【転職活動は在職中に】いつから始めるのが有利?タイミングはこれ!

転職活動在職中がいいって聞くけどタイミングは・・・

転職って何月がベストなのかな~、有利なタイミングや条件があるなら知っておきたいな。損するようなタイミングで活動して失敗したくない。どうすればいいのか教えてほしい。

不安~

 

この記事では、『1年の求人数変化からおすすめの転職時期』、『状況に応じたベスト・タイミング』をお伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • 転職しようとしている人
  • お得な転職時期を知りたい人
  • 転職事情ってどんなのか知りたい人

最後まで読むと、「ベストな転職タイミングと条件」が見通せるようになります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

毎年1~3月、7~9月に転職の求人数が増加する!

転職に有利なのは求人数が増加する時期

  • 4月入社に向けて1~3月の転職活動
  • 10月入社に向けて7~9月の転職活動

4月入社に向けて1~3月の転職活動

⇒定年退職者、辞めた新卒者、新プロジェクト始動の人員補充のため求人が増えるからです。

10月入社に向けて7~9月の転職活動

⇒10月の転勤・人事異動に向けて求人が増えるとともに退職者が重なるのと、6月のボーナス後に退職する人を狙った積極的な求人が増えるからです。

 

毎年この時期には同じ傾向が繰り返されるのでわかりやすいです。転職を調整できるならこの時期を狙っていきましょう。

 

1~3月、7~9月は転職のライバルも多くなるのが実情

毎年同じことが繰り返されているので、いろんなところでこの時期がいいよ!って知れ渡っています。

ですので、あなただけでなく、他の転職希望者もこの時期を狙ってきます。

もしかしたら、ほかの人と同じ時期をあえて狙わないで、ずらすほうがいいという人もいます!

ちょっと悩めますね。

タイミングずらしの4~5月を狙う!

求人数が減るのが4月から、さらにボーナス前なので転職希望者も減るので4~5月は空白の時期。

タイミングをずらして4~5月を狙うこともできます。

この時期の求人は少なくなるものの、急ぎの求人が多くなるのが実情で、転職者が少ないためライバル不在である意味ハードルが下がります。4月は急な退職者が発生することがあるので急いで採用するんです。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

第二新卒なら転職時期は1~3月がおすすめ!

第二新卒は『新卒で入社して3年未満の求職者』

第二新卒なら転職時期は1~3月がおすすめ!

4月入社の新卒と一緒に研修に参加できる可能性があり、充実した教育を受けられるので入社の不安が和らぎます。

新卒と同時入社になるので、同期入社の人が多くなり今後も話しやすく働きやすくなります。

4月以外の入社だと、同期入社の人がいなくて、いかにも中途採用ですから馴染むまで時間がかかります。

入社月だけですが、その後もずっと違いがあります。

 

第二新卒について詳しく説明しています。有利な理由がわかります!

 

状況に応じたベストな転職時期とは?

ここからは、状況に応じたベストな転職時期を紹介しますよ!

ボーナスをもらって転職する

ボーナスが支給される会社で働いているなら、ボーナス支給日が気になりますよね!

ボーナス日よりも前に『退職する』って伝えたら、ボーナスがもらえなかったり減ったりするのかな?

間違いないのは、ボーナス日以降に『退職を申し出る』ことです。

 

退職のタイミングでボーナスに影響します。下の記事を参考に全額もらいましょう!

 

若いうちに転職する

転職する気持ちがあるなら20代のうちに!

20代なら、若さと伸びしろが転職の武器になりますが、30代になってくると経験と実績が評価されます。

それと、違う業界に挑戦できるのは20代までで、経験と実績が評価されるようになる30代では違う業界への転職のハードルが急に高くなります。

20代は可能性で採用されます

30代は即戦力で採用されます

 

結婚1年前に転職する

結婚する予定がある場合、結婚の1年くらい前には転職しておきましょう。

入社してすぐだと、産休・育休を取りづらいですよね。

それに、育休制度は『入社1年以上』働いていることなどのルールがあるのが実情なんです。

 

結婚して仕事を辞めると、どんないいこと、悪いことがあるのか説明してますので御覧ください!

 

転職は住宅ローンを組んでから

家をローンで買う予定があるなら、転職はローンを組んでからがおすすめ。

住宅ローンの審査項目には勤続年数があるので、転職してしまうと勤続年数がリセットされてしまい住宅ローンの審査に落ちてしまうから。

 

審査に通ってしまえば、その後転職して勤続年数がリセットされても住宅ローンには影響しません。

あくまで審査の時点でどうなっているかが評価されるんです。

 

転職活動は在職中に

仕事をしつつ転職活動をするのは忙しすぎる~って思うかもしれませんが、おすすめです!

退職してからの転職活動だと

  • 収入がなくなるので焦りが生じる
  • いい条件の転職先がみつからなったらどうしよう
  • 早く転職先を決めなきゃ

退職してからの転職活動だと『焦り』から条件の妥協をしてしまい、残念な転職になる可能性が高くなります。

それがわかっているから、ほとんどの人は仕事を続けながら転職活動をしています。

 

在職しながらの転職がなぜおすすめなのか?下の記事で理由を説明してます。後悔しないように参考にしてくださいね!

 

転職活動は準備をするとスムーズで成功しやすい。どんな準備が必要なのか下の記事で説明してますので御覧ください!

ベストなタイミングは今でしょ!

時期なんて気にしたってしょうがない!

これも間違いではないです!

転職を決断してから、いつまでも辞めると決めた会社で働き続けるのはストレスになりますし、早く転職先で頑張ったほうがいいのも事実。

 

今では、転職エージェントを利用するのが普通ですので、時期を気にすることなく転職先を探せるようになっています。

この記事で説明した転職に有利な時期に近いなら少し転職をずらすのもいいですが、何ヶ月も待ったりするのは苦痛ですので『転職したい』と思ったら動き出しましょう!

 

転職エージェントの選び方の知識をつけて、こっそり成功してしまいましょう!

 

転職のやり方はいくつもあるけど、必要なのは3つだけ。下の記事で理由を確認してくださいね。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

 

仕事

Posted by cosm