【転勤命令を拒否したら退職か解雇?】断れるケースってどんな場合?

転勤命令って拒否できるのかな・・・

転勤命令が出たらどうしよう~。もしかして転勤命令って強制なので拒否したら解雇になったりするのなら怖い~。どうしたらいいのか教えてほしい。 

悩める~

 

この記事では、『転勤命令って強制?断れるの?』拒否したらどうなるのかを優しく説明します。

こんな人に向けて書いています。

  • 転勤命令を拒否したらどうなるのか知りたい人
  • どんな理由・場合なら転勤命令を拒否出来るの?
  • 転勤命令って強制?断ったら最悪、解雇(クビ)になる?

最後まで読むと、『転勤命令の疑問』がすっきりわかり、悩まなくなります。

 

『労働法』関連記事リンク 合わせて読みたい

 

労働法 知っておくべきこと

働き方改革

退職時に必要なこと

休職

国民年金・住民税などの手続き 

残業の少ない業界・年間休日数

 

転勤命令は拒否できるの?

転勤命令は原則として拒否できない。

会社の就業規則に『会社は転勤を命ずることができる』という規定がある会社がほとんどだからです。

転勤命令を拒否するということは、就業規則違反になります。

断れば懲戒処分の可能性あり

就業規定に『転勤命令を命ずることがある』って書かれているなら、規則なので従わないとダメです!

就業規則に従わない場合は、懲戒処分が待っています。

最悪、懲戒解雇もありえます。

 

さらに、たとえ解雇にならなくても『転勤を拒否した社員』としてレッテルを貼られ、仕事をしずらくなるのが実情です。

実際、特別な事情がある場合を除いて転勤拒否はできないと考えたほうがようです。

 

内示の段階なら拒否も可能?

結論から言うと、内示の段階でも断れないことが多い。

内示なんだから、まだ決まってないし、断ればなんとかしてくれるかも・・・って思いがち。

でも、内示って、辞令までの心の準備の時間を与えてくれるだけの場合が多い。

 

それでも、誰でもが納得できる『転勤による大きな不利益』がある場合、考慮してくれる可能性もあります。

例えば、1年間の猶予期間を考慮してくれたり、転勤地の変更に応じてもらえるかもしれません。(引き換えに減給や降格のリスクあり)

その時の状況によりますので交渉次第です。

状況によっては転勤命令を拒否できる!

就業規則に書いてあっても、特別な状況なら転勤命令を断れるケースがあります!

やむを得ない事情がある

実は、転勤命令が出ても断れる場合があります。

特別な事情/状況

  • 要介護の親の面倒を見る必要がある
  • 重病の子供の面倒を見る必要がある

『地元から離れてしまうのを親が許してくれない』、『長男なので家から離れられられない』などの理由だと転勤命令を拒否するやむを得ない事情になりません。

 

就業規則に転勤の項目がない!

転勤命令を拒否できないのは、会社の就業規則に『会社は転勤を命ずることができる』という規定がある会社がほとんどだからです。

書いてなかったら?

 

転勤命令を断れる、だってそんな規則ないでしょって言えるかも。

でも、印象悪くなるのは確実!

他の人が過去に転勤命令が出て素直に転勤していたら、なんで断るの?ってなる。

あなたの転勤拒否をきっかけに就業規則に転勤を記載することになるので、就業規則改定のきっかけを作った人というレッテルを貼られます。

 

勤務地が限定されている雇用契約なら拒否できる

勤務地が限定されている『地域限定正社員』だったり、転勤なしの条件で採用されたなら、転勤命令を拒否できます。

拒否というより、会社側の『雇用契約違反』です。

 

嫌がらせや差別行為など、権利の濫用があるなら転勤命令を拒否できる

パワハラで転勤命令って会社あるあるです。

マイホームを建てると転勤!

 

パワハラモラハラ、気に入らない社員だと遠方に異動させたり、権利の濫用なら理由が不当であるため、転勤命令を拒否できます。

ですが、権利の濫用とわかっていてもどうすればいいのかわかりませんよね!

 

😊そんな時は、相談窓口に相談することをおすすめします。

>>【パワハラ無料相談・24時間もあり】悩みを話しやすい窓口7選! 

今月の人気転職エージェントランキング

会社ってなんで転勤命令を出すの?

そもそも、会社ってなんで転勤命令を出すの?

せっかく慣れて仕事ができるようになっている環境を変えてまでいいことがあるの?って疑問ですよね!

実は、会社経営には転勤が必要な場合があるんです。

 

適材適所・人材再配置のための転勤命令

新規事業をスタートさせたり、技術移転、事業拡大・縮小に伴い転勤命令。

会社経営を継続・最大限にするため、社員を再配置するために転勤させます。

 

新たに人材採用することも検討しますが、経験がある社員のほうが確実なため社員の異動を先に検討します。

 

社員を育成するための転勤命令

『幅広い仕事を経験することで、仕事の幅と視野を広げてほしい』など、社員の育成を目的とした異動で転勤が命じられます。

仕事内容が変わったり、昇格を伴えば責任が増えたりするので、最初は大変かも。

 

リスク、癒着の防止

銀行などでは定期的に転勤がある。

融資先との癒着(ゆちゃく)などで不正が起きないよう緊張感を保つ目的で転勤命令が出ます。

 

ずっと同じ職場で働いていると、成長が鈍化したり人間関係に派閥みたいな弊害ができやすい。

リスク防止のため、人員の入れ替えを行い人間関係の固定化が起きにくくなるようにしています。

 

昇進目的の転勤命令

転勤に伴い昇進するケースも多い!

支店長に抜擢されるなど、将来の幹部候補として重要な経験をさせる場合の転勤命令があります。

『経験を積んでこい』っていうパターンですね!

将来、本社に呼び戻されるためには、転勤先で成果を上げることが重要!

 

左遷するための転勤命令

左遷(させん)目的の転勤命令があります。

会社で不祥事(ふしょうじ)を起こした社員に対して左遷目的で転勤させることがあります。

罰として遠方の支店や、不人気の営業所などに転勤させることです。

 

転勤命令はいいこともある!

左遷の転勤以外はいいこともあります!

転勤でスキルアップ・人脈

違う職場で違う業務など今まで経験したことのない仕事をすることでスキルアップに繋がります。

さらに、新しい転勤先で知り合う人との人脈ができます。

同じ職場だけで働いていると、限られた人脈しかできないのもです。

 

人間関係なんて大変なだけって思いがちですが、

仕事をしていく上で、困ったときに相談できる人が多いのは、いろんなところで生きてきます。

 

転勤は昇進・年収アップの可能性がある、出世の通り道

会社によっては転勤でいろんな部署で経験を積むことが『出世への通り道』になっていることが多いです。

職場を見渡せば、そんな事例が見つけられるのではないでしょうか。

 

部長は○○転勤を経て昇進してきた・・・などなど

 

なので、転勤命令はチャンスでもあるのです。辛さを我慢して転勤先でも結果を出せば、将来が待っているかもです。

 

転勤先の職場では、新たな出会いが

同じ職場でず~っとよりも、転勤すると『新たな出会い』があります。

職場だけでなく、生活したことのない地域でも何らかの出会いがあるはずです。

いままで考えもしなかった趣味や活動に夢中になるかもしれません。

 

人生が豊かになる可能性もあるかも。

 

転勤命令で転勤すると手当が出る?

転勤は社員にとって大変なことです。

なので、転勤に伴って手当が支給されることが多いです。

主な転勤手当

  • 転勤先までの旅費
  • 引っ越し費用(敷金礼金含む)
  • 新居を見つけるまでの宿泊費その他
  • 単身赴任なら『単身赴任手当』(二重生活の費用を手助けする目的)
  • 子供の転園、転校の手当

さらに、会社によっては数年間に渡って転勤後の住宅手当(家賃補助)を上乗せしてくれるところもあります。

転勤命令は会社の都合なので、手当は手厚いことが多いです。

 

転勤ができないなら転職も検討してみる

転勤には紹介したようなメリットも有るけれど、それでも『地元を離れたくない』、『転勤して元に戻ってこれるのだろうか』って悩んでしまう人もいます。

転勤するような部署じゃなかったはずなのに・・・

 

転勤命令を拒否したら不利益が待っているし・・・

どうしても転勤できないのなら、いっそのこと退職して転勤なしの会社に転職したほうがいいかも。

 

転勤なしの会社を自分で探すのは大変なので、『転職エージェント』の利用がおすすめ!

😊『転勤なしの会社』を条件に転職活動をチャレンジしてみるなら、当サイトで人気がある『doda』がおすすめです。無料で利用できます。

総合転職エージェントなので、各業界の求人を多数保有しているかので有利です。『doda』の特徴として転職サイトと転職エージェントの両方を利用できるので、求人の選択肢がたくさんあります。もちろん、『非公開求人』を多数扱っています!

 

※他の転職エージェントも検討するなら
 ⇒転職エージェントは複数登録が必須!選ぶ時の一覧20代~50代まで

 

転勤は大変、でもメリットも!どうしてもダメなら転職も考えよう

転勤命令は『状況によっては転勤命令を拒否できる!』

※特別な状況で転勤命令を断れるケース

  • やむを得ない事情がある
  • 就業規則に転勤の項目がない!
  • 勤務地が限定されている雇用契約なら拒否できる
  • 嫌がらせや差別行為など、権利の濫用があるなら転勤命令を拒否できる

ですが、特別な状況でない限り、転勤命令は拒否できないのが実情です。

 

どうしても転勤できないなら、転勤がない会社への転職を考えるのがベストです。ただ、今までの会社より給料が下がったり待遇が悪くなる覚悟は必要になります。

転勤にはメリットもありますので、よく考えて検討してくださいね!

 

 

今月の人気転職エージェントランキング

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

 

仕事

Posted by cosm