【転職活動は在職中?退職後?】企業側の印象に差があるの?得なのは? 

09/02/2020

 

転職活動って在職中と退職後どっちがいいのかな・・・

「転職したいけど、在職中に働きながら転職活動するか、退職後に転職活動するか迷ってる~。転職先企業の印象がいいのはどっちなのかな? だれかおしえてほしい」

気になる~

 

この記事では、「転職活動は在職中にすべきか、退職中にすべきか」メリット・デメリットをお伝えします。
おすすめは、在職中です!

こんな人に向けて書いています。

  • 転職をしたい人
  • 転職活動は在職中にすべきか、退職中にすべきか悩んでいる人
  • みんなどうしているか知りたい人

最後まで読むと、「転職活動は在職中にすべき」が理解出来、すっきりします!

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

在職中と退職後、企業側の印象に差があるの?

「在職していながら転職活動をしているのは、応募している企業にとって悪い印象にならないか」、こんな心配をしている人もいるでしょう。

なんか「裏切ってる感じ」がする。
ちゃんと退職してからなら堂々と求職できる。

 

でも、心配ご無用です。現代の転職は、在職しながらの転職活動が普通ですし、採用する企業だって悪い印象を持つことはないでしょう。

ただ、応募している企業には正直に「在職中であることと、仕事の状況で区切りがいい時期」を伝え、それまでは責任を持って仕事に取り組むことを示せば好印象になります。

 

離職期間が長くなるとイメージダウンになる可能性あり

離職期間が3ヶ月くらいなら、転職のための求職期間とみなされますので問題ないです。

ですが、半年を超えてくると「ブランク期間はなにをされてました?」とか、「他の企業で採用されなかったのでは?」、「就職する気が薄いのでは?」などと勘ぐられます。 誰もが納得できる理由をはっきり伝えられれば問題ありませんが、そうでないとマイナスのイメージになります。

転職活動は、在職中と退職後、どっちが多い?

86%が「在職中に転職活動を行なう」と回答、転職サイト「エン・ジャパン」のユーザーアンケート。

圧倒的に在職中の転職活動が多いですね。

なぜなのか、ここからメリット・デメリットを説明します

 

在職中の転職活動 メリット・デメリット

最初に在職中に転職活動をする場合のメリット・デメリットを紹介します。

86%もの人がこの方法を選ぶ理由はメリットが大きいからです。

在職中の転職活動 メリット

働きながらなので、収入の心配がいらない

金銭的な心配をしなくて済むのが一番のメリット。

退職してからだと、失業保険から手当が出るけど、金額的にはまったく余裕がなくなってしまいます。

そんな不安を感じなくて済むから働きながら転職活動をするんです。

 

最悪、転職しない選択ができる

転職活動をしても、必ずしも転職しなくてもOK。

  • いい転職先から内定をもらえたら、退職届を出せばいいし
  • いいのが見つからなかったら、次のチャンスを待てばいいし
  • 活動してみたら、今の会社で働き続けようと思い返す

こんな選択ができるのも在職しているメリットです。
退職してたら何がなんでも転職しないと「食べていけません」

ですので、転職活動は「こっそり」会社のだれにも内緒でやりまよう。
転職を決めたときにだけ言えばいいのです。

 

仕事のブランクがない

退職を伝えるタイミングは転職先が決まったらです。

それから、引き継ぎをして、すぐに転職先に入社になります。

つまり、仕事のブランクがほとんどないです。

 

なんとなくですが、「転職前にゆっくりしました」、「海外旅行行ってきました」って余裕があるよりも、すぐに参りましたのほうがイメージがいいようです。

 

在職中の転職活動 デメリット

大きなデメリットは少ないのですが、あります。

転職のチベーションが続かない

在職中の転職活動のメリットで「最悪、転職しない選択ができる」というのがありました。

なので、転職活動をしているうちに「やっぱり転職するのやめた」ってなる可能性があります。

転職活動をしているうちに「転職しなくてもいいか」ってなるパターンです。

それがデメリットなのかはっきりしませんが、面倒になってズルズルとなってしまうかも!

 

転職活動の時間がとりにくい

忙しい仕事にプラスして転職活動が入ってくるのでさらに多忙になります。

仕事が終わってからか、休日に転職活動をするのはなかなか大変です。

 

面接などの日程調整がたいへん

自分も働いているわけだし、そのうえ応募先企業の都合があるため、面接の日程調整が大変です。

有給休暇を取得して面接にいくのが実情です。

自分一人で転職活動のすべてを行なうのは大変なので、いまでは「転職エージェント」を利用するのが一般的になっています。

 

転職エージェントがおすすめだけど、転職の方法はいくつもある。知っておきましょう。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

退職後の転職活動 メリット・デメリット

退職後の転職活動を選ぶ人は少ないです。なぜなのかメリット・デメリットをみていきましょう

退職後の転職活動 メリット

仕事探しに真剣になる

退職しちゃったなら本気で探すしかないです! 家族がいたらマジなプレッシャーです。

在職中の転職活動とは違い、面倒だからとか言ってられないです。

 

仕事探しの時間が取れる

時間的なものは余裕です。寝ている時間以外は転職活動ができます。

面接の日程も、失業保険の認定日以外ならいつでもOKです。

 

内定したらすぐに入社可能

仕事をしていないので、内定をもらったらすぐに入社できます。

採用する企業側にとって、採用するとなればすぐに来てもらいたいですからね。

在職中だと、引き継ぎやら手続きやらで1~2ヶ月くらい待たないといけないです。

 

退職後の転職活動 デメリット

収入が下がって焦る

仕事をやめたら収入がなくなります。失業保険がありますが、額も期間も限られてます。

焦りますよ!

転職活動の時間はたっぷりあるはずなんですけど、気持ちは焦って余裕がなくなります。

 

仕事のブランクができる

3ヶ月までくらいなら転職活動の期間なので特に問題ないのですが、それ以上になってくるとブランクとして採用担当者にマイナス評価になることがあります。

在職中の転職活動なら発生しないものです。

 

在職中、退職後の転職活動おすすめは?

ここまで、メリット・デメリットをみてきましたが、おすすめは「在職中の転職活動です。

在職中の転職活動がおすすめ

8割を超える人が在職中の転職活動を選んでいる事実。

○在職中のメリットが大きい⇒収入があり、転職の選択ができる
△退職後のメリットが小さい⇒時間がとれる

✕退職後のデメリットが大きい⇒収入と焦りが不安
△在職中のデメリットが小さい⇒リスク少ない

消去法で選ぶのなら在職中の転職活動になります!

 

在職中のデメリットの一つは時間がないことですが、転職エージェントの利用でカバー出来るようになってますのでもはやデメリットではなくなってます。

 

転職エージェントを「こっそり」利用して転職を成功!

 

実家暮らしなら退職後の転職活動も

実家暮らしなら「食べていく」心配はしないですみます。収入の心配をそれほどしなくて転職活動をゆっくりできそうです。

でも、一つだけ注意点があり、そのまま「引きこもってしまう」と社会復帰ができなくなってしまいます!

 

在職中に転職活動をする

ここからは、在職中に転職活動する時に役立つ情報です。

まず、自分の性格を知って

無料でできる性格診断をしてみましょう。
⇒『16 personalities

 

次に適職診断を

会員登録無しでできる無料診断です。使い方は簡単、選んでいくだけ。

5分であなたの適職を診断してくれます!

適職診断NAVI(ナビ)

 

さらに、自分の適性年収を調べておきましょう。

「自分と同じくらいの学歴・経歴だとどのくらいを期待できるのか?」

無料登録、案内に従って学歴・経歴を選んでいけば5分もかからない。

⇒「ミイダス

 

転職エージェントを活用する

在職で転職活動するデメリットは時間が限られること。

そんなとき便利なのが転職エージェントです。

転職エージェントに無料登録すれば、求人紹介、面接日程の調整、履歴書や経歴書のサポートや面接対策までやってくれるので時間がない人でもスムーズに転職活動が進みます。

 

いまでは、転職エージェントを活用するのが一般的です。
転職エージェントは複数登録して利用するのが必須。複数の利点は以下の記事を見て!

 

履歴書の「本人希望」に連絡可能時間を記入

在職中だと応募先から連絡が来ても仕事中は対応が難しいことがあります。

そんなときは、履歴書の「本人希望記入欄」に連絡可能時間などを記入しておくと便利です。

応募先企業にとっても、連絡が無駄にならなくてすみます。

 

入社日を決めたら、早めに退職を伝える

在職中の転職活動をしていると可能な入社日を聞かれます。

予め今の会社の就業規則を確かめ、さらに引き継ぎ期間と有給休暇の残りから入社可能の日を答えられるように準備しておくべきです。

内定をもらえたら、退職を早めに伝えましょう。

 

退職までにかかる期間のまとめ、知らないと慌てる・・・

上司に断られないタイミングと伝え方!ベストタイミングを狙え!

引き止めの断り方・対処法!知っておけば安心!

 

退職後に転職活動をする

在職中に転職活動をするのがおすすめですが、ブラックだったり、人間関係のストレスで体調が悪くなったら「脱出」が先になることもあります。

辞めてほっとするのが目的なのでこれでいいのですが、ずっとそのままだと「食べていけません」。

精神的に安心できたら焦らずに転職活動をしましょう。

退職後であっても、転職エージェントを利用するとスムーズに転職できます。

まとめ:在職中に転職活動をするのがおすすめ!

在職中に転職活動がおすすめですが、ブラックだったり体調、精神がやられそうだったら「先に脱出」です。

在職中であっても、退職後であっても「転職エージェント」を利用すると転職がスムーズになり転職のモチベーションもアップします

 

一つだけ注意なのは、実家暮らしで退職後に転職活動する場合、モチベーション低下で引きこもりにならないようにしましょう。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

 

仕事

Posted by cosm