【仕事辞めたい病】理由と転職決断の前にやるべきこと【勇気を!】

09/04/2020

仕事辞めたい病が慢性化してる・・・

「ずっと悩んでる~、仕事をしなくて済むことを夢見て頭の中は現実逃避してるけど毎日会社に通ってる。いっそ辞めたらどんなに楽になるのかなって1日10回ぐらい思う。 まだ先が長いよ~、どうすればいいのかな?教えて欲しい」

悩める~

 

この記事では、「仕事辞めたい病」に感染している人の理由と悪化する前にやるべきことを、お伝えします。
これを読んでいるあなたは「仕事辞めたい」と思っているから見ていると思いますので最後までチェックですよ!

こんな人に向けて書いています

  • 自分も「仕事辞めたい病」かな?
  • 辞めたほうがいいのかな?
  • どうしたらいいんだろう「仕事辞めたい病」?

記事をしっかり読むと、「仕事辞めたい病」の対処法がすっきりわかります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

「仕事辞めたい病」って病気なの?

「仕事辞めたい病」かもって病院に行っても、そんな病気はありませんって言われます。

「仕事を辞めたい」って常に思っているけど、辞めるわでもなく日々が過ぎていく状態。
長く患って慢性化しているので、むしろそれが普通になってきている。

よく知られている「月曜病」みたいなのと一緒です。

 

でも、本当の病気じゃないからとそのままにしておくと、悪化します。
精神を消耗して「心が折れたり」、「体調に異常がでたり」、「うつ」になったり、最悪の場合働けなくなることもあります。

 

あなたは、自分が「仕事辞めたい病」に感染しているか知りたくないですか?

診断チェックしてみましょう!

「仕事辞めたい病」診断チェック


「仕事辞めたい病」の診断をするチェック項目です。
軽度のレベル1~重度のレベル5に分けています。

自分がどのレベルなのかチェックしてみましょう。

1.仕事が楽しくない
2.仕事がストレス
3.ときどき仕事を辞めたいと思う
4.就業後・休日も仕事を辞めたいと思う
5.仕事のことを考えると生きるのが辛い

 

あなたはどのレベルでしたか?

判定は以下のようになります。

・1と2レベル:このままだと「仕事辞めたい病」にかかる可能性あり。
・3レベル:軽度の「仕事辞めたい病」の可能性。
・4レベル:重度の「仕事辞めたい病」対策が必要。
・5レベル:重度の「仕事辞めたい病」今すぐ対策しないと悪化する可能性大。

3レベル以上に当てはまった人は、原因と対策を考える必要ありです。

 

「仕事辞めたい病」になる原因とは

原因は一つだけでなく、たくさんあります。

感染する原因とは

  • 労働条件、職場環境が良くない
  • 仕事熱心、責任感が強い
  • モチベーションダウン
  • 会社勤めが向いてない
  • 社内で浮いている
  • 5月病が悪化して「仕事辞めたい病」になる

労働条件、職場環境が良くない

長く働く職場だから、気持ちよく働きたいけど

 

  • 人間関係がよくない
  • 残業が多い、サービス残業がある
  • 有給休暇が取得しづらい
  • そもそも給料が低い

こんな問題がると「仕事辞めたい病」に感染する可能性がグッと上がります。

どれも辛いけど、「人間関係」は仕事を辞める理由の上位です。
なんと、どんな業界、職種でも共通の問題なんです。

 

仕事熱心、責任感が強い

熱心に仕事に取り組んできたのに、ある時急に仕事を辞めたくなることがあります。

責任感が強い人ほど、自分の理想と現実のギャップに悩んでしまう状況になって、無力感を感じてしまいます。

会社組織なので人に仕事を頼んで達成することもOKなのですが、責任感が強い人は頼めないのです、自分でなんとかしようとします。

他の人から見ると、そんなことって思われがちですが、悩める人が多いのもこのパターンです。

 

モチベーションダウン

仕事に変化がなく同じことばかりだと、モチベーション(動機や目的意識)が下がって「仕事辞めたい病」になります。

すこしぜいたくな悩みですが、意外と辛いです。

この先いつまでこんなことをするんだろう?
気が遠くなる~。

「他の仕事をしたい、他の仕事ならなんでもいい」って考え出すと止まらなくなります。

 

時間が解決することもあります。
「なにかのきっかけで、いまの仕事もそんなに悪くないな」なんてね!

 

会社勤めが向いてない

会社に毎日満員電車で痛勤するのに疲れたな、もっと自由に働ける方法はないのかな?

検索すると「フリーランス」という働き方があることに気づきます。

フリーランスは特定のところに雇われないで働く「個人事業主」なので、ある意味、「個人社長であり労働者」です。

自分の知らないところでこんな働き方があったなんて・・・「仕事辞めたい病」の発症です。

雇われて働くことに向かない人もいるので「フリーランス」を検討してみるのもいいかも。

 

未経験からフリーランスエンジニアになる方法

 

社内で浮いている

会社で暇になると「仕事辞めたい病」になります。

ミスして信頼されなくなったり、会社の業績低下で仕事が減ったりして会社にいながら暇な場合があります。

先が見通せなくなって仕事をやめたくなりますよね。

このパターンだと、転職を早く決断すべきです。

 

5月病が悪化して「仕事辞めたい病」になる

新卒で入社し、5月の連休を過ぎた辺りで仕事をやめたくなるパターンで、昔から知られている病ですね。

思い描いていた会社員と現実とのギャップを知り、ヤバいって思うのですが、入ったばかりの1ヶ月間、つまり4月中はいろいろあったりで時間があっという間に流れて緊張感の緩む頃の5月に入ると目が覚めるんです!

「仕事とはこんなもの」って納得できる人はいいけど、そうでないと5月病が悪化して「仕事辞めたい病」になる。

実際、ここで辞める人多数なのも実情ですよ!

 

新卒だけど「仕事辞めたい」という人の対処法まとめ

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

「仕事辞めたい病」の対策法は?

こんなことをしてみましょう。

 

  • 「仕事辞めたい病」に感染したら少し時間を置いて気持ちの変化を待ってみる
  • 「仕事辞めたい病」に感染したら自分に「ご褒美する」
  • 「仕事辞めたい病」に感染したら休職して仕事を離れてみる
  • 「仕事辞めたい病」に感染したら転職活動を始めてみる

 

「仕事辞めたい病」に感染したら少し時間を置いて気持ちの変化を待ってみる

もしかしたら「仕事辞めたい病」、時間が経ったら治るかも。

環境の変化か自分の気持の変化で、「あれっ!気にならなくなってる」ていう日がく可能性もあります。

それでも「仕事辞めたい病」が長期間変わらなかったら他の対策を試してみたほうがいいです。

 

「仕事辞めたい病」に感染したら自分に「ご褒美する」

仕事熱心、責任感が強い人は有給休暇も取らずに働き詰めになるパターンが多いです。

なので、そんな人が「仕事辞めたい病」に感染したなら仕事を少し休まないと・・・悪化します。

※有給休暇を取って旅行してみる⇒非日常で自分をリセット

※自分の欲しかったものを購入する⇒仕事を忘れさせる楽しい思いでリフレッシュ
(○○を買うために働くみたいな目標設定しても効果的)

 

「仕事辞めたい病」に感染したら休職して仕事を離れてみる

有給休暇でリフレッシュしたはずなのに・・・効果なし!

 

「仕事のことを考えると生きるのが辛い」レベルまで悪化している「仕事辞めたい病」だと、一時的に休業して仕事を離れてみる必要があります。会社を辞める前に休職を考えてみましょう。

 

ただ、休職の理由は会社に伝えなければなりません。
「仕事辞めたい病」で休職しますとは言いにくいのが実情で、普通は「医師の診断書」が必要です。

 

ただし、休職すると

評価が下がったり、今までと同じように扱ってもらえなくなったりします。
それで居心地悪くなって「辞める」ことになることが多いです。

 

休職したらどうなるを説明してます!

 

「仕事辞めたい病」に感染したら転職活動を始めてみる

仕事が辛いけどいきなり辞めたりしてはだめ、辞めてから仕事を探すとなると焦ってしまいいい条件で転職できなくなります。

 

おすすめなのは、「仕事を続けつつ転職活動を始めてみる」ことです。

活動してみたら、「いい仕事が見つかるかもしれないし、やっぱり今の仕事で続けていけそう」ってなるかも。

なぜなら、動いてみると違う景色が見えてくる可能性があるからです。

 

「仕事辞めたい病」に感染している状態で、自分一人での転職活動は辛いものがあります。

そんなときは、転職エージェントを利用してプロのサポートを受けながら活動するのをおすすめします。

 

転職エージェントは、担当者がつき「求人探しから、履歴書サポート、面接対策、給料交渉」までサポートしてくれます

無料ですべてやってもらえるし、キャリアアドバイスもしてもらえます。

 

転職エージェントの選び方を知ってうまく利用する方法

「仕事辞めたい病」まとめ:

 

※「仕事辞めたい病」は、本当の病気じゃないからとそのままにしておくと、悪化する。

※悪化した場合は、「うつ」になることが多い。その場合は本当の病気なので「精神科」の病院にいくべき。

 

悪化させないようにするには、この記事にある『「仕事辞めたい病」診断チェック』を試してレベル3以上の人は対策することが必要です。

 

仕事辞めたい病になったら、転職エージェントに登録して転職すべきか相談してみよう。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm