【転職する・しない】迷った時の判断をしてみた!その結果は・・・

09/01/2020

転職するか迷ってる・・・

「いろいろ考えて、これから転職活動するつもり。でも、本当に転職していいんだろうか悩んでる。だれかアドバイスしてもらえないかな。簡単に判定できる方法があればやってみたい。だれか教えて欲しい」

悩める~

 

この記事では、「今の仕事から転職したほうがいいのか判断する方法」をお伝えします。

こんな人に向けて書いています

  • 転職したほうがいいのか悩んでる?
  • 「転職する・しない」の判定法はある?
  • 転職活動をしたら転職しなければいけないの?

記事を読むと、「転職する・しない」の判定ができ悩みがスッキリします。

※以前、このサイトの管理人が判定をしてみたら、その結果は「転職」だった・・・

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求!

なぜ転職するか迷うの?理由は

転職する時に悩まない人はいないと思います。

なぜ悩めるか、それは「後戻りができないからです」

「やっぱやーめた」は基本できないんです。

 

でも、私が過去勤めていた会社で「辞めて転職したけど1年後に戻ってきた人」がいました。
少ない事例だと思います。普通は「受け入れられないし」「本人的にも耐え難いこと」ではないでしょうか。

ただし、戻ってきても「同じ職種の同じ仕事にはさすがに戻れませんでした」
辞めた人「扱い」になるのはやむを得ないでしょう。

転職を迷うわけ

  • 年収が下がったりしないだろうか?
  • 自分のスキルでやっていけるかな?
  • 転職して今の悩みが本当に解決する?
  • 慣れてる仕事を辞めるのってもったいない?
  • 嫌な人間が職場にいたら困るな
  • 労働環境が改善するのかな?

転職はある意味、賭けです。リスクがまったくない転職がいいけど実際にはわからない部分も残しつつ転職します。

転職してからわかることもあります。

リスクが有るのが普通だということがわかっているので悩めるんです。

 

転職に迷っている人は次の判断基準を参考に判断してみてください。

「転職に迷う人は」以下の基準で判定をしてみて

以下の項目で納得できないことが多ければ転職を考えてたほうがいいかも。

全部の項目が納得できないのなら・・・転職活動をスタートしてください。

  • 人間関係
  • 年収
  • 労働条件
  • 仕事内容

人間関係

人間関係のチェック

  • 職場であなたはストレスを感じてない?
  • 上司や同僚といがみ合ったりしてない?
  • 気楽に話せる人が社内にいる?

職場は仕事をするところなんですが、人と人が近くにいると、なにかといざこざが起きる。

嫌な人だったり、いじわるだったり、理不尽(りふじん)に怒る上司だったり、嫌がらせをする人だったり・・・

「まともな人はいないんかい?」って叫びたくなることしばしば。

余裕のない職場だとそれだけでギスギスです。

 

人間関係ってホント面倒ですよね!下の記事では、人間関係悪化の理由と改善方法を紹介してますので御覧ください。

 

人間関係に疲れたなら、「人と関わらない仕事」を探すのもあり。

 

年収

年収のチェック

  • 家族と十分生活していける年収か?
  • 働きに対して十分な年収があるか?
  • 業界や会社自体に伸びしろがあるか?
  • 将来自分の暮らしが良くなっていくか?

働いている目的が稼いで生活することなので、年収が働くモチベーションです。

入社したばかりだと分かりづらいかもですが、そんな時は先輩の暮らしぶりを聞いてみるといいです。

世間話を装って聞いてみましょう。

「何人お子さんいるんですか?将来大学に進学すると結構お金かかりますよね~」うちの会社で十分やっていけるのか自分も今から心配なんですが、どうなんですかね?

独身なら自由で十分な年収でも、結婚して家族で生活していくのに十分なのか心配です。

先輩に聞けば将来の自分がイメージできるはず。

 

結婚して仕事を辞めたいけど、年収はどうするの?下の記事では結婚して仕事を辞めた時のいいこと悪いことを説明してますので御覧ください。

 

労働条件

労働条件のチェック

  • 残業時間が過酷ではないか?
  • 残業代はちゃんと払われている?
  • 有給は消化できる?
  • 休日の日数は十分か?

ある程度の残業は普通です。

一番の問題は、サービス残業サービス残業と呼ばれる賃金が支払われない残業です。

サービス残業には考慮する余地がありません!完全ブラックなので「脱出すべき」

 

長時間労働や休日出勤が常習化している企業が日本にはたくさんあります。

「仕事量をこなすのに増員するより残業のほうが安くつく経営側の意図があるから」残業はなくならないのです。

働き方改革」で変わりつつあるように見えますが、根が深いです。

 

労働条件がキツイなら「楽な仕事ランキング」であなたに合った仕事を探してみましょう。

仕事内容

仕事内容のチェック

  • 仕事は楽しく思えるか?
  • やりがいがある?
  • 仕事をとおして成長できる?

「仕事って辛いものだよ」って言われますが、辛い中にもそれを乗り越えて達成感を味わうと、やりがいを感じるものです。

山登りで登りきったら達成感ありますよね。途中は辛いけど、また行きたいって思います。

そんなことを繰り返しながら頑張って仕事をしていくんですね。

 

でも、辛いだけだったり「楽しくない仕事」を続けると心が消耗してきます。

やりがいがある仕事でも、辛いときもあります。それだけでいきなり転職しないでくださいね、状況や一時的なものかも。

 

「やりたい仕事がない」って迷っている人は下の記事を見てほしい。向いている仕事の見つけ方を説明してますよ!


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

「転職を迷うなら」今の仕事を再確認

「転職を迷っている」なら、今の職場で働き続けていけるか再検討してみるのも大切。

無理なこともあるけど、自分から変えてなんとかなることもあります。

 

人間関係:

コレが一番厄介でもあり転職理由の上位になる理由です。

  • 同じ土俵に乗らない努力をする
  • 関わり方を変えてみる
  • 関わりをドライにする

さらっと受け流す。

「なんで~」って思わないで、「あっそう」って思う。

 

年収:

「給料上げてください」って依頼して上がらのならいいですが、そうはならないのが現実。

資格を取ってスキルアップすると可能性あるかも、社内で資格に対する手当がないかチェックです。

もしも、今の会社で手当がなくても資格はどんどん取得しておきましょう。転職する時のアピール材料や、実際に役立つ日が来るかもしれないからです。仕事人生は長いのです、どこでどうなるか資格があると強いです。

実は、業界や業種によって年収が違います。あなたの給料が低いのはあなたのせいではなく、業界かもしれません。下の記事に業界別の平均年収をまとめてますので御覧ください。

 

労働条件:

寝る時間も削って毎日残業しているようだと心が折れてきますよね。

意外と残業時間って減らそうとしても減らないですね。

減らない理由があります。

  • 自分だけ先に帰りにくい
  • 仕事量をこなすのに増員するより残業のほうが安くつく経営側の意図があるから
  • 生活残業(より多く賃金を得るため残業をしたがる)

政府主導の「働き方改革」で状況も変化しつつありますが、自分から変えていくのはむずかしいですね。

生活残業の場合だけ変えられますね、収入減りますけど。

 

仕事内容:

自分から提案して仕事内容を自分の思いと一致させる。やらされてる感から、やってる感に意識的に持っていく努力をしてみる。

 

 

これらのことを頑張ってみても改善できそうにない時は、転職を考えましょう。

 

「転職を迷うなら」転職活動をしてみる

転職を迷っているなら、転職活動をしてみるといいですよ!

 

転職活動をしても、かならず転職しなくてもOKなんです。内定をもらっても辞退することもできます。

転職活動をしてみて

  • いい条件のところから内定をもらえたら考えればいいし
  • いいのが探せなかったらそのまま今の会社で働けばいいし
  • 活動途中で今の会社でやっぱり働いていこうでもいいし

人生、悩んで何もしないより「動いて」みると、なにか違う景色がみえます。

 

転職活動には、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

担当者が付いてアドバイスやサポートしてくれるので、一人で活動するよりスムーズだし「非公開求人」なんかも紹介してくれます。

転職エージェントは全て無料なので安心して利用できます。

 

迷っているなら転職活動を始めてみてください。それから決めればOKです。下の記事で転職エージェントの選び方と「こっそり成功する」方法をまとめてますのでご覧ください。

「転職に迷ったら」よ~く考えてみよう!

ここまで読み進めてくださりありがとうございます。

「転職に迷った」らこの記事の判断基準で自分に問いかけてくださいね!

 

転職は人生の岐路になりますので慎重に判断するべき。
「だめだったらまた転職すれば・・・」っていう考えだと成功しにくいです。

 

「転職に迷った」ら次の記事を読んでみてください!

仕事を辞めたい理由と「うつ」になる前の対処法をまとめてあります。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm