【50代前半・転職】年収の現実と成功のコツ!転職エージェントの活用がおすすめ!

11/24/2020

50代前半だけど転職を考えてる・・・

50代前半になっての転職って厳しいって聞くけど~、事情があっての転職なのでなんとかしたい。だれか50代前半の転職事情を教えてほしい。

定年もそう遠くないな~。

 

この記事では、50代前半になると転職が難しいと言われる理由と、転職を成功させる方法、転職のリスクを紹介します。

こんな人に向けて書いています。

  • 50代前半、転職したいけど悩んでる人
  • 転職ができるのか、成功した人がいるのか知りたい人
  • みんなどうしてるのかな?

 

記事をしっかり読むと、50代前半で転職に成功する方法がはっきり理解できます。

 

40代後半の人はこちらをみてくださいね!

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

50代前半の転職がむずかしい理由

50代前半ともなると仕事のキャリアも折り返しを過ぎてゴールのほうが近くなっているはず、ここで転職となるとハードルも高くなります。

50代前半の転職ハードル

  • 定年までの年数が短い
  • 人件費が高い
  • 柔軟性がなく扱いにくい

企業側からみたら、50代の人を採用する積極的な理由なんてありません!

世の中若い人がたくさんいるし、本当は若い人を採用したい。

でも、若い人に不人気な職種だったり特殊スキルや資格が必要な場合だと50代でも採用されます。

 

定年までの年数が短い

定年退職が60歳なら転職先で働ける期間は10年以下になります。

採用する企業側も数年で辞めることがわかっている人なので敬遠するのが普通です。

残念ながら、内容が良くても年齢だけはどうにもならないということ現実があります。

 

人件費が高い

50代前半ともなると、仕事のキャリアも長くそれに伴って年収も高額になっていることでしょう。

全員が高給なはずもありませんが、イメージ的にはそこそこの年収と思われます。

 

そうなると、特殊なスキルや資格での採用でないかぎり、もっと若手を採用したほうが安くつくので50代前半を積極的にに採用する理由はなくなります。

高い年収で雇う必要がないなら、採用しませんよね!

 

柔軟性がなく扱いにくい

50代前半の人が転職で自分の職場に入ってくるって聞いてどう思いますか?

  • なんで50代の人なんか採用するの?
  • なんか扱いにくいな。
  • 新しい仕事を覚えられるのかな?
  • 前職で使えないから転職してくるの?
  • 人間関係?

若い人が転職して来るのと違って拒絶反応がどうしても先にきます。

こんなことからも50代前半の転職は敬遠されがちなのが実情です!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

50代前半で転職に失敗しやすい人とは?

ここまでの内容から、『50代前半で転職に失敗しやすい人』が想定できます。

 

50代前半で失敗しやすい人

  • 考えに柔軟性がなく、自分のスタイルを押し通そうとする
  • 前職の年収にこだわっている
  • 体力や気力が低下している
  • 仕事のキャリアからくるプライドが扱いにくさに

上記のようなことが面接で感じ取られると、まず採用は無理!

年代に関係なく、会社に馴染める人を採用するのが企業です。

 

50代前半の転職を成功させるポイント

ここからは、50代前半の転職を成功させるポイントを紹介します。

活躍できることをアピール!

50代前半の人件費は高くなりがちなので敬遠される説明をしましたが、それに見合う活躍ができれば可能性があります。

職務経歴書と面接で、志望先企業で役に立つ専門スキルや資格をアピールできれば可能性がでてきます。

 

そのためには、自分の強みをリストアップし、志望先を決めるところから始めるといいですね!

 

50代前半は、履歴書・職務経歴書でアピールしないと!下の記事を参考にすれば完璧な書き方とマナーはOK!

 

面接では、『柔軟性あり』をアピール!

50代前半が敬遠される理由の一つである『柔軟性』を面接でアピールするのも必要!

新しい仕事を何度も経験し、すぐに対応できるようになった実績があれば説明できます。

新しい部署に移動してからの対応の速さや、もアピールポイントですね。

 

スキルを活かせる職場に応募する

もしも、自分が高度な専門スキルや資格を持っているなら、それを活かせる企業や職場があるところに応募することで転職が成功する可能性がグッとアップします。

そのためには、自分の得意とするスキル・資格をリストアップし、マッチしそうな求人を探します。

 

特殊なスキルや資格がない場合は、管理職の経験を活かせる求人を探します。年代的には、管理職のスキルが求められるはず。

 

年収ダウンを受け入れる

年収にこだわりすぎると、良い求人が見つかりにくい。

大企業の50代前半だと、それなりの年収になっていることから、転職先でも同程度の年収を希望しがち。

そうなると、同程度の大企業しか年収条件が折り合わず、転職先の企業数が極端に少なくなってしまいます。

 

日本は中小企業が多いのです!

妥協しないと、良い求人にめぐりあうことがないでしょう!

生活できる年収の現実的なレベルまで妥協することも視野に入れて転職先を探すと成功する確率がアップします。

 

転職エージェントを活用

転職活動は『転職エージェント』を活用しましょう!

自分の力だけで活動するのは無理があります。

今では、50代に限らず転職エージェントを利用するのが普通ですし、利点も多いです。

無料ですし、履歴書・職務経歴書の添削、求人探し、面接のセットアップ、面接指南、給料交渉までやってもらえます。

 

少しでも有利に転職をするには、『転職エージェント』の利用は欠かせないです!下の記事で選び方のコツとうまく使う方法を解説してます。

 

※転職エージェント選びに役立つ記事リンク

業種 役立つ記事リンク
IT・WEB IT業界向けおすすめ転職エージェント
女性 女性におすすめの転職エージェント
女性(アパレル・専門職) 女性におすすめの転職エージェント(アパレル・専門職)
介護 介護業界向けおすすめ転職エージェント
看護師 看護師向けおすすめ転職エージェント
キャリア別 キャリア別おすすめ転職エージェント

 

ライバル会社への転職もあり

実は、ライバル会社へ転職するのも『おいしい選択』です。

今の会社で不当な扱いを受けているような場合なら、ライバル会社に移ることも心の痛みは無いはず。

ライバル会社なら、今までのスキルや経験・知識がそのまま役立ちますので、『即戦力』として積極的に採用される可能性があります。

実際、このパターンは多いんです!

 

50代前半も転職できる!

ここまで読み進めていただきありがとうございます。

50代前半の転職事情は分かってもらえたでしょうか?

厳しいけど、転職はできます!

50代前半なんてもう転職は無理って思っていたかもですが、そんなことはなくこの記事で書いた『50代前半の転職を成功させるポイント』を参考にしていただければ十分可能です。

チャレンジしてみてくださいね!

 

年齢が上がるほど転職は厳しくなるのが現実です。下の記事で50代の限界説も解説。

 

50代前半なら、比較的ラクな仕事を選ぶのもいいかも?

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm