30代手取り20万~はきつい!平均年収と中央値は?収入アップの方法

30代手取り20万円台ってきつい~

他の人は30代だと、どのくらいなんだろう。手取り20万円代ってきつい!平均年収やその中央値って知っておきたいな~。収入アップの方法ってあるのかな~。誰か教えてほしい。

気になる~

 

この記事では、『30代の平均年収や中央値、手取り20万円台から収入をアップする方法』をお伝えします。今の年収で満足な人は読む必要ありませんが、収入をアップさせたい人は最後まで読んで人生を楽しくしましょう。

こんな人向けの記事です。

  • 30代で今の収入に納得してない人、30代の平均収入、中央値を知りたい人
  • 転職も含め収入をアップして、今より素敵な人生にしたい人

最後まで読むと、「今からでも収入アップできる可能性」が見えてきます。

 

『転職活動の準備』関連記事リンク 合わせて読みたい!

 

転職活動の準備 知っておくべきこと

転職する・しない判断

会社の良し・悪し見極め 人気記事

30代の手取り・平均年収の中央値ってどのくらいなの?

20代なら勢いで結婚することもできるけど・・・30代になってくると将来の生活設計を考えると心配になってきます!

もちろん、必要十分な収入と将来の可能性があれば心配なんてしません。

中小企業だと年収がそれほどでもないって現実に気づき始めるんですよね。

他の人って実際にどのくらいの収入があるのか気になります。

 😃順番に見ていきましょう!! 

 

30代の平均年収は437万円。20代、30代、40代、50代の平均年収金額

まずは、各年代別の平均年収金額です。30代は全体で437万円、(男性:474万円、女性:378万円)

年代 平均年収
全体 男性 女性
20代 341万円 363万円 317万円
30代 437万円 474万円 378万円
40代 502万円 563万円 402万円
50代以上 613万円 664万円 435万円

出典:doda:2021年 平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)

30代の平均年収を見ると女性は厳しいです。女性と男性で約100万円の差が・・・。 さらに、年代が上がるごとに、その差は開く一方です。出産、育児の負担があるので出世、昇進がむづかしいのが実情だと思われます。

 

平均年収だけだと金額が極端に少ない人、多い人が含まれるため、どのくらいの年収の人が多いのかわかりづらくなります。

次に、多くの30代の年収がどの辺りなのか見ていきましょう。

 

30代の年収中央値と分布

平均年収金額は、30代は全体で437万円、(男性:474万円、女性:378万円)ということがわかりましたが、これは平均です。

年収が少なかったり、多かったりする人をひっくるめて平均しただけの金額では、多くの30代がどの辺りにいるのかわからないです。

そんなときは、平均ではなく年収分布をみてみましょう!

 

30代の年収分布を見ると、その中央値は300~400万円で28.3%の人がこの範囲に入ります。つまり、30代の3~4人に一人は年収300~400万円になります。

出典:doda:2021年 平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)

次に多いのが、400~500万円で24.7%で4人に一人がこの範囲に入ります。

 

30代の年収は300~400万円がいちばん多いようですね。

あなたの年収はどの辺り?

 

次に、気になる毎月の手取りを見ていきましょう!

 

毎月の手取りは?

30代の年収中央値は300~400万円ということがわかりました。

 

ここから毎月の手取りを簡単に計算してみます。(手取り:給与の総支給額から社会保険料や所得税などの「総控除額」が引かれた後に支払われる給料として振り込まれる額です)

年収から月収を出すには、賞与(ボーナス)なしであれば12で割るだけです。

ですが、実際には年収には賞与(ボーナス)を含んでいますので、毎月の月収を出すには年間平均賞与(ボーナス)支給額を考慮します。

年間平均ボーナス支給額

中小企業 2~3ヶ月分

大手企業 4~5ヶ月分

と言われています。最悪ボーナスなしなんて企業もあります。ボーナスは業績に左右されますので変動も大きいのが実情です。

 

毎月の手取りは、月収から控除される金額を差し引いた額ですが、大まかに

 手取り = 月収 x (0.75~0.8) で簡易計算できます。

※(0.75~0.8)というのは『社会保険料+所得税+住民税』の控除を簡易計算する時に用いる数値です。

✅年収から毎月の手取りを計算してみます

30代の年収中央値は300~400万円の真ん中350万円と日本は99.7%が中小企業なので賞与(ボーナス)2ヶ月を条件にすると

 

月収 = 350万円 ÷ 14(ボーナス2ヶ月を含む) = 25万円

 

毎月の手取り = 25万円 x 0.8 = 20万円

なかなかきついです、毎月の手取りが20万円になっちゃいました!

 

もしも、あなたが似たような状況にあるならきついかも!


【不都合な現実】働いている業界で給料に大きな差が・・・
 >>給料(年収)が低いのは業界の問題かも?

 

次に、年収をアップする方法をお伝えします!

 

30代が年収をアップをする方法とは

会社員が年収をアップするには次の方法があります!

  • 昇給・昇進
  • 副業
  • 投資
  • 転職

それぞれ見ていきましょう。

昇給・昇進

会社員が年収を増やすには、『昇給・昇進」が基本です。ですが、短期間に年収を増やすことは難しいのも事実です。会社の評価制度によっては頑張って実績を上げても、勤務年数が物を言う年功序列で昇給に直接結びつかないことも多いのです。

一番残念なのは、会社の規模や業種で頭打ちになっているケースがあるのも実情で、年収が低いのが、あなたの責任ではない可能性もあります。

自分が勤務している業界の給料ランキングをチェックしておきましょう。
  
>>日本の『職業別、給料ランキング』

業種の差だけで3倍もあるなんて・・・

 

副業

少し前までは副業を認めてない会社ってたくさんありました。時代は変わって・・・今では推奨してたりします。

必ずしも体を酷使したりすることなく、インターネットを利用することで帰宅後や休日に在宅で稼ぐことも可能になってきました。

ですが、副業であっても会社の仕事以外に稼ごうとするとプライベート時間を削ることになります。

ほどほどの副業なら現実的です!

>>【副業おすすめ】在宅で5万稼ぐ!サラリーマンの夢【時間活用】

 

スポンサーサイト

投資

まだ投資をしたことがない人は注意してくださいね!

一攫千金(いっかくせんきん)を狙うなんてことをすると、ほぼ、100%失敗します。ギャンブルは全くだめ!

先物、FX、株、不動産、国債、投資信託など投資と呼ばれるものはたくさんあります。

短期で『儲かる/損する』ものほどリスクが高いので注意!

 

おすすめなのは、比較的安全な投資
>>インデックス・つみたてNISA・iDeCo投資

 

転職

転職が短期で大きくステップアップの可能性があるのでおすすめです。

もしもあなたが、給料が低い業種や中小企業で働いているなら、もっと早く転職しておけばよかった・・・ってなるかも!

もし、現在が手取り20万~なら平均よりも低いので、転職することで短期間に収入アップが見込めます。

 

でも、焦らないでくださいね! 

ホワイト企業を見極めて転職しないと後悔することになります。

>>【ホワイト企業に転職!】特徴と見分け方とは?知らないと損する・・・

>>【転職時ブラック企業の見分け方!】求人票・面接ここに気づけば・・・ 

収入が増えたけど、仕事がつらすぎたり人間関係で悩んだりしたら、またすぐに転職しなければいけなくなるかも。

慎重に判断してくださいね!

 

短期間で収入をアップするには転職がおすすめ!

30代が年収をアップをする方法を説明してきましたが、短期間で収入をアップするには転職がおすすめです!

なぜなら、一気にステップアップできる可能性があるから。

 

転職なら、短期間で収入アップが見込める!

他の収入アップの方法、昇給・昇進・副業・投資などはとにかく時間と労力がかかります。

それに比べ、転職なら仕事をしつつ活動をすれば数ヶ月でなんとかなります。

>>【在職中の転職活動】期間の平均は?
>>【転職活動は在職中に】いつから始めるのが有利?タイミングはこれ!

転職活動は在職しながらがおすすめ!

 

収入が大きく上がる可能性がある

もし、現在の手取り20万~なら平均よりも低いので、転職することで短期間に収入アップが見込めます。

中小企業やブラック企業で働いているなら、ホワイト企業に転職することで収入アップ、休日増加、労働環境の改善が期待できます。

先にも説明した自分が勤務している業界の給料ランキングをチェックしておきましょう。
  
>>日本の『職業別、給料ランキング』

ランキングの順位が高い業界への転職でも収入アップが期待できますので注意してくださいね!

 

転職活動から自分の市場価値や将来の見通しが見えてくる!

転職するしないに関わらず、転職活動はいちどチャレンジしてみるべき!

なぜなら、良くも悪くも『自分の市場価値』がわかるからです。

転職活動から自分の可能性も見出すことができ、今後どのように収入を得て人生を生きていくか漠然としてではない『方策や方針』が見通せるようになります。

客観的に現実を直視することで、日々流されて仕事をしてきた自分に気づくはずです!

😊転職活動をチャレンジしてみるなら当サイトで人気がある『doda』がおすすめです。無料で利用できます。

総合転職エージェントなので、求人を多数保有。『doda』の特徴として転職サイトと転職エージェントの両方を利用できるので、求人探しの選択肢が広いです。

 

転職で収入をアップさせるコツ

転職さえすれば必ず収入アップするというわけではありません。

しっかりポイントを押さえ、転職活動することで結果が大きく違ってきます。

転職エージェントの非公開求人を狙う

今や、転職活動に『転職エージェント』を利用するのが普通になっています。採用する企業側も転職エージェントを頼りに優秀な人材を探すほうが効率がいいと認識しているのが実情です。

そんなわけで、条件のいい『非公開求人』は転職エージェントが抱えてます。

ただし、転職エージェントごとに扱っている『非公開求人』が違いますので、複数の転職エージェントを利用したほうが可能性が高くなります。実際、転職希望者のほとんどが複数の転職エージェントを利用しているようで、3~4社、多い人は10社以上登録して確率をアップする人もいるようです。

>>【3分でわかる転職の流れ】準備から内定・退職・スケジュールまで

 

30代が年収アップを狙うなら、ホワイト企業に応募する

ホワイト企業は給料が高めで安定しています!

ブラック企業ってよく聞くけど、『ホワイト企業』って? 

ホワイト企業=福利厚生、離職率など働く環境の良さが世間から高く評価されている企業のことです。

ブラック企業=社内環境が悪く待遇も悪い。離職率も高く働くのが辛い企業のことです。

入社してみたらブラックだった・・・ってよくある。

 

入社する前にホワイト企業かどうかわからないの?

※ホワイト企業の特徴

  • 労働基準法を守っている
  • コンプライアンスを遵守
  • 残業時間が少ない
  • 休日の日数が多い
  • 有給休暇を取得しやすい
  • 給与が高めで安定している
  • 福利厚生が充実している
  • 離職率が低い
  • ホワイト企業への入社は競争率が高い
  • 社員の年齢層に偏りが少ない
  • 明確な評価制度がある
  • 新人・女性のサポートが充実している
  • 教育・研修プログラムがきちんとしている

ホワイト企業は、長く働いてもらいたいから社員を大切にします。

残業時間も少なく有給も取得しやすいので、働いている社員は幸せになります。

ある意味、働く環境を良くして社員の囲い込みをしているとも言えます。

 

↓ホワイト企業の見分け方を知らないと損する!

 

30代が年収アップを狙うなら、給料が高い業種に転職する

あなたが、どの業種で働いているかで給料が決まってしまうのが実情です。

✅業種別給料ランキング(令和元年9月「国税庁・長官官房・企画課」の資料民間給与実態統計調査)(年収の高い順に並び替えています)

  1. 電気・ガス・熱供給・水道業
  2. 金融業・保険業
  3. 情報通信業(IT)
  4. 製造業

あなたがもしも給料の低い業種・職業で働いているなら、なぜ給料が低いのか理解できると思います。

給料が低いのは、あなたの責任ではなく業種・職業で決まっているのが実情なのです。このまま低いままで将来も働いていくのか悩めます!

 

5位~を知りたい人は下の記事を見てくださいね。

↓業種ごとの給料ランキングを載せました!あなたの仕事の給料ランキングはどの辺りか確認しましょう!

 

30代が年収アップを狙うのに、おすすめの転職エージェント

大手の転職エージェントに複数登録しておくと可能性が広がります! 未経験からの転職なら求人がとにかく多い『dodaリクルートエージェント』への登録は必須です。

doda 満足度No.1 【20代】 【30代】

 

おすすめする理由と強み:

  • IT・通信系・営業系の求人を多数保有
  • 非公開求人が80%
  • 特に20~30代の人におすすめ

求人を約10万件保有し、その80%以上が条件のいい『非公開求人』ですので公表されていない「狙い目」の求人です。それと、『doda』の特徴として転職サイトと転職エージェントの両方を利用できるので、求人探しの選択肢がさらに広くなります。

doda(デューダ)の公式サイトを見てみる

 

リクルートエージェント 実績No.1

 

おすすめする理由と強み:

  • 幅広い職種の求人を多数保有
  • 業界No.1の転職支援実績
  • 求人数トップクラス

25万件以上で、求人の20万件は「非公開求人」全国にある相談拠点数も業界最多なので地方求人にも強く、U・Iターンを希望する人にも対応

リクルートエージェントの公式サイトを見てみる

 

ビズリーチ  【スカウトされる転職サイト】ハイクラス

おすすめする理由と強み:

  • ハイクラス特化スカウトサービス
  • 8割以上がスカウトからの転職者
  • 年収1,000万円超えの求人が1/3

ビズリーチの公式サイトを見てみる

現在の年収が600万以上の人に人気の「ビズリーチ」はハイキャリア求人に特化したスカウトサービスです。経歴を登録しておくと、興味を持ってくれた優良企業やヘッドハンターから直接スカウトが来るシステムなので、キャリアに自信がある人におすすめです。

思いも寄らない企業や、高ポジションのスカウトが期待できます。いますぐに転職をする気でなくとも、試しに登録してみるというのもありでしょう。

ビズリーチ」の求人は、約1/3が年収1,000万円超え。全体的に高収入な求人が多く、8割以上がスカウトからの転職者です。登録して待つだけですので効率的で成功率の高い転職活動が魅力。45歳未満、年収750万円以上の人はぜひ登録していただきたいです。

8割以上がスカウトからの転職者!

 

転職活動は『転職エージェント』を利用しよう!

転職活動って自分一人では厳しいです。在職しながらなので仕事以外の時間って意外と限られるし、転職先の情報を集めるだけで大変です。

そんな転職希望者を手厚くサポートしてくれるのが『転職エージェント』です。

転職先探し、応募書類の添削サポート、面接サポート、条件交渉など時間のかかる活動を手助けしてくれます。それで、利用は無料です!

なにより『転職エージェント』の利点は『非公開求人』を紹介してくれることです。非公開求人は条件がいい求人が多く、それだけでも『転職エージェント』を利用する価値があるくらいです。

>>年収アップには転職エージェントをフル活用し、『非公開求人を狙う』

『転職エージェント』を利用しないなんて、損なくらいです!

 

まとめ

30代で年収300~400万円、毎月の手取り20万~はきついです!

 

将来に向けて収入アップを狙うなら、ホワイト企業への転職をおすすめします!在職しつつ『転職エージェント』を利用すれば3ヶ月ほどで転職することができるはずです。

転職エージェントを利用するメリットは、転職先探し、応募書類の添削サポート、面接サポート、条件交渉など時間のかかる活動を手助けしてくれます。それで、利用は無料です!

『転職エージェント』利用の最大のメリットは『非公開求人』です。非公開求人は条件がいい求人が多いのです。

転職で収入アップを狙うなら、『転職エージェント』は必須です。

今月の人気転職エージェントランキング

それではまた。

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

 

仕事

Posted by cosm