仕事の給料が低いなら辞めて転職して高くすべき【非公開求人を狙え】

給料低い(安い)ので転職を考えないと・・・。

「自分の給料も低いけど、先輩達を見ていると夢が持てないな。一度しかない人生だから、もう一度しっかり仕事を探してみたい」

気がかりですよね。

 

この記事では、低賃金で悩んでいるサラリーマンがどうしたらまともな給料にできるのか、お伝えします。

  • 給料が安いのは業界の問題かも?
  • エージェントをフル活用し、「未公開求人を狙う」
  • おすすめエージェント 給料アップはここに登録

記事を読み終わると、今気づいてよかったと思いますよ!だって給料が低いのはあなたの責任だけじゃないんですから。

 

『転職活動の準備』関連記事リンク 合わせて読みたい!

 

転職活動の準備 知っておくべきこと

転職する・しない判断

会社の良し・悪し見極め 人気記事

給料(年収)が低いのは業界の問題かも? 日本の『職業別、給料ランキング』

業界・職業ごとの給料ランキングは「民間給与実態統計調査」令和元年9月「国税庁 長官官房 企画課」の資料によると

出典:民間給与実態統計調査

(年収の高い順に並び替えています)

 

1年を通じて勤務した給与所得者の一人あたりの平均給与(給料・手当・ボーナス)で業種別で最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の759万円。最も低いのは「宿泊業・飲食サービス業」の251万円です。

 

業種の差だけで3倍もあります!

なので、どこの業種で働いているかで給料が決まってしまうのが実情です。

 

↓こんな順番

  1. 電気・ガス・熱供給・水道業
  2. 金融業・保険業
  3. 情報通信業(IT)
  4. 製造業
  5. 建設業
  6. 学術研究・技術サービス業
  7. 不動産・物品賃貸業
  8. 運送業・郵便業
  9. 複合サービス事業
  10. 医療・福祉
  11. 卸売業・小売業
  12. サービス業
  13. 農林水産・鉱業
  14. 宿泊業・飲食サービス業

 

これを見てあなたがもしも給料の低い業種・職業で働いているなら、なぜ給料が低いのか理解できると思います。

同時に、転職するしか給料(年収)を上げる方法がないことも理解できてしまいます。

今後を見据えると、IT業界がおすすめ。

 ⇒IT業界の志望動機は今後の将来性!転職するならどの職種なの?

 

IT転職に特化したエージェントはこちら

 

好きな仕事でもやりがいだけでは・・・ 『給料が低い旦那でいいの?』

好きな仕事で選んだ今の職種だとしても、この記事を見ているということは今の給料に満足してないということだと思います。

仕事は好きだから・・・というだけで続けられないです。
現実的に、仕事をする理由はお金を稼ぐこと。

やりがいだけで長く続けるのは厳しい!

 

お金があったほうがなにかと人生楽しいです。

  • 家もいいのが欲しい。
  • 結婚して楽しい人生にしたい。
  • 子供を育てるにはお金が必要。
  • 海外旅行だって行きたい。
  • 老後も余裕がほしい。

『給料が低い旦那だと寂しい思いをするかも・・・』稼いで楽しい人生にするため、仕事をするんです。
なので、給料アップしないと。

 

給料(年収)アップのための転職、辞めてから転職活動するのはダメですよ

「とりあえず辞めてから考えよう」っていうのはやめたほうがいいです。

なぜなら辞めてからだと余裕がなくなるから。
実際失業保険をもらいながら転職活動って、なんか追い詰められてる気になる。

 

在職のままで活動すれば

  • 焦らずゆっくり選ぶことができる(これ大切です)
  • 給料アップを目指すため、複数エージェントの非公開求人を探せる
  • その時期に最悪いいのがなければ次のチャンスを待てる
  • 給料が上がることを確認してからなので安心

ブラックかなんかで、身の危険を感じるような状態でなければ在職のまま転職活動をしましょう。

 

在職しながら転職先を探すメリットを詳しく解説!

 

今の給料(年収)が妥当(安い・平均・高い)なのかチェックする簡単な方法!『楽な仕事は低賃金が多い』

「年収診断ができるサイト」を使うと適正年収がすぐわかります。

自分の給料(年収)を(安い・平均・高い)客観的に知っておけば転職する必要があるのかわかります。

【年収査定】登録なしで適正年収が簡単にわかる!市場価値がまる見えに

今の職種、年収を入力するだけで結果が出ます。完全無料ですので試しておきましょう。

 

ドキドキするけど年収査定をやってみましょう!

 

仕事の給料(年収)が見合わないなら、転職エージェントには高めの希望を出しましょう。

在職しながら転職活動をするなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

自分ひとりで活動するには在職していることもあり、時間が限られてしまい思うように進みません。

それに、転職エージェントを利用すれば、アドバイザーが付き

  • 求人の紹介から応募書類作成・面接対策のフォローまでやってくれる
  • 今後のキャリアアップ、働き方のアドバイスを貰える
  • 独自の情報網を持っていることもあり、未公表の専門情報や最新傾向などでアドバイスしてくれる
  • 面接日程であったり、年収など、求人企業と交渉してくれる

時間のかかることを全部やってくれます。

 

アドバイザーに、給料(年収)の希望を伝える時は、ちょっと無理めの数字を出しておきましょう。
低く出しておくと、低いところしか探してくれませんので。

 

なぜ転職エージェントは複数登録が有利なのでしょう?下の記事で納得できます【必見!】

 

年収アップには転職エージェントをフル活用し、『非公開求人を狙う』

非公開求人を狙う」これがエージェントを利用するもう一つの理由です。

 

非公開求人

実は、これが重要!

企業は名前を出して募集しにくいのです。
人員が足りてないことを知られたくない。

今現在働いているスタッフに「好条件で求人」していることを知られたくない

これが転職エージェントに「非公開のおいしい求人」がある理由です。

転職するなら「転職エージェント」に登録して「非公開の求人を狙う」ことこそが給料(年収)アップが成功する方法なのです。

非公開の求人は転職エージェントごとに抱えている可能性があるので、2~3のエージェントに登録することをおすすめします。

今月の人気 転職エージェント ランキング

 

おすすめランキングと
 『年収は業種で決まる?を徹底解説!』
年収が低い理由を知りたい人は
 ぜひ御覧ください!

 

ハイクラスおすすめエージェント 給料(年収)アップはここに登録

ある程度の経験と実績がある人向けになります。

JAC Recruitment  国内大手、外資、ハイクラスに強い
レバテックエキスパート ITエキスパート、ハイクラスエンジニア 
ビズリーチ 管理職・グローバル人材向け

 

特化型おすすめエージェント 給料(年収)アップはここに登録

特化型は、その業界に強く、給料(年収)アップを目指せる可能性があります。

20代・ニート~第二新卒・若手特化 就職Shop 
30代/40代・管理職・ハイクラス JAC Recruitment 
ITエンジニア・デザイナー レバテックキャリア 
保育士特化 ほいく畑  
介護職特化 かいご畑  

 

きつい・忙しい人間関係が最悪なブラック企業で働いているなら

すぐに脱出しましょう。

パワハラや長時間労働がまかり通っていて、「他に代わりはいくらでもいる」みたいな暴言を吐かれて精神的に辛くなっている人が増えています。

 ⇒【社畜の特徴とブラック企業】洗脳されるか脱出!どちらを選ぶ?

こんな状況なら脱出するしかないです。

でも、日頃から怒鳴られたり、高圧的な態度でプレッシャーを受けているうち、恐怖が先に来て辞めたいと言えなくなってきます。

ブラック企業は、なにも言い出せないような雰囲気作りと罠(わな)を仕掛けているのが普通なんです。

 ⇒ブラック企業の見分け方

 

退職代行を使う。

自力で辞めるのが難しい時は、退職代行を使いましょう。

  • ブラック企業
  • 辞めさせてもらえない時
  • 精神的にまいってしまっているとき

退職のすべてを代行してくれ、自分で会社に行かなくても退職の交渉をしてくれるサービスです。使う人が増えてきているようです。

 

IT業界は平均給与3位ですよ! 仕事の給料(年収)が高いのでおすすめ

狙い目は『IT業界』⇒情報通信業ですので、業界としては3位です。

これから爆発的に伸びていくIT業界は、給料もいいのです。

 ⇒IT業界へ転職する最大のメリットはリスクヘッジ

 

小学生のプログラミング教育を必修にするほど近い将来のエンジニア不足が予想されています。

AIの進化で消えていく職種の人たちがIT業界になだれ込んでくるかもです。

今、給料の低い人はIT業界を目指すのがおすすめ。

IT業界に入るにはスキルや経験がないとダメって思っているかもですが、手順と流れを理解すれば異業種からでも文系でも目指せます!

 

その辺りを説明すると長くなりますので、まとめた記事を御覧ください。

 

まとめ:仕事の給料(年収)が低いなら辞めて転職して高くすべき【非公開求人を狙え】

※給料が低いのは業界の問題かも?
 ⇒業種で3倍の差も!!

※辞めてから転職活動するのはダメですよ
 ⇒在職で転職活動すべき、辞めてからだと焦るから

※今の給料が妥当なのかチェックする簡単な方法
 ⇒【年収査定】登録なしで適正年収が簡単にわかる!市場価値がまる見えに

※エージェントには高めの希望を出しましょう。
 ⇒低い希望だと、低いところしか探してくれません

※エージェントをフル活用し、「非公開求人を狙う
 ⇒非公開求人を狙うため、2~3エージェントを登録

※ブラック企業で働いているなら
 ⇒在職しながら転職活動ではなく、すぐに脱出

※IT業界は平均給与3位ですよ!
 ⇒これから爆発的に伸びていくIT業界は、給料もいい

 

業界で給料が決まってくる現実が理解できたと思います。

早くこの現実に気づいて「動いた人」が将来を変えられます。

 

今のままの低賃金で満足できる人にはおすすめできませんが
将来を楽しくしたい人は早く「動くこと」をおすすめします。

 

それではまた。

人気記事

仕事

Posted by cosm