残業は月45時間上限!働き方改革と労働基準法と36協定の関係とは?

09/02/2020

残業時間っていったいどうなってるの・・・

「仕事ちゃんとしてるけど残業になっちゃう、周りのみんなも同じだから仕事量多すぎ!残業ありきの仕事ってどうなってるの?やってらんない。」

悩める~

 

この記事では、「残業時間の上限」について「労働基準法」「36協定」「働き方改革」でどうなってるか、をお伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • 長時間残業で悩んでる人
  • 残業時間の上限ってどうなってるんだ?
  • 働き方改革で残業時間の上限はどうなった?

最後まで読むと、「残業時間の上限」のしくみがスッキリわかります!

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

労働時間の上限を決めているのが労働基準法

仕事をする上で知っておきたいのが、労働基準法第32条です。

 

  • 休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
  • 休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。

※特例があり、常時10人未満の、商業、映画・演劇業、保健衛生業、接客娯楽業では、1週44時間に緩和されています。 ただし、1日8時間の労働時間とする原則は変わりません。

 

これが基本にあるから、オフィスワークなどで、一日8時間、週5日勤務で40時間の会社が多いんですね。

罰則があり、守らないと「6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金」の処せられる可能性があります。

 

ちょっと待って!それじゃ残業はぜんぶ違法なの?って思いませんか?

このまま残業すると違法ですが、使用者と労働者の双方で協定を結び「時間外・休日労働に関する協定届」を労働基準監督署に届けておくと残業が違法じゃなくなります。

この「時間外・休日労働に関する協定届」を36協定といいます。(読み方:サブロク協定)

要は、労使(労働側と使う側)が話し合って残業することを納得して協定したから違法にならないよ!ってことです。

この協定の条件や取り決め方が労働基準法、第36条で決められているところから「36協定」と呼ばれます。

 

あれ、でも私そんな協定結んだ記憶ないけど残業している「これってヤバい?」って思うかもですが、労働組合や社員代表が協定を結んでいるから普通はだいじょうぶです。

 

36協定はだれが結ぶ

労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定となります。

 

なので、1日8時間、週40時間をちょっとでも超えて残業をするなら「36協定」を予め労働基準監督署に届けておかないとアウトです。

 

 

法定休日も知っておこう

最低でも週に1日か、4週に4回の休日を与えるという法律です。(労働基準法、第35条)

働き方改革の上限規制で超長時間残業による過労死がなくなる?

恐ろしいことに、「働き方改革」が施行されるまで残業の上限時間は法律的な拘束力はなかったんです。

2018年6月に可決された「働き方改革」で残業時間の上限規制の法律ができました。

大企業:2019年4月施行
中小企業:2020年4月施行

 

出典:厚生労働省 働き方改革特設サイト「時間外労働の上限規制」

 

「働き方改革施行後」

  • 原則:月45時間、年360時間が上限。
  • 繁忙期などの特別な事情(例外):月100時間未満、年720時間以内(複数月の場合平均80時間以内)、月45時間を超える残業が許されるのは年間6ヶ月まで。(月100時間未満には休日労働を含む)

超えたら違反。事業主に30万円以下の罰金または6ヶ月以下の懲役。

 

「働き方改革」で上限時間が罰則を伴う法律になったのはいいけど、例外だと月100時間上限って『月22日だとして1日4.5時間』ですよ!

労働者は辛いですね!

あとは、これをちゃんと守れるかどうかですね。仕事を家に持ち帰ったり、社外で仕事したりのようなサービス残業が横行しなければいいのですけど。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

時間外労働には「36協定」が必要!「働き方改革」との関係

使用者が、「一日8時間、週40時間」を超えて時間外労働をさせるには、「36協定」が必要。

そして、36協定も「働き方改革」の上限枠に入るようにしなければならなくなりました。

厚生労働省 時間外労働の上限規制 わかりやすい解説

 

働き方改革の上限規制の除外、または猶予がある

出典:厚生労働省 「働き方改革pdf」

自動車運転の業務:2024年4月1日
土木、建設などの建設業:2024年4月1日
病院で働く医師:2024年4月1日
新技術・新商品等の研究開発業務:時間外労働の上限規制は適用しません


「新技術・新商品等の研究開発業務」の業務を仕事としている人は辛そうですね。
スーパーマンじゃないのに。

まとめ:残業が多い人は36協定を確認すべき

残業時間が長いと思っている人は、今回の記事で上限があることがわかっていただけたでしょうか。

良い機会ですので、自分が働いている会社の36協定を確認してみるといいですよ!

しらないうちに労働基準法の違反をしているかも。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm