【第二新卒・転職】大手の求人があるサイト/エージェント【非公開を狙え】

07/05/2020

就職して3年未満で転職しようとしているので第二新卒になるのかな。

「働いてるけど、新卒の時、志望企業に就職出来なかったんです」社会経験を少しだけどしたので違うチャンスがあるんじゃないかな?大手の企業に入りたい希望は今でも持っているので、本当に使えるおすすめの転職サイト/エージェントを教えてほしいな。

気がかりですよね。

 

この記事では、20代の転職に本当に使える転職エージェントをお伝えします。

この記事がおすすめな人

 

  • 20代、第二新卒向けの使えるエージェントを探している
  • 20代のうちに将来に向けて大手の企業に転職したい
  • 転職エージェントをうまく使うコツを知りたい

記事を読み終わると、自分のライフプランを実現するのに最適な転職エージェントが見つかるはずです!!
ゆっくりと御覧ください。

 

大手に転職を考える

大手に転職を考える理由は

  • 給料
  • 新卒の時、志望企業に就職出来なかった
  • 働き方

が多い。

給料:
先輩や中間管理職の給料事情を知る機会があると、このまま自分も歳を重ねていくと同じ状況になることが予想され希望が持てなくなることがあります。

新卒の時、志望企業に就職出来なかった:
働いているけど、納得できてない。このままずっと気持ちが変わらないなら辛い。今の仕事で満足できてないこともあり、他の仕事がしてみたい。人生を左右するのでもう一度探してみたい。

働き方:

入社してみたら、思っていたような会社ではなかった。大手なら普通のことがぜんぜん出来ていない。

自分の努力で変えられるならいいけど、このままでは夢が持てない。

 

こんなときは、転職を考えるのがいいでしょう。

 

第二新卒が大手に就職するのに重要なこと3つ

大手に入社するには次の3つをアピール出来るようにしておきます。

  • 辞めない理由
  • 人柄がいいことが大切
  • ポテンシャルとスキル

辞めない理由

転職理由は必ず聞かれます。聞く理由は「そんな理由で辞めるんだったら、うちに入ってもまた辞めるんじゃないか」ということを確認したいためです。

なぜなら、すでに1社目を辞める実績があるから「ある意味前科がある人」なんです。

大手なら、入社後、教育するために「人・物・時間・金」を投入すわけですから辞めない人を求めているわけです。

なので、納得できる「辞めない理由」をアピールしないと採用されません。

 

人柄がいいことが大切

意外と見落とされがちなのが、人柄(ひとがら)です。

会社は組織で、人間と人間のコミュニケーションで仕事をします。

採用する・しないの分かれ道が、「人柄がいい」で決まることが多いのです。
他の項目で問題なくてどうしようか?ってなったときに大きな影響を与えるのが「人柄」です。

人柄って難しいですよね。「人がいい」というのとも違います。

言葉で説明するのは難しいですが、誰もが感じる人の評価なんです。

「物腰(ものごし)」や「品格」だったり、「受け答え」や「態度」から人が感じるもので、組織に入ってやっていけるか、問題を起こすような人物でないかなどを印象づけます。

 

ポテンシャルとスキル

2つあり

  • ポテンシャル:これから成長して成果を上げる人材である
  • スキル:企業規模や職種が変わっても活かせる汎用的なスキル

ポテンシャルとスキルをアピールします。

新卒と違い「第二新卒なので、まだあまり出来ません」では採用されません。

少ない年月ではありますが、振り返って経験した中から伸ばせることについてアピールすべきです。

 

転職エージェントをフル活用し「非公開求人を狙う」

「非公開求人を狙う」、エージェントを利用する理由です。

自分だけで転職活動しても「非公開求人」にはめぐりあえません!!

 

非公開求人

大手企業は名前を出して募集しにくい。
「好条件で求人」を出していることを、職場で働いている社員に知られたくない

「非公開の求人」がある理由です。

「転職エージェント」に登録して「非公開の求人を狙う」ことこそが希望する企業に転職が成功する方法です。

「非公開の求人」は転職エージェントごと持っている案件が違うので、2~3の複数のエージェントに登録することをおすすめします。

 

 

20代、第二新卒(入社3年未満)におすすめ

入社3年未満の第二新卒と言われる20代におすすめなのが

 

入社3年未満や第二新卒向けの、初めて転職する人に向けのサポート体制がしっかりしているエージェントです。

ひとつずつ説明します。

 

第二新卒エージェントneo

公式サイト⇒第二新卒エージェントneo

こんな人におすすめ:

  • しっかりサポートしてくれるほうがいい(平均サポート時間8時間/一人あたり)
  • 書類添削や模擬面接のサポートも欲しい
  • 紹介する企業は第二新卒エージェントが実際に訪問し、オススメできる企業のみ

※18~29歳までの就職/転職支援実績22,500人

第二新卒エージェントneoに相談してみる

 

ウズキャリ既卒

公式サイト⇒ウズキャリ既卒

こんな人におすすめ:

  • 入社3年未満や第二新卒の転職
  • 求職者の希望を尊重(カウンセラーが全員、元既卒/第二新卒だから安心)
  • ブラック企業は絶対に避けたい(ブラック企業は判定して除外してある)

※内定率86%、就職後の定着率93%の実績!

ウズキャリ既卒に相談してみる

 

リクらく

公式サイト⇒リクらく

こんな人におすすめ:

  • 東京・神奈川・千葉・埼玉の会社に就職したい人
  • エージェントが実際に訪問した職場のみを紹介しているので安心
  • 内定後のアフターサービスが良い、入社後の相談もOK!

※内定率90%以上、求職者のカウンセリング実績は20,000人以上

リクらくに相談してみる

 

まとめ:20代、第二新卒(入社3年未満)におすすめ

第二新卒エージェントneo

転職支援実績22,500人
公式⇒第二新卒エージェントneo

 

ウズキャリ既卒
内定率86%、就職後の定着率93%の実績!
公式⇒ウズキャリ既卒

 

リクらく
内定率90%以上、求職者のカウンセリング実績は20,000人以上
公式⇒リクらく

 

どちらも良さそう。
もし、どうしても迷ったら、『第二新卒エージェントneo』にまず登録してみてくださいね!

 

 

20代、すべての人におすすめの転職エージェントは?

20代で転職を考えている人の全員が登録しておきたい有名なエージェントです。

大手の求人数も多く、選ぶのに困るくらいです!

 

 

ここから、20代、すべての人におすすめの転職エージェントをひとつづつご紹介していきます

doda(デューダって読みます)

公式サイト⇒doda

こんな人におすすめ:

  • 幅広い職種の求人から選びたい人、大手企業の求人数が多い
  • 未経験からキャリアチェンジをしたい人
  • 転職フェアやイベントに参加してみたい人

※非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり

dodaで無料相談してみる

 

マイナビジョブ20's

公式サイト⇒マイナビジョブ20's

こんな人におすすめ:

  • 20代に特化していて、求人も20代ばかりがいい
  • アドバイザーも20代むけに特化しているのがいい
  • 応募書類や面接のサポートも20代向けがほしい

※年間45,000人以上の登録と1,500件以上の20代向け求人数

マイナビジョブ20'sに相談してみる

 

リクルートエージェント

公式サイト⇒リクルートエージェント

こんな人におすすめ:

  • 幅広い職種の求人から選びたい人、大手企業の求人数が多い
  • 国内トップクラスの転職支援の実績ノウハウがほしい
  • アドバイザーの企業への交渉力が強いのがいい

※業界No.1の20万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績

リクルートエージェントに相談してみる

 

まとめ:20代、すべての人におすすめの転職エージェント

『doda』
非公開求人が豊富
公式⇒doda

 

『マイナビジョブ20's』
20代に特化した転職支援
公式⇒マイナビジョブ20's

 

『リクルートエージェント』
求人数業界No.1
公式⇒リクルートエージェント

 

どれも良さそう。

もし、どうしても迷ったら、『doda』にまず登録してみてくださいね!

 

 

20代の転職はエージェントを使うと有利

20代の転職にエージェントを使うと有利になる理由。
転職エージェントの利用は全て無料です。

 

  • 時間がかかることをサポートしてくれるので、働きつつ転職活動が可能になる
  • 担当者が付いて段取りや企業との交渉も行ってくれる

 

転職活動には時間がかかります。働きつつ、いくつもの企業を一つ一つ訪問するような活動は不可能です。転職エージェントを使えば「希望と条件」に合った企業に無駄なくアクセスできるので効率的です。

転職エージェントのアドバイザーは

 

  • 企業求人の紹介、書類作成、面接対策までサポートしてくれます
  • 独自の情報網により、非公開の求人案件を持っています
  • 転職に関する段取り、給料の交渉も、企業と交渉してくれます

時間を必要とすることを代行してくれるので働きながらでも転職活動が進められます。

 

給料アップのコツ(かなり効果的)

エージェントの担当者に、希望する給料を伝える時、少し無理と思えるくらいの高めの数字を伝えましょう。
そこそこの希望では、そこそこのものしか探してくれません。

 

働きつつ転職活動をする

「転職すると決めたから、辞めて活動しよう」というのは危険です。

なぜなら、辞めてからだと気持ちに余裕がなくなるからです。
辞めて失業保険を受給しながらの転職活動って、追い詰められる感じになります。

働きつつ活動するのがおすすめです!!

 

『働きつつ転職活動』の利点

  • ゆっくり、じっくり選べる(これ大切です)
  • 時間が限られてないので複数エージェントの非公開求人を探せる
  • いい案件がなければ期間をおいて次のチャンスを待てる

精神的にまいっている、体が不調なら「辞めてから」ですが、それ以外なら在職のまま転職活動をしましょう。

 

エージェントの担当者をうまく使うコツ

エージェントの担当者とはこまめにコミュニケーションを取り合い、自分に注目させ続ける!

連絡の間が空いてしまうと、なぜか求人を紹介されなくなってしまいます。

 

  • 他で内定決まったので連絡が来なくなった
  • 転職する気が薄れてしまったのかな

こんなふうに担当者が感じてしまうからなんです。

エージェントの担当者は、あなたを含めて何人もの転職希望者を担当しています。
転職エージェントとしては転職してくれないと利益になりませんので、転職する意思がある人に時間をかけます。

 

なので、本気で転職を考えていることをエージェントのアドバイザーに伝えるために、こまめにコミュニケーションを取りましょう。

 

辞めさせてもらえない

退職することを伝え、退職願いもちゃんと出したのに、辞めさせてくれない。

意外ですが、こんなことが本当にあります。

 

「慰留ハラスメント」とも呼ばれます。

上司で止まっているパターンが多いです。

 

催促しても進まなくて自分ではどうにもならなくなって時間だけが過ぎて行きます。最悪なのは、転職先の出社日が迫ってきているのに退職できないような場合です。

そんなときは「退職代行サービス」を使うべき。

心が折れて体調を崩したら損ですので
退職代行サービスを使ってみましょう。

  • ブラック企業
  • いつまでも辞めさせてもらえなず、時間がないとき
  • 精神的にまいって心が折れそうなとき

 

もしも辞めさせてくれないなら退職代行サービスを

 

まとめ :

 

おすすめの転職方法

「複数の転職エージェントに登録し、アドバイザーをうまく活用して転職を成功させましょう」

転職エージェントを使う上で、一つ注意点があります。

 

転職エージェントの担当者と相性が良くなかったり、「あなたの希望を無視して、なんでもいいから早く転職させよう」とするような人に運悪くあたった場合です。

そんな担当者は、一部だけなんですけど。

 

すぐに担当者をチェンジしてもらいましょう。チェンジ出来ないなら、他のエージェントにしましょう。我慢する必要なんてまったくありません。

嫌な思いをする必要ないです。

 

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm