【面接後のお礼メールは送らない?】面接突破の可能性を上げるために送る!

面接後お礼メールって送るの~

面接してもらえることになったけど、面接後って『お礼メール』を送ったほうがいいのかな?送るとマナーがいいって思われるって聞いたけど・・・どうしたらいいのか、だれか教えてほしい~。

送らないとマズイのかな~

 

この記事では、面接後のお礼メールは送ったほうがいいのか?わかりやすく解説します。例文もあるので参考にしてくださいね!

こんな人に向けて書いています。

  • 面接後のお礼メールって必要?って悩んでる人
  • お礼メールって、どんな文面でかけばいいの?
  • みんなどうしてるのかな?

最後まで読むと、面接後のお礼メールの必要性と書き方がすっきりわかります。

 

履歴書は下のページでダウンロードできます!

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

『履歴書』の各項目の書き方 合わせて読みたい

 

履歴書・ダウンロード

履歴書の送付状・添え状ダウンロード・封筒の書き方

求人応募メールの書き方

履歴書 各欄の書き方

履歴書の書き方・退職と退社の違い

履歴書の証明写真、職務経歴書、注意ポイント

証明写真の撮り方

履歴書のサイズ・手書き?パソコン?

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書・職務経歴書の書き方完全まとめ!

面接後のお礼メールは送らなくてもマナー違反にならない

面接をしてもらった後、お礼のメールを送信するって聞いたけど本当なの?

基本、送らなくてもOK。

送らなくてもマナー違反じゃないです。

送っても読まれない可能性のほうが高いし、企業側の採用担当者も期待していないのが実情。

 

それでも、お礼メールを送るメリットがある

マナーだからとか、マナー違反じゃないから送らないとか、そもそも目的を勘違いしている!!

マナーなんて関係なし、お礼メールの目的は『面接突破の可能性を上げるため』に送るんです。

お礼メールを送るメリット

  • 採用担当者への印象アップ
  • 採用担当者の好感度アップ
  • 自分の熱意を伝えられる
  • 選考の最後の決め手になる

大企業だと、お礼メールもたくさん来るので処理自体が採用担当者にとって面倒なくらいですが、中小企業だとそんなことなく、採用担当への印象アップに役だつ可能性があります。

同じ条件で2人から選ぶような時に、お礼メールのありなしが『熱意の伝わり方』などに影響するかもしれません。

 

ですので、採用してもらいたいと思うなら『お礼メール』を送らない理由はないです。

ただし、ありきたりの『お礼メール』なら送らないほうがいいかも!

 

面接後のお礼メールは当日に送信

面接後の『お礼メール』は当日に送るのが効果的。

次の日だと採用の選考後になってしまう可能性があるからです。

採用・不採用は、面接日か翌日に決まることが多く、決まってからお礼が届いても無意味になるんですね。

それと、面接から時間が立たないうちに『お礼メール』が届くと記憶が鮮明なうちに、さらに印象付けられるので効果的なんです。

時間が経ってしまうと記憶が薄れてしまい同じ『お礼メール』なのに効果が薄れます。

 

面接が終わったら、すぐに『お礼メール』を送るのが効果的!!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

    1. doda(デューダ)
      非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
      ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
       https://doda.jp/
       
    2. リクルートエージェント
      業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
      ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
       https://www.r-agent.com/
       
    3. マイナビエージェント
      大手で定番の転職エージェント
      ※約80%が非公開求人。20〜30代の転職サポートに強い!
       https://mynavi-agent.jp/
       
    4. ビズリーチ
      年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
      ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
       https://www.bizreach.jp/

面接後の『お礼メール』の代わりに電話はダメ

面接のお礼なんだから、メールじゃなく直接電話で伝えたほうが効果があるのかな?

こんなふうに思いますが・・・

 

採用担当者としては、時間も取られますし『ウザい』と感じてしまうかも!

なので、面接のお礼は必ずメールにとどめておきましょう。

 

面接後の『お礼メール』の書き方

ここからは、実際のお礼メールの書き方を説明していきます。

件名から内容がわかるようにする

件名例1:本日の面接のお礼(XX大学 坂東太郎)

件名例2:〇月〇日の採用面接のお礼 坂東太郎

面接のお礼メールで、誰からということがすぐにわかります。

採用担当者は1日に何百通単位のメールを受け取っていることもあるので埋もれないようにわかりやすくします。

 

署名や担当者の名前を必ず記載

メールの最初に宛先として担当者の会社名、部署名、担当者名を記入します。

メールの最後には、送り主である自分の署名を記入します。

 

担当者の名前例:

〇〇株式会社
人事部〇〇様{担当者の名前が不明な場合「採用ご担当者様」}

 

署名の例:

――――――――――――――――――
坂東 太郎(バンドウ タロウ)
〒111-2222 〇〇県〇〇市〇〇1-2-34
Tel:1234-5678-0000
メール:bandou12@efghi.com
――――――――――――――――――

 

返信不要を伝える

『お礼メール』には、返信が不要であることを付け加えておきます。

そうすれば、採用担当者に負担をかけることもなく、好印象です。

 

パソコンで作成する

パソコンで作成して、パソコンから送る。

  • スマホだと、改行のバランスがきれいにならないことが多く見づらい。
  • 携帯のアドレスだと受け取り側の設定などで届かないことが多い。
  • スマホにありがちな自動署名が入ったりする。

などの理由で、パソコンで書いてパソコンから送れば『ビジネス文書』的になる。

 

採用担当者のアドレスに送る

『お礼メール』の宛先メールアドレスは採用担当者のものにする。

面接で名刺がもらえれば、名前とともにメールアドレスが書いてあります。

わからなければ、企業のホームページの採用窓口などに載っているアドレスを使います。

 

面接後のお礼メール 例文

例文があるとゼロから作成するよりサクッとできます。この例文を参考に、自分用にアレンジしてくださいね!

『お礼メール』の例文
件名:
〇月〇日の採用面接のお礼 〇〇 〇〇{自分のフルネーム}

 

本文:
〇〇株式会社
人事部 〇〇様{担当者の名前が不明な場合「採用ご担当者様」}

 

〇〇 〇〇{自分の名前}と申します。

 

本日はご多忙の中、面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。

 

〇〇様のお話を伺う中で、貴社のサービスや社員満足度が高い理由、社会に広く役立つサービスを提供されていることを理解でき、より貴社で仕事をしたいという気持ちが強くなりました。

 

前職で培った〇〇の経験とスキルを活かし、貴社の成長の一端を担えれば幸いに存じます。

 

ご多忙と存じますので、返信には及びません。
末筆ながら、面接のお礼を申し上げますとともに、貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。

 

――――――――――――――――――
坂東 太郎(バンドウ タロウ)
〒111-2222 〇〇県〇〇市〇〇1-2-34
Tel:1234-5678-0000
メール:bandou12@efghi.com
――――――――――――――――――

 

面接後の『お礼メール』が効果を発揮する可能性あり!

面接後の『お礼メール』は送らなくてもマナー違反ではない。

でも送ることをおすすめします。

送らない人がいるのなら、なおさら送ったほうが勝つ可能性が増える!

 

しっかりした文面で丁寧な表現、誤字脱字なし。

そんな『お礼メール』を面接後すぐに送信しましょう。

 

求人応募メールの書き方も『例文付き』で解説してます。

今月の人気転職エージェントランキング

 

    1. doda(デューダ)
      非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
      ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
       https://doda.jp/
       
    2. リクルートエージェント
      業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
      ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
       https://www.r-agent.com/
       
    3. マイナビエージェント
      大手で定番の転職エージェント
      ※約80%が非公開求人。20〜30代の転職サポートに強い!
       https://mynavi-agent.jp/
       
    4. ビズリーチ
      年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
      ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
       https://www.bizreach.jp/

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm