイト企業』の見分け方を前項で説明しましたが、条件がそろっているのに入社してみたらホワイトじゃなかったという可能性もあります。

人間関係などの職場の雰囲気はわからないですよね。

入社する前に知ることは出来ないのでしょうか?

 

口コミを調べる

求人票や企業のホームページを見て企業の情報を集めても、良いことを並べているだけです。

本当の職場ってどんな感じなの?っていうことを知りたいのです。

そんな時に便利なのが、転職口コミサイト。

実際に勤務している人が投稿しているので「求人票」には載っていないことがわかります。

 

会社の内情を知るには従業員の口コミが必要!

 

転職エージェントを利用する

転職して『ホワイト企業』を目指すなら、転職エージェントを利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、自分ひとりでは調べきれない企業の労働環境、離職率、業界の事情などを知ることができます。

 

転職エージェントは無料で利用でき、『ホワイト企業』への転職の成功率がアップします!

 

『ホワイト企業』の転職を目指すのなら、企業の内情を把握している転職エージェントを利用するのが近道です。下の記事では転職エージェントの選び方とこっそり成功する方法を紹介しています。

もしも今ブラックで働いているなら転職を!

長時間残業で毎日消耗しているなら、転職を検討したほうがいいです。

これから先、数十年も働いていくのなら早めの脱出をおすすめします。体調をくずして最悪働けなくなったって、あなたの代わりの人にすげ替えるだけです。

損するのはあなただけです。

この記事を参考に『ホワイト企業』を目指してくださいね!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm