【履歴書・資格の書き方】見込み・勉強中・なしもOK!書ききれない時は?

10/14/2020

履歴書資格ってどう書けば・・・

履歴書の書き方で悩むのが『資格』、どんな順番でどれを書けばいいのかな~。資格がない時や、書ききれなかったらどうすればいいのか知っておきたい。書いたけど逆効果になったら困る!だれか教えてほしい。

履歴書って緊張する~

 

この記事では、『履歴書の免許・資格欄』の正しい書き方や注意点をお伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • 履歴書の資格・免許欄の書き方で悩んでいる人
  • 評価される資格・免許ってどれなのっていう人
  • 書かないほうがいい資格ってある?

最後まで読むと、「免許・資格欄」の書き方、有利になる資格がすっきり理解できます。

 

履歴書は下のページでダウンロードできます!

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

履歴書の各項目の書き方

学歴・職歴の書き方
【履歴書の書き方】最終学歴は最後に通っていた学校じゃない・・・

免許・資格の書き方
【履歴書・資格の書き方】見込み・勉強中・なしもOK!書ききれない時は?

TOEICスコアの書き方
【履歴書の書き方】TOEICスコア何点なら有利に?逆効果も・・・

健康状態の書き方
【履歴書・健康状態の書き方】持病や既往歴はなんて記入すれば・・・

志望動機の書き方
【履歴書・志望動機の書き方】例文付き!勘違いすると逆効果って?

特技の書き方
【履歴書・特技の書き方例文】ない時は一覧から見つけてアピール!

趣味の書き方
【履歴書・趣味の書き方例文】旅行・音楽鑑賞!ゲーム・アニメもOK?

本人希望記入欄の書き方
【履歴書・本人希望記入欄の書き方】ケース別例文あり!特になしはNG

証明写真の撮り方
【履歴書・証明写真】サイズ・服装・裏・背景・期限・髪型・メイクのポイント

証明写真のサイズ
【履歴書・写真サイズ】小さい・大きい・違う!合わない時どうする?

証明写真の裏の書き方
【履歴書・写真の裏側】名前を書く理由?ボールペンよりサインペンがおすすめ

自己PR欄の書き方
【履歴書・自己PR欄の書き方】例文付き!よくあるNG例も紹介・・・

履歴書のサイズ
【履歴書のサイズ・A4・B5の2種類】おすすめは?選び方と理由とは?

履歴書の免許・資格欄の基本

取得した年月と資格名を書くだけなので難しくないです。

2019年11月 普通自動車第一種運転免許 取得
2020年3月 TOEIC公開テスト 800点取得

注意点もありますので、説明しますね!

書く順番は取得順

履歴書に書く時は、取得日時の古い順に上から下へと書いていきます。

志望する会社の職種に関連する免許・資格を上に書いてアピールするテクニックもありますが、取得順のほうが実際には見やすいです。

履歴書を見る採用担当者が混乱しないように、取得順で書きましょう。

 

西暦、和暦は指定がない限りどちらでもOKですが、履歴書全体でどちらかに統一したほうがいいです。

 

履歴書の免許・資格欄には「以上」はなくていい

履歴書の学歴欄は最後に『以上』と書きますが、免許・資格欄には「以上」はなくてOK。

『以上』書いても特に問題ないです。

あまり気にしなくていいのです。

 

資格の名前は正式名称で

免許や資格は正式名称で書きます。

自分が取得して持っている資格証を見ながら書くと間違いないです。

念のため、ネット検索で確認しながらもおすすめ!

よくある免許・資格の例は以下のようになります。

免許の通称名 履歴書に書く正式名称
普通免許 普通自動車第一種運転免許
中型免許 中型自動車第一種運転免許
大型免許 大型自動車第一種運転免許
資格の通称名 履歴書に書く正式名称
英検 実用英語技能検定
漢検 日本漢字能力検定
宅建  宅地建物取引士
簿記検定 日本商工会議所簿記検定試験
秘書検定 秘書技能検定
TOEIC 正式名称は『TOEIC Listening & Reading Test」ですが
履歴書では『TOEIC公開テスト スコア800点取得』
MOS (ワードなど) MOS(Word 2016 エキスパート) 合格

正式名称って聞いたことなかった・・・

意外と長い名称なんですね。

 

「取得」「合格」「修了」を間違えないように

履歴書に書く時、免許は、『普通自動車第一種運転免許 取得』ですが、英検は『実用英語技能検定1級 合格』、教育・訓練・研修などを受け完了すると『○○教育 修了』と使い分けます。

違うんです。

免許・資格欄に書くときの使い分け

  • 免許証が交付されるのは、『取得』
  • 合格証が交付されるのは、『合格』
  • 修了証が交付されるのは、『修了』

履歴書の資格を書く時の注意点とポイント

履歴書に資格を記入する時には注意するべきことやポイントがありますのでこれから説明していきます。

職務と関連性のある資格を記入する

職務に関連する資格ならアピールポイントになるので必ず記入します。

職務に直接関係なくても認知度が高い『TOEICは600点以上』なら記入しておく。

職種 関連する資格
事務 MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)
日商PC 2級
日商簿記 2級
秘書検定 準1級
営業 営業士検定(初級・上級・マスター)
ファイナンシャル・プランナー(FP)
IT系 ITパスポート
情報セキュリティマネジメント
基本情報技術者
応用情報技術者
ITストラテジスト
金融系 ファイナンシャルプランナー
税理士
公認会計士
日商簿記検定
アクチュアリー
証券外務員
証券アナリスト
不動産系 宅地建物取引士 
不動産コンサルティング技能士
FP(ファイナンシャルプランナー)関連 国家資格
司法書士 国家資格
任意売却取扱主任者(任売マイスター)
マンション管理士 国家資格

履歴書に記入する時は、正式名称を使ってくださいね。

 

職務と関連性のない資格は趣味・特技欄!

職務と関連性のない資格は、趣味・特技欄に書いておくと面接ネタになる可能性があります。

趣味に関連する資格も書いておくといいですよ!例えば、国際的な教養を身に付けて、社会貢献ができる人材の育成を目指した検定『世界遺産検定』などは趣味・特技欄に書くといいですね。

履歴書は人事の担当者が見ますので、内定をもらって入社してからも、なにかのキッカケで生きてくるかもです。

 

TOEICは600点以上なら記入

TOEICの平均点は580点ですので、600点以上なら英語力のアピールになります。

ですが、点数が低いなら書かないほうがいいです。

例えば、400点って書いたら英語力がないアピールになってしまいます。

600点以上なら履歴書に記載しましょう。

 

TOEICの点数によって履歴書に載せるか決めよう!下の記事で詳しく説明してますので御覧ください!

 

書ききれない時は厳選して記載

取得している資格がたくさんあり、免許。資格欄に書ききれないことがあります。

でも、心配無用です。

どう見ても必要ないもの、関係ないものは書かなくてOKです。むしろ、書かないほうがいいです。

業務に関係ない資格をたくさん書いても、『なにがやりたいかわからない人、資格マニアで仕事をちゃんとやってくれるのかな?』のように悪いイメージになってしまう可能性があります。

ですので、業務に関係あるものだけを厳選して記載すべきなんです。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

履歴書に書く資格がない!どうする

履歴書の免許・資格の欄に書くことがない!

こんなときどうするか、ご紹介します。

 

何もなければ「特になし」と記入

本当に何もなければ、『特になし』と記入します。

空白だと記入漏れのようになって印象が悪いので必ずなにか書きます。

資格に向けて勉強中なら、書いておきましょう。

 

見込み・勉強中でもOK!

履歴書の免許・資格欄にはすでに持っているものしか書けないわけではありません。

〇〇取得に向けて勉強中
〇〇の資格を○月に取得予定

資格の勉強をしている『勉強中』、資格を取得出来る見込みがあるなら『予定』を書くことで、アピールになります。

 

注意点としては、『ウソはだめ』です。

内定をもらって入社した後に勉強中や予定であった資格がぜんぜん取得できないとなると、信頼を失います。

履歴書に資格を正しく書いて有利にアピール!

履歴書に資格を書くときの注意点をもう一度書いておきます。

※資格は取得した順に上から書きます。

※職種や業界に関連した資格を優先して書きます。

※書ききれないほど資格を持っていても厳選する。

※これから取得する資格の見込み・勉強中も書いてOK!

正しく書けば有利にアピールできますので、資格を持っているなら必ず書いておきましょう!

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm