【薬剤師が転職する理由は?】辞める時伝えるのは本音と建前どっち?

10/07/2021

薬剤師転職する理由って~

薬剤師ってどんな理由で転職するのかな~、自分と違うのか、みんなどんなことで転職を考えるのか気になる・・・ だれか教えてほしい。

もちろん人それぞれだとは思うけど~

 

この記事では、薬剤師のよくある転職理由を紹介します。すこしでも検討しているなら参考にしてくださいね!それと、もしも転職するなら転職理由は本音か建前どっちにするかもお伝えします。  

こんな人に向けて書いています。

  • 薬剤師で転職を考えている人
  • みんなどんな理由で転職しようと決めたのか知りたい人
  • 転職を伝える時、本音か建前のどっちにするべきか知っておきたい人

最後まで読むと、薬剤師の多くがどんな理由で転職を考えたのかわかります。さらに、辞める時の理由を本音か建前のどっちにするべきかはっきりします。

 


今月の『転職支援サービス』申込数ランキング

  1. ファルマスタッフ
    東証一部上場の日本調剤グループによる運営による転職支援
     https://www.38-8931.com/
  2. お仕事ラボ
    創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポート
     https://www.oshigoto-lab.com/
  3. 薬剤師転職ドットコム
    東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
     https://www.ph-10.com/

よくある『薬剤師が転職する理由』

転職する理由って人それぞれ!

でも、薬剤師の多くが次のような理由で転職しています。

給料が低い

薬剤師の仕事ってやりがいがあるから給料が低くてもOK・・・なんて人もいるかも。

でも、給料が低いことが理由で転職する人が多いのも事実。

 

病院薬剤師って年収が低めだけど人気があるって聞きますよね。同じ病院でも医師は給料高いのに~。

製薬会社やドラッグストアは給料高めって言われてます。

 ⇒薬剤師が年収1000万ってある?平均年収550万超えの働き方とは?

 

実は、薬剤師に限らず給料が低い理由で転職する人は多いのです。

 

病院薬剤師って『働きがい』で人気がある!どんな人が向いているのか解説しています。

 

人間関係で疲れてしまう

薬剤師に限らず、常に上位にある転職理由が『人間関係』なんです。

意外に思うかもですが、職場って人間が集まるから変な人がいる可能性があります。

 

普通に仕事しているのに、人間関係がこじれたりすると仕事がスムーズにできなくなったりするから怖いです。

仕事で収入を得て生活していますが、人間関係で生活が脅かされるなんていう、そんな残念なことがよく起こります。

 

人間関係で転職する場合、転職先の職場の雰囲気を必ずチェックしましょう。

でもどうやってチェック?

ドラッグストア・薬局なら直接自分で行って雰囲気を掴むのがいいです。

ですが、病院や企業だと難しいのです。薬剤師に特化した『転職エージェント』なら内情に詳しいので相談してみましょう。

 ⇒【薬剤師求人※転職サイト】失敗しない選び方!利用する際の注意点

 

長時間労働で精神消耗

病院や企業だと労働時間の長さから転職する薬剤師が多い!

残業だけでなく、休日出勤もあり精神的に辛くなります。

忙しい職場だと余裕がなく『人間関係』もぎくしゃくしがちです。

つまり、自分だけ消耗するだけではなく、お互いに消耗して悪化します。

 

転職するなら、ブラック企業の見分け方を知っておきましょう。

 ⇒【転職時ブラック企業の見分け方!】求人票・面接ここに気づけば・・・ 

 

勤務地変更で転職

勤務地の変更が理由で辞めて転職する薬剤師も多い!

薬剤師は比較的転職しやすいので、大幅な勤務地の変更されるくらいなら転職したほうが・・・って判断します。

一般の会社員だとそんなことは言ってられません・・・足元見られて悲しい。

 

転勤が発生しないようにするには、地域に密着した勤務先を選ぶようにすべきです。

大手のドラッグストアや企業は転勤の可能性が高いです。

 

『やりたい仕事』ではない

せっかく苦労して薬剤師の国家資格を取得したのに・・・

自分の理想と現実のギャップが大きすぎて『やりがい』に満足できず転職する人も多い。

 

最新の医療・企業での研究などを目指していた人は特にそう思うかも。

所属している部署からの異動希望を出したりしてもなかなか思うようにならない場合、転職も視野に。

 

自分の時間を優先

仕事自体に不満はないけど、『自分の時間をもっと持ちたい』という理由で転職する人もいます。

労働時間が短めで残業がない職場への転職です。

 

自分の趣味を十分にするための選択だってありです!

夜は〇〇の活動をするので残業なしの職場へ転職ってのもOK。

 

仕事人生にしたくないですよね! 理由はそれぞれだけど充実した人生にするのは自由です。

実際、薬剤師は『労働時間が短めで残業がない職場』でも給料は一般の会社員より高めなので有利です。

 

薬剤師が『辞める時伝えるのは本音と建前どっち?』

退職を決めたときに伝える退職理由って本音と建前どっちがいいのでしょう?

 

円満に辞められる退職理由と伝え方は?詳しく解説してます。

 

本音を伝えたら改善したなんてことも

普通は本音を伝えない『給料が低いから』『残業が多いから』『休日が少ないから』など不満をそのまま伝えたら改善することも。

こんな理由でも退職理由になります。

ですが普通は引き止められたら嫌なので本音を伝えません。

❎『給料が低いから』 ー> なんとか交渉してみるから待ってくれ
❎『残業が多いから』 ー> 人を増やして仕事が軽減するようにするから
❎『休日が少ない』  ー> 見直しをしているところなんだよ

こんなふうに引き止められる可能性があります。

もしかしたら本当に改善してくれるかも知れませんが、口約束なので時間稼ぎか引き伸ばしということも有りえます。

 

おすすめは、引き止められにくい『前向きな理由』

転職理由に本音を伝えた場合、引き止められたり退職までの雰囲気が悪化し手続きがスムーズに進まなかったりする可能性があります。

本音の『給料が低いから』『残業が多いから』『休日が少ないから』などは、職場を否定しているようなものです。

なのでいい雰囲気にはならないですよね。

最悪、退職までの期間に嫌がらせなどで手続きをなかなか進めてくれないようなこともあります。

どこの職場でも大人対応してくれるとは限りませんから!

 

安全なのは職場への不満を理由にするのではなく、『前向きの理由』かつ『引き止められにくい』嘘の理由をおすすめします。

※前向きの理由

  • キャリアアップ
  • 〇〇の資格を活かせる職場で活躍したい
  • 友人と起業する

※引き止められにくい理由

  • 薬剤師として別な仕事に
  • 病気(精神含む)・怪我
  • 結婚・出産・育児
  • 親の介護
  • 家業を継ぐ

などです。

 

これなら雰囲気が悪くならないです。

 

薬剤師が転職するなら『転職サイトや転職エージェントに登録』は必須です。下の記事で正しい選び方を解説してますので参考にしてくださいね。

会社にバレないように転職活動!期間はどのくらい必要?

 

薬剤師の転職理由はなんでもOK

薬剤師の転職理由、『よくある』を説明してきました。

でも、理由なんてそれぞれ自由でなんでもOKなんです。

我慢して仕事人生になったりする必要ナシです、もちろん責任感から自己犠牲を長く耐えている人もいるかもですが損です!

職場に不満を抱えたままだと精神的にも消耗しますので転職も視野に検討してみましょう。

 

転職理由はそれぞれ、

ただし、辞めるときに伝える理由は円満退社のためにウソの理由をおすすめします!

 

薬剤師が転職するにもベストなタイミングってあります!下の記事で成功するための時期を解説しています。

 

薬剤師に特化した転職支援サービス

今月の『転職支援サービス』申込数ランキング

  1. ファルマスタッフ
    東証一部上場の日本調剤グループによる運営による転職支援
     https://www.38-8931.com/
  2. お仕事ラボ
    創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポート
     https://www.oshigoto-lab.com/
  3. 薬剤師転職ドットコム
    東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
     https://www.ph-10.com/

リクナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

 

それではまた。

人気記事

仕事

Posted by cosm