薬剤師の転職タイミングって?年齢や求人が多いベストな時期とは?

薬剤師転職するときのタイミングって・・・

薬剤師で転職したいけど、どんな年齢、時期がベストなんだろう?どうせなら一番オトクに転職したいな~。 どうすればいいのか教えてほしい。

タイミングって重要~

 

この記事は、薬剤師が転職するのにベストなタイミングを紹介します。これから転職しようとしている人はちゃんと読まないと損するかも。

こんな人に向けて書いています。

  • 薬剤師で、これから転職しようとしている人
  • 薬剤師のお得な転職時期を知りたい人
  • 今すぐ転職はしないけど、損しない方法を知っておきたい

最後まで読むと、薬剤師が転職するときのベストタイミングがわかり、損な転職を避けられます。

 


今月の『転職支援サービス』申込数ランキング

  1. ファルマスタッフ
    東証一部上場の日本調剤グループによる運営による転職支援
     https://www.38-8931.com/
  2. お仕事ラボ
    創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポート
     https://www.oshigoto-lab.com/
  3. 薬剤師転職ドットコム
    東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
     https://www.ph-10.com/

薬剤師のベストな転職時期とおすすめタイミングとは?

これから、薬剤師のベストな転職時期を紹介しま~す!

お得なタイミングって確かにある。

「転職したい」と思った時がベスト! 繁忙期の転職はなるべく避ける

「転職したい」と思った時がベスト!って考えてもOK。

なぜなら、転職したいってことは今の職場を離れて違う環境に移りたいっていうことです。そう思っているのに求人が多くなる時期まで待つってちょっと辛くないですか?

転職活動をして内定がもらえるまで3~6ヶ月くらいかかることを考えると、それまでは今の職場で働きつつ転職活動をすることになります。それだけでも長いのに、いい時期まで待つとなるとプラスして数ヶ月、今の職場で我慢することになります。

だからといって早く抜け出したい~、の気持ちだけを優先して急いで転職先を決めるのはおすすめできません!

 

転職活動は早めにスタートし、転職活動はじっくり慎重に!

 

✅円満退社をするためには、繁忙期の転職はなるべく避ける。

繁忙期の退職は言い出すのも気が引けますが、なにより忙しい中退職を伝えてることで、退職までの手続きがスムーズに進まない可能性すらあります。

繁忙期であることから、しつこい引き止めや、へたをすると退職の書類が遅れることすら想定されます。

辞める会社ではありますが、スムーズに退職するためには繁忙期にかからないよう退職のタイミングをプランしましょう。

そうは言っても、自分優先ですよ! 繁忙期の退職ができないわけではありません!

 

求人が増える1~3月のタイミングに転職活動する! 

1~3月って、実は薬剤師だけでなく日本中の求人が増える時期なんです。『新年度の組織替え、定年退職者の補充、転職者の補充』が見込まれるからなんです。

4月からの新人研修に一緒に参加してもらえるので効率がよく、4月入社に合わせた求人が1~3月に増えます。

1~3月ほどではないですが、下半期10月入社に向け、7~9月も求人が増える傾向。

 

この時期は狙い目ですが、1~3月に求人数が増えることが知れ渡っているため、応募してくる求職者も増えるのが実情です。

そうなると、求人数も増えるけど応募数も増えるので思ったより有利ではないことも。

ですので、年に1回しかない時期を待つより転職したいって思った時に転職活動を始めるのが結果的に良かったりします。

 

ボーナス貰い逃げ『7月、1月』 ボーナス支給後に転職する際の注意点

一般的なボーナス支給時期は6月と12月の年2回が多いです。

ボーナスもらった次の月に退職するケースが多いのです!

実際、6月10日に支給されるのなら、その数週間後に退職届を出す。支給日の翌日でもいいけど露骨すぎな感じになります。

 

もちろん転職先が決まっている状態にしておくのがベスト。ですのでボーナス支給日を考えつつ3~6ヶ月前から転職活動スタートさせておきましょう。

 

退職してから転職活動する場合、空白期間が長くならないように転職!

退職する時に転職先が決まっているように転職活動を進めておくのがベストです。

でも、退職してから転職活動をしてもOKです。

 

その場合は、あまり空白期間が長くならないうちに転職活動を始めたほうがいいです。

しばらくゆっくりしてから~ってなりがちだし、こんなチャンス滅多にないので長期海外旅行でもって思いますよね!

いざ転職活動を始めてみると、面接官に『この空白期間は何をされていたんですか?』って必ず質問されます。

なるほどって思われるような説明ができるといいのですが、『なんとなくゆっくり』とか『転職活動が長引いて・・・』とか答えると良い印象になりません。

『本当に仕事がしっかりデキる人なのかな?、なかなか採用されないから転職活動が長引いていたのかな?』なんて勘ぐられます。

 

それと、退職してからの転職活動は焦りがちです!

失業保険が支給されますが、期限もありどうしても焦りが生じてきます。

結果、不安になってじっくり転職活動ができず妥協した転職先を選ぶことになりがち!

 

結婚を予定しているなら1年前に転職しておく!

結婚する予定があるなら、転職は1年前がおすすめです。

特に女性は結婚を機会に転職するケースが多いかもですが、できれば1年前に転職しておくといいです。

 

結婚すると産休・育休を取得する可能性が高いので、入社してすぐに休みに入られたのでは困るので採用されにくい傾向。

そんなことから、独身のうちに転職するほうが採用に少し有利。

 

それと、

育休の条件⇒『入社から1年以上』のような条件がある場合が多い。

 

なので、早めに転職して会社にそれなりに貢献しておくと産休・育休も取りやすいです。

 

結婚を予定しているならどんなタイミングで転職するのがベストなのか?すっきりわかります。

 

薬剤師のベストな転職年齢のタイミングとは?

ここからは、薬剤師の転職年齢について説明します。

ベストな年齢もあるけど、どんな年齢でも転職できる強みがあるのが薬剤師です!

第二新卒、薬剤師歴1年~2年は転職が有利に! ベストな転職年齢は27~35歳くらいまで

第二新卒とは?

一般的に「新卒で入社して3年未満の求職者」のことを指すことが一般的です。

薬剤師なら、1~2年の経験がある若手なら採用されやすいです。

企業が薬剤師の中途採用に求めるのは、若手で調剤経験があり・社会経験がある人です。

 

そんな人なら、社会人としての新人教育の費用もかかりませんし、若いので新しい環境になれるのも早く、伸びしろも多いので歓迎されます。

 

✅ベストな転職年齢は27~35歳くらいまで

このくらいの年齢であれば、調剤薬局⇔病院へや、製薬企業⇔ドラッグストアなど、薬剤師として業態の違う職場への転職も比較的しやすいです。

ベストな転職年齢になります。

 

40代、50代だと薬剤師の転職時期としては遅いの?

ベストな転職年齢は27~35歳くらいまで。

ですが、薬剤師は地域によっては人手不足ぎみな状況。

一般の職種で40~50代の転職となると厳しいのが実情ですが、薬剤師は全く違います!

 

40~50代だからといって薬剤師が年齢で転職に苦労することは少ないはず。転職したいと思えばいつでもできる強みがあります

 

薬剤師の転職タイミングと年齢以外に注意が必要なこと!

転職活動はじっくり焦らず!転職まで3~6ヶ月かけると成功しやすい

転職しようと決めたら転職活動のスタートは早めに!

『転職エージェントに複数登録する』、『転職したい希望会社の情報収集』をまず始めましょう。

 

とにかく転職~って、焦ったりすると自分の気持とミスマッチして後悔する可能性が高くなります。

本当に転職したいのか?自分に問いかけてみましょう!

 

『転職したい』って思ったら、下の記事を参考に転職活動すべきか、もう一度考えてみよう!

 

退職を伝えてから退職までには2週間~2ヶ月くらい必要!

労働基準法では退職を伝えてから退職までは最低2週間となっています。

ですが、円満退社のためには就業規則を守るべきです。

職場の就業規則により多少差がありますが、基本1~2ヶ月が普通です。転職を考えたらすぐに就業規則を確認しておきましょう!

 

退職を伝えるのは転職先が決まってからのほうがいいので、転職活動は働きつつ活動します。

転職先が決まったらギリギリにならないように早めに退職を伝えましょう。引き止められたりしたら転職先への入社が遅れることも考えられます。しつこく引き止められたら最悪『退職代行サービス』を利用することも考えましょう!

退職代行サービスの利用方法

 

まとめ、薬剤師のベストな転職タイミング!

薬剤師のベストな転職タイミングって、実はそれぞれ状況が違うからすべての薬剤師が同じではないです。ですが、有利なタイミングってあります。

  • 求人が多くなる1~3月
  • ボーナス後の7月、1月

求人が多い時期なら選択肢も多くなりますし、ボーナスを満額もらってからのほうが得ですよね!

実際には、転職したいと思ったらすぐに転職活動を始めるのがベストです。求人は毎日状況が変わります、早いもの勝ちなのが実情。なので転職活動は待つ必要なし!

転職を考えたら、まず転職エージェントに登録して相談することをおすすめします。その際、薬剤師に特化した転職エージェントを選ぶことが大切になります。

薬剤師に特化した転職エージェント

リクナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

今月の『転職支援サービス』申込数ランキング

  1. ファルマスタッフ
    東証一部上場の日本調剤グループによる運営による転職支援
     https://www.38-8931.com/
  2. お仕事ラボ
    創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポート
     https://www.oshigoto-lab.com/
  3. 薬剤師転職ドットコム
    東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
     https://www.ph-10.com/

仕事

Posted by cosm