【経理に強い転職エージェント】未経験なら資格ってなにがいい?

経理に強い転職エージェントってどれなの・・・

経理や管理への転職を考えてるけど、どこの『転職エージェント』を利用しようか悩んでる~。未経験でもOKなのかな?経理関連の資格のことも知りたいな。だれか教えてほしい。

おすすめは~

 

この記事では、おすすめの『経理や管理に強い転職エージェント』をまとめて紹介します。転職エージェントを利用するときの注意点もまとめましたので、しっかり読んでくださいね!未経験の人におすすめの資格も説明しますね!

こんな人に向けて書いています。

  • 経理や管理に強い『転職エージェント』を知りたいっていう人
  • 『転職エージェント』を利用する時の注意点知りたい人
  • 経理関連の資格も知っておきたい人

最後まで読むと、『経理・管理に強い転職エージェント』と利用する時の注意点がわかり、不安がなくなります

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

『転職エージェント』関連記事リンク 合わせて読みたい

 

転職エージェント
 ⇒【転職エージェントとは】無料で登録・相談も!おすすめの利用方法!
 ⇒ベンチャー企業へ転職※求人の探し方とおすすめ転職エージェント4選
 ⇒転職エージェントのサポート期間※3ヵ月制限ありって?登録はいつがいい?
 ⇒【転職エージェントが無料なわけ】怪しくない?成功報酬の仕組みとは
 ⇒【経理に強い転職エージェント】未経験なら資格ってなにがいい?
 ⇒【リクルートエージェント】フリーター・ニートの転職登録はできる?
 ⇒未経験からの就職・転職に強いおすすめ転職エージェント厳選!

 

仕事を変わりたい
 ⇒【人間関係で転職】人と関わらない仕事46選!正社員・バイトの求人
 ⇒【求人詐欺とは?】ひっかからない対策と遭ったときの相談窓口紹介
 ⇒楽な仕事ランキング! 正社員の転職で精神・肉体が辛くない職業とは
 ⇒【失業保険の金額計算】月額・期間・上限・会社/自己都合の違い!
 ⇒【仕事を辞めたい特集】退職を考えた時チェックすべき記事のまとめ!
 ⇒人手不足の業界・業種ランキング!転職するメリットは○○だった?
 ⇒【在宅ワーク・副業おすすめ】データ入力や人気の求人・主婦でもOK!
 ⇒働きたくない人向けの仕事って・・・あるの?調べてみた!【脱社畜】
 ⇒【働きやすい会社の特徴とは】選ぶときのポイント・条件を調べてみた!

 

経理の転職に強い転職エージェントを複数登録

転職エージェントってたくさんあります。(100以上)

その中で、経理の転職に強いところを選ぶってどうすれば・・・

 

大丈夫です、選んでおきました!

経理の転職に強いところって、まずは大手の転職エージェントになります。扱っている求人数が多く、経理の『非公開求人』があります。

それと、経理、人事、財務・・・のような管理部門に特化したMS-Japanのような転職エージェントが強いです!

 

実際に転職エージェントを利用する場合、複数登録をおすすめします。そのほうが成功確率がアップするから。

転職成功者の平均登録数は4~5、もっと多く登録している人もいます。

転職エージェントは複数登録が有利な理由!

  • 扱っている『非公開求人』は転職エージェントごとに違うので選択肢が広がる。
  • 相性がいいキャリアアドバイザーに巡り会える。

 

これから紹介する『経理の転職に強い』転職エージェントで気になったのを登録するのがおすすめ!

複数登録で『非公開求人』も『キャリアアドバイザー』も選択肢を広げておきましょう。

 

リクルートエージェント 実績No.1

 

おすすめする理由と強み:

  • 幅広い職種の求人を多数保有
  • 業界No.1の転職支援実績
  • 求人数トップクラス

25万件以上で、求人の80%は「非公開求人」全国にある相談拠点数も業界最多なので地方求人にも強く、U・Iターンを希望する人にも対応

リクルートエージェントに相談してみる

転職支援実績No.1!

リクルートエージェント公式サイトへ

無料で登録・利用できます

 

MS-Japan 【経理】 【財務】

公式サイト⇒経理財務・人事総務・法務の求人・転職|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

おすすめする理由と強み:

  • 管理部門特化型エージェントで、経理・財務の求人も豊富に保有
  • 創業29年間でのべ2万人以上の転職のサポート実績
  • 管理部門特化型エージェントNo.1(※「人材紹介企業のブランドに関する調査」 2017年3月 実査委託機関:
    楽天リサーチ(株))

MS-Japanは、東証1部上場企業(東京証券取引所 市場第一部:証券コード6539)経理・財務・人事・総務・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士などに特化

MS-Japanに相談してみる 

経理・財務などの管理部門の転職が得意分野!

MS-Japan公式サイトへ

無料で登録・利用できます

 

doda 満足度No.1 【20代】 【30代】

 

おすすめする理由と強み:

  • IT・通信系・営業系の求人を多数保有
  • 非公開求人が80%
  • 特に20~30代の人におすすめ

求人を約10万件保有し、その80%以上が条件のいい『非公開求人』ですので公表されていない「狙い目」の求人です。それと、『doda』の特徴として転職サイトと転職エージェントの両方を利用できるので、求人探しの選択肢がさらに広くなります。

doda(デューダ)に相談してみる

転職者満足度No.1!

doda公式サイトへ

無料で登録・利用できます

 

パソナキャリア 女性向け

公式サイト⇒パソナキャリア

おすすめの理由:

  • 幅広い職種の求人がそろっている
  • 各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザー多数
  • 大切にしているのは、求職者の経 験・ご希望をより深く掘り下げていくこと

※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人

パソナキャリアに相談してみる

女性に人気!

doda公式サイトへ

無料で登録・利用できます

 

JAC Recruitment  ハイクラス 

公式サイト⇒JAC Recruitment

こんな人におすすめ:

  • 現在も年収600万円あるけど、さらにハイキャリアを目指したい
  • 外資系を含めて転職先を探している
  • 管理職での転職を目指している男性・女性

※外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強み

JAC Recruitmentに相談してみる

ハイクラス転職者向け!

JAC Recruitment公式サイトへ

無料で登録・利用できます

経理の転職に強い転職エージェント一覧

ここまで紹介してきた『経理に強い転職エージェント』の一覧です!

転職エージェント おすすめのポイント
リクルートエージェント  
  • 約90%が非公開求人
  • 求人数トップクラス
MS-Japan
  • 約90%が非公開求人
  • 管理部門特化型エージェントNo.1
doda(デューダ) 
  • 約80%が非公開求人
  • 利用者満足度No.1
パソナキャリア
  • 大手で女性に寄り添った転職支援
  • 転職後の年収アップ率が67.1%
JAC Recruitment
  • ハイクラス転職向け
  • 利用者満足度94.5%

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

経理の転職にも『転職エージェント』が必要なわけ

経理の転職にも、『転職エージェント」の利用をおすすめします!

転職エージェントが必要なわけ

  • ブラック企業を避ける
  • キャリアを積める仕事が探せる
  • 非公開求人に応募できる
  • 転職活動の効率と成功率アップ

ブラック企業を避ける

転職エージェントは企業の内情をよく知っているから、ブラックな企業を避けて紹介してくれます。入社してから後悔したくないですよね!

 

キャリアを積める仕事が探せる

今や、経理の仕事って単純作業はAIに取って代わられつつあります。もしくは、アウトソーシングで経理の作業部分は外部委託が多くなっています。

そうなると、昔ながらの経理のような一日中計算をしているような仕事ってもはや無いんです!あったとしても、時間の問題でAIかアウトソーシングに変わってしまうでしょう。

だから、これから経理という仕事をする人は、作業ではなく『経理を管理』するような仕事になります。転職エージェントなら、これからもキャリアアップできる経理の仕事を紹介してくれるはず!

 

非公開求人に応募できる

『転職エージェント』を利用する大きな利点は『非公開求人』への応募ができることです。有利な条件となっている『非公開求人』は、非公開と言っているくらいですから一般には出てこない求人です。

でも、だからこそ転職者にとっては『非公開求人』こそが応募するべき求人なんです!

非公開求人は転職エージェントごとに扱っている求人が違いますので、選択肢を広げるためにも複数登録をおすすめします。

 

企業が『非公開求人』を出したいわけを解説! 理由があるんです。

 

転職活動の効率と成功率アップ

転職は働きながらの活動になるため、時間が限られています。そんなとき『転職エージェント』を利用すれば転職先探し、応募書類の添削、面接の段取り、面接のアドバイス、企業と条件の交渉などのサポートをやってくれます。

自分一人での転職活動では選択肢も時間も限られてしまうため、思い通りの転職にならない可能性があります。

転職エージェントをフル活用して成功率をアップしましょう。

 

未経験でも経理への転職は可能、資格を取得するなら何がいい?

未経験であっても、経理への転職は可能なことは覚えておいてください!

『未経験で資格もない』場合でも『転職エージェント』に相談してみてくださいね。

 

未経験でもOkですが、パソコンのスキルや資格があるとより良いですね。

※パソコンならエクセル、ワード

※日商簿記(2級以上)財務諸表を見てその会社の経営状態や問題点を判断することができる、2級レベル以上が求められます。

いつの時代にも求められる税務知識や日商簿記3,2級など経理に役立つ100講座が学べる動画サイト

 

経理の転職に強い『転職エージェント』の注意点

ここからは、経理の転職に強い『転職エージェント』を利用する時の注意点をお伝えします!

 

複数の『転職エージェント』に登録すると成功しやすい!

転職エージェントが違えば保有している『非公開求人』も違いますので、複数登録するだけで選択肢が増え成功しやすいです!

すくなくとも4~5社くらいの転職エージェントには登録してせんたくしを増やしておきましょう。

 

忘れがちなのが、転職エージェントの担当者(キャリアアドバイザー)との相性です。複数登録すれば多くのキャリアアドバイザーに出会えます。人によって相性も得意分野も違います、よい人に出会える確率も上がります。

戦略としては、多く10社くらい登録し相談して4社くらいに絞るのも一つの方法ですね!

 

もしもすぐに転職しない場合でも転職するつもりの姿勢で

相談する時は、『転職する』の姿勢で。

もしもまだ、『転職するかどうか悩み中』だけど、どんな企業に転職できるのか探りたいなら、転職するつもりの姿勢をキャリアアドバイザーに見せるとサポートがよくなります。

そうしないと、転職エージェントのキャリアアドバイザーが本気になってくれないから。

 

転職エージェントはすぐに転職しそうな人を一生懸命サポートしがちです、なぜなら入社してくれれば転職先企業から紹介手数料がもらえるから。

 

だから『転職するかどうか悩み中』であっても多少演技し『転職するつもりの姿勢』で相談します。

良い企業があればすぐに転職するつもり』と伝えるとサポートがよくなります。

ウソにはならないです。転職するかは自分で決められるので問題ないのです!

 

キャリアアドバイザー(担当者)とは、こまめに連絡する

キャリアアドバイザーは、あなただけでなく他の転職希望者も担当しているのが普通です。

もしも、連絡の間隔が空いてしまうと

  • あれっ!他ので内定が出て連絡してこなくなったのかな?
  • 転職する気が薄れたのかな?

こんなふうに感じ、他の転職する気が高い人のサポートを優先してしまいます。

 

優先的にサポートしてほしいなら、こまめに連絡して転職する気があることをアピールしておきましょう。

こまめに連絡って、2週間に1度くらい。

 

『転職エージェント』の複数利用は隠さないでOK

転職エージェント側は、転職者が複数利用するのが普通なことは知っています。

なので、複数登録していることは隠す必要なし。

 

聞かれなければ言う必要もありません!

もしも『ほかも利用してますか』って聞かれたら隠さず伝えれば問題なしです。それでサポートが悪くなることもないはず。

 

転職成功者が登録する転職エージェントの数は4~5が普通。そのほうが転職の成功確率も上がります。

なぜなら、扱っている『非公開求人』もカバー範囲も違うから。

 

同じ求人に『複数エージェント』から応募してはダメ!

同じ求人に複数の転職エージェントから応募しておけば、どれか内定になるかも?

複数の転職エージェントに登録しておくと、ほぼ同時に同じ企業を紹介されることも・・・。

そんなとき、『複数応募しておけば内定確率上がるかも!』って考えがち!

 

複数の転職エージェントを通して同じ企業に応募 ⇒ 混乱、揉め事になる可能性が高い。

その結果、あなたが信用されなくなり、転職活動が失敗します。

 

もしも、同じ企業を紹介されたら『他の転職エージェント経由で応募しました』って答えればOK。

転職エージェント側も複数利用しているのは普通のことだと知っているので問題ないんです!

 

キャリアアドバイザーと合わない時はチェンジできる

あなたも、キャリアアドバイザーも人なので、相性が合わないことも。

「運」もありで、考えてもしかたないです。

 

キャリアアドバイザーは自分で選べませんが、複数のエージェントに登録すれば複数のキャリアアドバイザーに会うことができます。その中からいい人だけに絞って残すことも可能。

 

それと、転職活動を始めてからでも、「相性が悪い、このままでは転職が成功しない」と感じたら、いつでもキャリアアドバイザーをチェンジできます。

 

我慢して嫌な思いをしながらの転職活動はよくありません。
キャリアドバイザーはチェンジ可能、エージェントに依頼しましょう。

それでもだめなら、他のエージェントにチェンジしましょう。

 

『経理に強い転職エージェント』を利用して成功させよう!

 

経理の転職を成功させるには

  • 経理に強い転職エージェントに複数登録
  • 条件のいい『非公開求人』を狙う、選択肢を広げるため複数の転職エージェントに登録
  • キャリアアドバイザーとの相性があるので、複数の転職エージェントに登録

転職を成功させるには『転職エージェント』の複数登録がコツなんです!

 

転職エージェントの選び方をまとめてます!うまく使う方法を知っておきましょう!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm