【薬剤師が転職するときの退職理由】円満に辞められる伝え方とは? 

07/08/2021

薬剤師転職するときの退職理由・・・どうすれば

薬剤師が転職しようと決めたら、退職を上司に伝えなければいけませんよね~。退職理由って何にすればいいのか悩めます。本当のことを言ったらまずいの・・・ウソを言ってもいいのかな? どうすればいいのか教えてほしい。

伝えるタイミングも~

 

この記事は、『薬剤師が転職する時の退職理由をどうするか?伝え方とタイミングを紹介します。これから転職しようとしている人は最後までしっかり読んでくださいね!知らないと損するかも。

こんな人に向けて書いています。

  • 薬剤師で、これから転職しようとしている人
  • 薬剤師で退職理由をどうするか悩んでいる人
  • どうやったら円満退職できるのか知りたい人

最後まで読むと、薬剤師が転職するときの退職理由・上司への伝え方の悩みがなくなります。

 


今月の『転職支援サービス』申込数ランキング

  1. ファルマスタッフ
    東証一部上場の日本調剤グループによる運営による転職支援
     https://www.38-8931.com/
  2. お仕事ラボ
    創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポート
     https://www.oshigoto-lab.com/
  3. 薬剤師転職ドットコム
    東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
     https://www.ph-10.com/

薬剤師が転職するときの退職理由で多いのは?

薬剤師の退職理由で多いものを紹介します。(本音の理由)

『不満・ネガティブ』な理由と『ポジティブ・やむを得ない』理由があります。

不満・ネガティブな理由

  • 人間関係が悪い(職場)
  • コミュニケーションが悪い(医師・看護師)
  • 給料が安い
  • 長時間労働
  • 休日が少ない

 

ポジティブ・やむを得ない理由

  • キャリアアップ
  • 薬剤師として別な仕事に
  • 病気(精神含む)・怪我
  • 結婚・出産・育児
  • 親の介護
  • 家業を継ぐ

薬剤師の退職理由で多いのが人間関係・業務の多さやコミュニケーションの悪化です。職場にもよりますが、休みがしっかり取れないなど不満が重なって退職するケースもあります。

人間関係は薬剤師に限ったことではなく、どんな職場でも退職理由の上位となっているのが実情です。

ポジティブな退職理由では、キャリアアップや薬剤師として別な仕事にチャレンジする例が多く見られます。病院ー>ドラッグストアー>調剤薬局など。

 

薬剤師の退職理由はどうしたら円満に伝えられる?

本音で『不満・ネガティブ』な退職理由の場合、そのまま伝えてはダメ!

『ポジティブ・やむを得ない』理由なら、そのまま伝えましょう。

 

なぜかって?

『不満・ネガティブ』な退職理由だと、デメリットはあってもメリットがないから。

不満・ネガティブな内容であれば、現在の職場や人間を否定しているようなものだから、聞いていい気分にはならないですよね。

ほとんどの人は、本当の理由を言い換えて伝えます。そのほうが安全だから!

処世術ともいうべき大人対応ですね。

 

デメリットは次の項で説明します。

 

薬剤師が『不満・ネガティブ』の退職理由を伝えるデメリットとは?

退職理由に不満・ネガティブなことを伝えてもいいことありません。むしろデメリットになりますので注意です!

なぜなのでしょうか?

 

退職をを伝えたのに、引き止められるデメリットが!

薬剤師を必要としている業界は人手不足気味なので、辞めてほしくないのが実情です。辞められてしまうと新しく薬剤師を雇うにも大変だし、なんとかごまかして引き止められないかしつこいかも!

引き止めの例

  • 給料が安いから辞めますー>給料なんとか交渉するから・・・
  • 長時間労働なので辞めますー>もうすこししたら人を増やす予定だから・・・
  • 職場の人間関係が悪いから辞めますー>職場の雰囲気づくりをやるつもりだから・・・

転職先も決まって退職を伝えたら、しつこく引き止められた・・・

こんな例がたくさんあります。

『不満・ネガティブ』な退職理由だと上記のように『なんとかするから・・・』とその場かぎりの言い訳でしつこく引き止められてしまいます。

最悪脅すような文言で迫ってくる例もあるようです!

 

転職先が決まっているのに引き止められたら迷惑ですよね!

 

引き止められて辞められない!そんなときは下の記事を参考に対処法を!

 

退職日までの職場の人間関係がギクシャク

『不満・ネガティブ』な退職理由を伝えると、伝えられた側は気分がいいはずがありません!

基本的に退職を伝えるのは直属の上司です。

退職日までは出勤し、毎日顔を合わせるわけで、お互い気まずい気分になるかも。最悪、手続きなどで不利益を被ることも考えられます。

なので、『不満・ネガティブ』な退職理由が本音でも、言い換えたほうが得なのです。

 

同じ職場に戻る可能性を残せなくなる

万が一ですが、都合が変わって元の職場に戻りたくなったら・・・って考えると、円満退社しておきたいですよね!

ないとは思いますが、世の中は先のことはわかりません。事実、私の見た経験でも辞めたあと元の職場に戻ってきた人が2人ほどいました。(薬剤師ではありません)

 

ですので、『不満・ネガティブ』な退職理由で辞めるのはおすすめしません。

もしもを考え、大人対応の処世術で『不満・ネガティブ』であっても『ポジティブ・やむを得ない理由』に言い換えましょう。

円満退社が基本ですよ!

 

だれもが納得できる、薬剤師が円満退社しやすい退職理由は?

薬剤師が円満退社する退職理由ってどうすればいいのでしょうか?

誰もが納得できる理由であれば、引き止めにくいし、円満退社できそうです!

これから紹介します!

 

今の職場では解決できない理由ならOK

今の職場では解決できない理由

  • 薬剤師として別な仕事に
  • 病気(精神含む)・怪我
  • 結婚・出産・育児
  • 親の介護
  • 家業を継ぐ

これって、先に説明した『ポジティブ・やむを得ない理由』です。

どれも、今の職場で解決できない理由ですよね。

そうなんです、職場で解決できない理由なら引き止めにくいですし、納得せざるを得ないから円満退社できるのです。

薬剤師として別な仕事をしたいということで転職するための退職理由なら、どうにもならないです。

病気や怪我なら、仕方ないですし、『結婚・出産・育児、親の介護、家業を継ぐ』のような人生の出来事が理由で退職するなら引き止めることもできないでしょう。

 

注意点としては、辞めたあとに前職の同僚と偶然でも会うことになるかもしれませんので、ウソはできるかぎり避けたいですね。

 

前向きな理由だと引き止められにくい

キャリアアップなど前向きに進んでいきたい薬剤師の退職理由なら引き止められにくい!

前向きな退職理由の例

  • キャリアアップ
  • 〇〇の資格を活かせる職場で活躍したい
  • 友人と起業する

現職で叶えられないキャリアアップを目指している・・・だと引き止めようがない。どんなキャリアアップなんだって上司に聞かれた時にスラスラと説明できるとより良いです。

資格を持っていて、今の職場より活躍できるところに・・・だと、しかたないな~って納得するしかありません。

 

『円満退社!』薬剤師が退職理由を伝えるベストなタイミングとは?

薬剤師が円満退社するためには、退職理由を伝える時期とタイミングがあります。

退職を切り出す時期は退職の1~2ヶ月前

退職を切り出す(伝える)時期は引き継ぎ・手続きを考えると1~2ヶ月前がベスト。

法律的には2週間前に伝えればでOKですが、会社の就業規則で1ヶ月前となっている場合が多いです。円満退社には就業規則に従うことが大切です。

有給が残っているなら消化しきっての退職が得ですので、たくさん残っているなら考慮して退職日を決めましょう。

よくあるパターン⇒『有給消化が完了した日を退職日に設定』すれば、有給消化開始日から会社に行かなくて済みます。

 

仕事場が忙しくない時期に伝えるのがベスト

繁忙期に退職を伝えると、しつこい引き止めの可能性があります。一番必要な時に辞めるなんてとんでもないってなります。取り合ってもらえない可能性すらあります。

怪我や病気が理由の退職などの緊急の場合は仕方ありませんが、それ以外の理由で退職を伝えるのは繁忙期を避けましょう。そのほうが、伝えやすいし聞いてもらえます。

 

【退職の切り出し方】上司に断られないタイミングと伝え方!

【退職時ボーナスと有給】もらうには?減額や返すことってあるの?

 

退職理由に自信がないときはキャリアアドバイザーに相談するのもあり!

薬剤師が上司に伝える退職理由は、職場や待遇の不満とかネガティブな内容は避け、納得感のあるものにしましょう!

退職理由の内容に不安がある薬剤師さんは、転職支援サービスのキャリアアドバイザーに相談するのもありです。

 

自分だけで転職活動するよりも、『転職支援サービス(無料)』を利用すると成功率がアップしますのでぜひ利用してみましょう。どれがいいか悩んだら下の『ファルマスタッフ』にまず登録すればOKです!3つ登録すると成功率もアップしますよ。転職支援サービスは転職先から成功報酬がありますので転職者は、登録も利用も無料です。

今月の『転職支援サービス』申込数ランキング

  1. ファルマスタッフ
    東証一部上場の日本調剤グループによる運営による転職支援
     https://www.38-8931.com/
  2. お仕事ラボ
    創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」の転職サポート
     https://www.oshigoto-lab.com/
  3. 薬剤師転職ドットコム
    東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
     https://www.ph-10.com/

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm