【転職の年齢に限界】28歳、32歳、35歳限界説の呪縛ってあるの?

11/23/2020

転職成功する人と後悔(失敗)する人って何が違うの・・・

転職を考えてるけど、失敗して後悔したくない~。今が最悪っていうわけじゃないけど、一度しかない人生だからもっといい条件ではたらきたいな。どんなことに気をつければいいのか知りたい、だれか教えてほしい。

このまま働き続けたくない~

 

この記事では、転職に成功する人、失敗して後悔する人の違いをお伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • 転職しようか悩んでる人
  • 転職活動してるけど、いい条件の会社が探せてない人
  • みんなどうしてるのかな?

最後まで読むと、成功する転職のやり方がすっきりわかります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

転職成功者の平均年齢

どんな年代の人が転職しているのかをみてみましょう。

転職サイト『doda(デューダ)』のアンケート結果2019年上半期によれば以下のようでした。

転職成功者平均年齢

  • 全体:31.7歳
  • 男性:32.6歳
  • 女性:29.8歳

20代が多いと想像していましたが、平均だと30歳前後なんですね!

10年前ですと、平均29歳だったのが30歳を超えるようになってきたようです。

 

平均値だと30歳前後しかわかりませんが、年齢ごとの割合をみていくと、どの年齢が多いのか少ないのかはっきりします。

次項で詳しく紹介しますね。

 

転職で『成功する人、後悔する日』違いをまとめて解説!あなたは、どっちかな?

 

転職に限界年齢ってあるの?

前項で転職成功者の平均年齢が30歳前後ってわかりましたが、年齢ごとの割合はどうなっているのでしょう?

同じアンケート結果2019年上半期によれば

転職成功者の年齢ごと割合

  • 24歳以下:10.1%
  • 25~29歳:39.6%
  • 30~34歳:23.1%
  • 35~39歳:12.8%
  • 40歳以上:14.4%

25~29歳が39.6%ですので、一番多いことは確かです。

 

でも、ちょっと足し算をしてみると、30歳以上が50.3%になります。

転職成功者の約半分が30歳以上なんですね!

転職って20歳代のイメージがあるけど、そうでもないようですね。

 

よく言う35歳の壁も関係ないようです、35歳以上を足してみると27%です! 40歳以上でも14.4%もあります。

以前と違って、転職にあまり年齢は関係ないようです。

 

次項で、よく言われている『年齢限界説』と合っているのか考えてみますね!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

年齢別の転職限界説 呪縛って何なの!

○○歳転職限界説って聞いたことありますか?

以前ならこんな説も多少意味があったのでしょうが、現代ではあまり当てはまらないので聞くことも少なくなりました。

28歳転職限界説って?

28歳転職限界説⇒ぎりぎり28歳で転職したとすると、30歳までに2年あるので経験を積め、30代前半には一人前にれるという理由から、転職をするなら28歳までにしないとダメって言われる説です。

アンケート結果でも25~29歳が39.6%ですので、一番多いですね。

みんな28歳転職限界説に従っているのでしょうか?

 

20代だと、未経験の職種や業界にでも転職できる強みがあります。

企業側も20代であれば先が長いので『教育して役に立つ人材になってくれる可能性を評価』して採用してくれるからですね。

 

28歳転職限界説は、『若さを可能性として評価してもらえる年齢の目安』と考えるとピッタリ合うようですね!

 

32歳転職限界説について

32歳転職限界説⇒入社してからの心配で「年下上司・年上部下とならないギリギリの年齢」ということから来ています。

以前は年功序列が普通で、年下の上司や、年上の部下だと仕事がやりづらい~って思う人が多かったのが実情でした。

でも、現代は年齢よりも能力が重視されるようになってきたため、年下の上司や年下の部下も珍しいことではありません。

 

そんな状況があちこちで見られるようになってきたので、いまでは普通のことです。

32歳転職限界説は気にしなくていい時代となっているんですね!

 

35歳転職限界説について

35歳転職限界説⇒35歳を超える年齢での転職となると、定年の60歳まで25年を切ってしまい、キャリアアップの時間が足りないので不利になるという考えです。

35歳転職限界説が一番有名です。

でも、それも昔の話、アンケート結果からわかるように27%の転職成功者が35歳以上なんですから。

 

以前と違って20代を育てている余裕がなくなってきている現状があり、育てなくてもいい即戦力になる30代以上を積極的に採用する企業も増えてきました。そんなこともあり35歳転職限界説も過去のものになりつつあります。

 

年齢で転職者に求めるものが違う!

『○○歳転職限界説』はあまり気にしないでOKらしいことがわかりました。

ですが、企業が『年齢で転職者に求めるものが違う』のは事実です!

20代は『可能性』が評価される

20代の転職者に求められるのは、即戦力ではなく可能性です。

ですので、未経験の職種や業界に転職することも可能ですし、有利なんです。

 

もしも、今の仕事とまったく違う業種や業界に興味があって転職したいのなら20代のうちがチャンス。

 

第二新卒の転職って有利なのは確かですが、失敗することもある!下の記事でリスクを知っておこう!

 

20代後半で未経験の転職もできるのかな?下の記事で役立つ情報をまとめているのでチェックしてみて!

 

30代は『即戦力』が評価される

30代の転職者に企業が求めているのは、『即戦力』で、実力・経験・実績で評価して採用します。

ですので、20代のような異業種への転職に挑戦することが難しくなります。

 

30代前半で転職する人ってたくさんいます。下の記事に30代前半ならではの転職事情をまとめてます!

 

30代後半の人は下の記事を参考に!転職に成功する人、失敗する人をまとめてます!

 

40代は『管理職』の経験が評価される

40代の転職者に企業が求めているのは、『即戦力』に加えて、管理職としての能力・経験になります。

ですので、今働いている会社で管理職になっているなら実際の経験をアピールしていきたいですね。

 

40代前半の人は下の記事を参考に!転職に成功する人、失敗する人をまとめてます!

 

40代後半の人は下の記事を参考に!転職に成功する人、失敗する人をまとめてます!

 

50代・60代は『ハイレベルの知識・スキル』が評価される

50代、60代の転職者に企業が求めているのは、『ハイレベルの知識・スキル』に加えて管理職の実績になります。

特定の分野で他と比べようのないプロフェッショナルな技術を持った人や、大きな組織で管理職として実績を残した人などが評価されます。

 

その一方で、人手不足の職種や業界では50代、60代でも比較的ハードルが低い転職もあります。

『警備員』や『介護職』などが人手不足もあり、転職しやすいです。

 

50代前半の人は下の記事を参考に!転職に成功する人、失敗する人をまとめてます!

 

50代後半の人は下の記事を参考に!転職に成功する人をまとめてます!

 

60代のは下の記事を参考に!転職に成功する人をまとめてます!

 

転職の『○○歳限界説の呪縛』は過去の話

転職成功者の平均年齢と、その割合をちゃんとみてみると『○○歳限界説』っていまでは気にしないでいいみたいですね。

ただ、異業種に転職するなら20代のほうが可能性で評価されるから有利なのも事実です。

 

最近の転職は、『転職エージェント』を利用するのが一般的になってることもあり、年代に関わらず転職活動がやりやすくなっています。

今までだと年齢を気にして転職は無理って諦めるのが普通でしたが、必要と感じればどんどん転職できる時代になりました。

 

『○○歳限界説の呪縛』は過去の話ですね!

 

転職したいけど・・・っていう人は下の記事を読んでみて!87%の人が良かったと思っているそうです。

 

悩めるなら、おすすめの転職相談窓口に相談するのもいいかも!無料ですよ。

 

在宅で副業を始める⇒うまくいったら本業。下の記事で紹介してます!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm