【結婚前後の転職】男女別、有利・不利なタイミングと理由とは・・・ 

03/16/2021

結婚を機会に転職したいな・・・

今の仕事のままで結婚してもやっていけるのかな~。将来のことを考えると、家事や育児が両立できるのか心配!子供との時間も考えないと、どんなタイミングで転職するのがいいのかな?だれか教えてほしい。

気がかり~。

 

この記事では、結婚を機に転職する時のベストなタイミングと注意点をお伝えします。女性だけでなく男性にも役立つと思いますので最後まで読み進めてみて!

こんな人に向けて書いています。

  • 結婚して今の仕事を続けていくのか不安な人
  • 結婚を機会にどんなタイミングで転職すればいいのか知りたい人
  • みんなどうしてるのかな?

 

記事をしっかり読むと、結婚を機会に転職するときのベストなタイミングがすっきりわかります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

『転職活動の有利な進め方』関連記事 合わせて読みたい!

 

転職活動の有利な進め方!
 転職に『成功する人と後悔する人』の違い!考え方?これなの・・・
 ⇒【転職方法】やり方は7つ!でもおすすめは3つだけ、なぜなら・・・
 ⇒【転職活動・疲れた】辛い・不安になったときに試したい6つ、気持ちが軽くなる・・・
 ⇒【転職に役立つ資格おすすめ37選】男性・女性に有利で人気なのは・・・
 ⇒【転職活動は在職中?退職後?】企業側の印象に差があるの?得なのは?
 ⇒【転職したい】と思ったら転職活動するべき?しなかったら・・・後悔するの?
 ⇒【結婚前後の転職】男女別、有利・不利なタイミングと理由とは・・・

 

年代ごとの転職成功方法
 【第二新卒の転職・就活】採用は厳しいの?失敗する理由と成功の方法とは
 ⇒【20代・転職エージェント厳選】女性にもおすすめ!利用すべき理由とは?
 転職は未経験でもOK?20代後半(25・26・27・28・29歳)向け!
 ⇒【転職30代】男性・女性向けおすすめエージェント・サイト3選|キャリア別に解説
 未経験の転職はNG?30代前半(30・31・32・33・34歳)向け!
 未経験の転職はNG?30代後半(35・36・37・38・39歳)向け!
 
【40代・転職】未経験は失敗?40・41・42・43・44歳はきびしい~成功するには?
 ⇒【40代後半・転職】未経験は失敗?45・46・47・48・49歳はきびしい~成功するには?
 ⇒【50代前半・転職】年収の現実と成功のコツ!転職エージェントの活用がおすすめ!
 ⇒【50代後半・転職】失敗と成功のコツ!転職エージェントの活用がおすすめ!
 ⇒【60代・転職】シニア世代が就職に成功するコツは業界選びと・・・

 

転職口コミサイトで転職先を調査
 【転職口コミサイト・おすすめ】信頼できるの?人気と評判の4選は?

 

転職の流れ
 【3分でわかる転職の流れ】準備から内定・退職・スケジュールまで
 【転職内定後の流れ】保留・辞退・連絡・返事の期間はいつまで?迷う・・・
 【求人応募メールの書き方】好印象の例文あり!ルールと注意点とは?
 【転職・中途採用の筆記試験対策】実施率は51%【問題例あり】重要度は?
 ⇒【契約社員・途中退職できる?】勤続1年を境に退職条件が変わる・・・
 ⇒【電話でできる無料転職相談】おすすめ窓口、相談から始まる仕事探し

 

適性検査の通過対策!
 【転職・適性検査とは】能力(spi)・性格問題の通過対策【ウソをつかない?】

 

結婚のタイミングで転職する理由って?

結婚を考えたときに転職する人って多いです!

女性は結婚で人生が大きく変わることが多く、家事や将来の育児の準備、男性なら金銭面や転勤の有無などが多いみたい。

女性が結婚で転職する理由『家事・育児の時間・通勤』

女性が結婚で転職する理由

  • 残業が多く、家事と両立できるか不安
  • 産休・育休、子育ての時間
  • 結婚するパートナーが遠方で通勤できない

独身のときは残業があっても気にならなかったけど、結婚するとなるとそんなことしていたら家事や育児と両立できない!

『まともな生活ができる会社に転職して生活中心の人生にしたい』というのが本音ですよね。

それと、結婚するパートナーが他県だったりし、通勤できないところに引っ越すとなった場合転職せざるを得ません。

 

男性が結婚で転職する理由『転勤回避・給与アップ」

男性が結婚で転職する理由

  • 転勤が多い会社だと家族に負担
  • 家族を持つとなると将来的に給与が不安
  • 残業が多すぎて会社人生になってしまう

転勤が定期的にあるような会社だと、マイホームの夢も実現しづらい。結婚を機に転勤のない企業に転職するケースも増えてきてます。

昔のような会社優先なんてことは通用しません。

今後は、一生独身と決めている方だけが転勤ありの企業に吹き溜まりそうですね!

 

今の時代、家族を犠牲にしてまで会社を優先するなんてバカげてます。会社はお金を稼ぐところ、それ以上のものではありません!

残業や休日出勤の少ない『ホワイト企業』に転職しましょう。

 

残業って断れるの?気になる残業について解説しています!

 

働き方改革で残業はどう変わった?詳しく解説しています!

 

女性の転職は結婚前がベストタイミング!

女性は結婚前の転職がいいと言われてます。転職するなら結婚する直前は結婚準備で忙しくなるため大変です。

できれば、結婚する1年くらい前に転職しておくのがおすすめです。

女性が結婚前に転職するベストタイミング

  • 結婚の1年前

1年前をすすめるのは、忙しいだけではなく以下のような理由からです!

結婚1年前の転職なら産休や育休をとりやすい

結婚前の転職なら、結婚後の転職に比べて産休や育休を取りやすい。

結婚する1年前に転職しておけば、結婚・出産・育児まで時間があり、転職先での仕事にも慣れ貢献できます。

考えてみてください、転職してすぐに産休・育休を利用しようとすると周りの目が気になります。

信頼関係ができてからであれば、産休や育休も取りやすく、復帰もしやすいですよね。

それと、育休は『入社1年以上』という条件が就業規則にある会社も多いんですよ!

こんなことからも、結婚する1年前に転職するのがベストタイミングなのです。

 

結婚後の転職だと産休や育休が想定されるので不採用になることも

結婚後に転職をしようとすると、あからさまに出産の予定を聞かれたりします。

採用側の企業としては、産休・育休その後に時短勤務などしないで働いてくれるかどうか確認したいですからね。

時短勤務制度とは?

 

残念ながら、出産の予定があると答えた場合、不採用になる可能性が高いです。

こんなことから、結婚後の転職はそれだけで苦戦することが予想できます。

 

転職するなら結婚前ですね!

 

ちなみに、産休・育休後に退職するケースなら、下の記事を読んで損しないようにしてね!

 

時短勤務のことは下の記事で詳しく解説しています!

 

子供を考えないなら結婚後の転職もあり

結婚しても子供は持たないというケースもありますよね。

その場合は、結婚後の転職もありです。

 

ただ、途中で考え方が変わるかも・・・

『やっぱり子供がほしい』ってね。

その時はそのときです、それも人生です。

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

男性の転職も結婚前がベストタイミング

男性も結婚前の転職がベストなんです!

結婚後は家族に反対される

結婚した後に転職しようとすると、背負うものが増え、家族からも心配されます。

結婚してなんとかなっているならなおさら、パートナーである女性は安定を求めがちです。

さらに、子供が生まれた後だともっとハードルが上がります。

 

ただし、今の給料で生活に困っているようなら、将来に向けて転職することも理解されるでしょう。

 

住宅ローンは組んでから転職が基本!勤続年数が必要

住宅ローンを組む予定があるなら、ローンの審査には勤続年数が重要なので組んでからの転職にするべき。

金融機関の多くは1年以上の勤続や、3年以上の勤続をローンの審査の項目の一つとしてますので転職してからでは数年経たないとローンを組めなくなってしまいます。

 

結婚を機に、マイホームを手に入れようとしているなら、転職する前にローンを組みましょう。

一度審査に通ってローンを開始すれば、転職してもOKです。金融機関はローンの返済さえきちんと行われれば文句は言いません!

 

結婚がキッカケの転職で注意するポイント

結婚をキッカケに転職するなら、注意すべきポイントがありますので紹介します。

産休・育休の制度をチェック

出産する予定がある人は、転職先企業の産休・育休の制度をしっかり調べておく必要がありますよ!

 

※チェックするポイント

  • 産休・育休の取得実績
  • 育休後、復帰して仕事を続けている社員は多いか

日本の企業でありがちなのが、制度は作ってあるけど運用・利用されてない問題です。

今の流行りでいろんな制度を作ったのはいいけれど、運用実績がないばかりか利用しようとすると暗に退職を言い渡されることも・・・

 

残念ながら、ブラック会社はいまでもたくさん存在します!

 

でも、そんなブラック会社ってどうやって見分ければいいの?

求人情報の福利厚生で『産休・育休の実績あり』などアピールしている場合もあります。

『転職エージェント』を利用すれば、志望先企業に産休・育休の実績があるかや職場の雰囲気も情報が得られます。

 

転職エージェントをうまく利用するコツを解説しています。

 

実際の勤務時間・休日の日数を確認

結婚して生活中心の人生にするには、会社に縛られていたのでは実現しません。

残業時間の少なさや、年間休日数をしっかり確認しておかないと後悔します。

※チェックするポイント

  • 残業や休日出勤の少なさ
  • 週休2日で年間休日数が120日以上か?
  • 定時退社のしやすさ

残業の少なさや、定時退社のしやすさなどは、求人情報からはわかりにくいです。

この点でも『転職エージェント』を利用して生の情報を集めましょう。

ホワイト企業かどうかチェックしましょう!

 

週休2日制度の落とし穴。後悔しないチェック方法!

 

転職先で十分な収入を得られる?

産休・育休が取りやすくても、休みが多くても、給料が少なかったら困ります。

子供って成長するとともにお金がかかります。

子育て家庭で必要な年収と言われているのは

  • 子ども一人の理想の世帯年収は500~600万円
  • 子ども二人の理想の世帯年収は800万円

子供ってたいへん!

専業主婦でやっていけるのは一部の人だけなのかな?

 

転職の面接での注意点

産休・育休・時短制度について詳しく面接で聞きたいけど・・・

だけど、それをやっちゃうと、『休みやすい会社に入りたいということかな?』って思われ、不採用になること間違いなし!

ですので、ぐっとこらえて『長く働きたい気持ちをアピール!』します。

長く働いてくれる人を企業は常に求めています。

 

技術や資格があれば結婚転職も有利!

技術や資格があると、結婚転職でも有利です。

女性に人気の資格は『簿記検定』『医療事務』『介護事務』などです。

 

資格があればすんなりと転職ってなることばかりではありませんが、それでも、じわりと効果があります。

『資格なんて役に立つことが少ない』って言う人は、資格の効果がわかってないです!

資格って、すぐに役立つのがベストだけど、『資格を取得する努力ができる人』、『目的に向かって集中できる人』、『しっかりしている人』という事を印象づけることができるんです。

 

もしも、資格が直接役に立つ職種なら、産休・育休後の復帰も期待されるでしょう!

 

転職で有利になる資格を下の記事で紹介してますので参考に!

 

パートへの転職は大幅な年収ダウン

残業がほとんどないパートだと、時間的にも余裕ができるし、仕事と家事・育児の両立もできそう!

それは間違いないです・・・が

収入の面では厳しいです。

明らかに違うのは、ほとんどのパートには、ボーナスはないです。

他の正社員がボーナス日を迎えても、パートだとしんみりです。

結婚するパートナーの収入がそこそこあれば、収入はなんとかなりますが、一度パートで働き出すと正社員になるのは難しくなります。

 

技術や資格があれば、子供の成長を待って正社員になる可能性もありますので、資格はだいじにしましょう!

 

結婚がきっかけの転職は早めに

女性も男性も、結婚をキッカケに転職するなら早めをおすすめします。

ただし、住宅ローンを組むなら転職前の勤続年数がある状態で審査を受けましょう。

 

転職の注意点は、転職先に産休・育休・時短勤務などの制度があり、実際に使用実績があるか調べることです。

求人情報ではわからないことが多いので、『転職エージェント』を利用して活動をすることで職場の情報を予め調べましょう。

 

ホワイト企業の見分け方、知らないと損する!

 

ブラック企業の見分け方、知らないと大損する!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm