転職に『成功する人と後悔する人』の違い!考え方?これなの・・・

転職成功する人と後悔(失敗)する人って何が違うの・・・

転職を考えてるけど、失敗して後悔したくない~。今が最悪っていうわけじゃないけど、一度しかない人生だからもっといい条件ではたらきたいな。どんなことに気をつければいいのか知りたい、だれか教えてほしい。

このまま働き続けたくない~

 

この記事では、転職に成功する人、失敗して後悔する人の違いをお伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • 転職しようか悩んでる人
  • 転職活動してるけど、いい条件の会社が探せてない人
  • みんなどうしてるのかな?

最後まで読むと、成功する転職のやり方がすっきりわかります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

転職に成功する人・後悔する人の違い?

転職に成功する人・後悔する人の違いって運とか偶然じゃないみたい!!

転職活動のタイミングが違う

こんな違いが!

  • 成功する人⇒在職中に転職活動、有利な季節や月も考慮
  • 後悔する人⇒退職後に転職活動

成功する人は在職中に転職活動をしています。

 

在職中であれば、収入も確保しつつ焦ることなくじっくり活動できます。働きながらですので時間の制約がありますが、『転職エージェント』を利用すれば時間のかかることを任せられますのでスムーズに活動できます。

 

退職してからの転職活動だと、収入もなくなることから早く決めなければと焦ってしまい妥協した条件で決めてしまいがちです。

 

在職しながらの転職がなぜおすすめなのか?下の記事で理由を説明してます。後悔しないように参考にしてくださいね!

 

在職中の転職活動がいいのはわかったけど、タイミングは?下の記事で有利な季節とか月を確認してみて!

 

絶対に譲れない条件は妥協しない

こんな違いが!

  • 成功する人⇒希望条件を絶対に譲らない
  • 後悔する人⇒希望条件を妥協する

転職するからには現状よりいい条件を求めているはずです。転職の目的が給料なら年収の高い企業に移ることですよね。

 

転職に成功するには、絶対に実現したい条件を決めて、それだけは絶対に妥協しないこと。

他の条件がよくても、給料アップにならないならきっぱり選択肢から外します。

 

転職することを決断した目的が達成できないような妥協をしても後悔するだけです、なんのために転職・・・ってなります。

最初に『絶対に実現したい条件』と『妥協してもいい条件』を分けてから転職活動を始めるようにすると成功しやすいですね。

 

転職する理由が違う

こんな違いが!

  • 成功する人⇒転職理由が明確
  • 後悔する人⇒転職理由がなんとなく

転職が成功する人は、理由がはっきりしています。

人間関係、給料の低さ、仕事内容が合ってない、などなど。

はっきりしていれば、求人を探すときに迷わなくて済みます。

 

転職理由がはっきりしてないと・・・

なんとなく、飽きた、仕事自体がいや、など曖昧(あいまい)な理由。

理由がはっきりしないので、どんな求人を探すべきか迷ってしまい、とりあえずなんとか転職。

これでは、転職先でも同じことの繰り返しになりかねません。

 

転職を成功させるには、なぜ転職したいのか自分の気持の理由をはっきりさせてから。

 

転職する・しないを判断する方法を詳しく解説しています。後悔する前にチェック!

 

自分の転職理由を判断してみよう!『甘え』なのか違うのか?

 

求人への応募数に違いが!

こんな違いが!

  • 成功する人⇒複数の企業へ応募
  • 後悔する人⇒1社にしか応募しない

転職に成功する人は、複数の企業に応募し確率をアップします。

後悔する人は、1社に絞って内定を待つことをしがち。

 

短期間に数をこなすことで面接も慣れてきますし、本命でないところを先に受け練習することもできます。

うまく利用することで成功につなげるんです。

 

1社受けて内定を待って、だめだったら探して・・・ってやってると効率悪いし気力も削がれます。

活動が間延びして期間ばかりかかることとなり、最悪、面倒になり妥協するか転職活動自体を辞めることになるかも。

 

転職活動は、同時に複数の企業に応募し確率アップを図ることで短期に成功できます!

 

内定後、条件確認のレベルが違う!

こんな違いが!

  • 成功する人⇒給与など条件を入念に確認
  • 後悔する人⇒条件を確認せず入社

内定をもらうとウキウキですが、ちょっと待った!

労働条件をしっかり確認しないと後で後悔する可能性がありますよ!

採用内定通知書などに書いてある労働条件は入念に確認するべき。

実は、求人情報と違ってた、思っていたのと違ってたなんて入社してから後悔することもよくあることなんです。

 

条件の確認はメールでも電話でもOK、入社前に入念に確認し安心して転職活動を完了しよう!

 

内定もらって『ばんざーい』ではなく、その後が重要です!返事をする前に下の記事でだまされない方法を確認するべき!

 

求人情報に書いてあることのウソを見抜く方法の解説をまとめ!転職活動の前に下の記事をチェックしてくださいね!

 

志望先での礼儀正しさが違う

こんな違いが!

  • 成功する人⇒応募先で常に礼儀正しい
  • 後悔する人⇒受付等では油断しがち

どんな場合でも礼儀正しい人は問題ありませんが、普段そうではない人は応募先のすべての場面で礼儀正しくを心がけよう!

面接官だけに礼儀正しくするだけでは不十分、受付から気を抜くことなく気をつける。

 

面接官と受付の人が何気ない会話でさっきの人・・・って悪いイメージになったら損です。

もしも採用されたら同じ会社の仲間になるわけですので印象よくしておいたほうが得。

 

転職先の情報収集が違う

こんな違いが!

  • 成功する人⇒あらゆるサイトで情報収集
  • 後悔する人⇒求人サイトのみ確認

転職に成功する人は、情報収集を多面的に行います。

求人サイト、企業のホームページ、SNS、企業の口コミサイト、転職エージェント・・・

 

口コミサイトや転職エージェントで会社の内情をある程度知っておけば、入社してから後悔するリスクを下げられます。

情報を知ってないと面接で答えられないし、そうなると『この人本当に志望しているのかな?』って印象ダウンにも。

 

転職口コミ・サイトで信頼できるサイトってあるの?下の記事でおすすめの口コミサイトを紹介してます。

 

転職支援サービス利用の有無が違う

こんな違いが!

  • 成功する人⇒積極的に利用する
  • 後悔する人⇒あまり利用しない

転職を成功させる人は、圧倒的に転職支援サービスを使い倒してます。

条件のいい『非公開求人』なんかは『転職エージェント』にたくさんあるので利用しないと大損です!

もはや、自分だけで求人を探しても苦労する割に良い求人にめぐり会えないのが実情。

在職して働きつつだと、転職活動の時間も情報量も限られているため、それだけで不利です。

 

今や、『転職エージェント』を使い倒すのは転職活動の基本ですので、利用しましょう。

 

転職エージェントの選び方!成功するための選び方を解説してます。相性って大切!

 

転職支援サービスの登録数が違う

こんな違いが!

  • 成功する人⇒複数のサービスに登録
  • 後悔する人⇒登録サービス数が少ない

転職で成功する人は、『転職エージェント』などの転職支援サービスを複数活用していることが多いです。

転職成功者は、平均で4~5社くらいの登録らしいです。

 

登録するだけで面倒って思ってしまうと、なかなか成功するのが難しくなってきます。

多い人は10社以上登録して確率をアップする人もいるようです。

 

複数登録する目的は、『転職エージェント』って扱っている求人が同じではなく、特に『非公開求人』はそれぞれ独占だったりするのでどうしても複数必要になるんです。

 

転職を成功するには、複数の転職エージェントを併用して使い倒すこと!下の記事で成功するコツを解説してます!

 

転職に成功する人になろう!

転職で妥協してしまうと、さらに転職することになり繰り返しになってしまいます。

今回の内容の『成功する人と後悔(失敗)する人』の違いをしっかり確認して成功する人になってくださいね!

転職エージェントは、複数を使い倒すのが転職を成功させるコツですので面倒がらずに活用してみてください!

 

転職活動ってやり方がたくさんあるようでも、おすすめは3つだけですよ!下の記事で解説してます。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm