薬剤師の転職・求人サイト・エージェント※人気おすすめ3選【失敗なし】

05/26/2020

薬剤師で転職・就職しようとしている人。

「働いてるけど、なんか自分が思い描いていた仕事と違うし、お給料も不満・・・もう一度しっかり探してみたい。薬剤師におすすめの就職転職サイトをおしえてほしい」

気がかりですよね。

 

この記事では、薬剤師の就職・転職で、人気があり安心な、おすすめサイト・エージェントをお伝えします。

記事を読み終わると、登録すべきサイト・エージェントがはっきりし、希望する仕事に出会える可能性が高くなります。

 

薬剤師が転職する理由

薬剤師が転職する理由で多いのが

 

  • 人間関係
  • 年収アップ
  • 職場環境
  • キャリアアップ

です。

人間関係

人間関係は、薬剤師の職場に限らずどんな職場でも転職理由のトップです。
残念なことですが、仕事の問題よりも人間関係のほうが厄介なのが実情です。

こんな時は、転職もありです。

新しい職場になったからといって人間関係が0になるわけではありませんが、一度リセットできます。

一人薬剤師の薬局を狙うのも一つの方法です。
一人なので休みが取りづらいですが、人間関係でストレスを抱える可能性はかなり低下します。

 

年収アップ

薬剤師はもともと年収は高いはずですが、同じ薬剤師でもどんなところで働いているかで年収は変わってきます。

製薬会社は狙い目ですが、中途採用はなかなかハードルが高いです。

次に狙い目なのがドラッグストア勤務の薬剤師です。
中途採用の求人が多く転職は比較的楽でしょう。

調剤薬局なら都会より地方が有利です。
薬剤師不足なので、交渉次第で給料が高くなる可能性があります。

 

職場環境

職場環境と自分のライフスタイルが合わない場合転職を検討します。

例として、育児や介護など家庭の事情でフルに働けないので時短が可能な職場に移りたい場合などです。

 

キャリアアップ

ずっと同じ職場で働いていると、知識も経験も偏ってきます。
例えば、クリニック、単科の専門病院などだと狭い範囲になりがちです。

総合病院の門前薬局に転職すれば、幅広い薬剤の知識と経験が身につきます。

 

薬剤師の転職・求人サイト・エージェント※人気おすすめ3選

しっかりした転職サポートを受けたい人向けの求人サイト・エージェントを選びました。

転職サポートは

  • キャリアカウンセリング
  • 面接アドバイス、面接日の調整
  • 給料や待遇面での条件交渉
  • 採用後のフォロー

などです。

ここにご紹介する「転職・求人サイト」は運営会社の信頼度が高くサポートがしっかりしていますので、安心できます。

注意:ランキングではありません。

 

どれも無料ですのでお気軽に!

お仕事ラボ

お仕事ラボ

おすすめする理由:

  • 雇用形態は正社員・パート・派遣から選べ、検索可能
  • 希望する薬局などがある時は、逆指名して条件交渉の代行を依頼できる
  • 創業30年、全国300店舗を超える調剤薬局「(株)アイセイ薬局」のサービス

 

薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコム

おすすめする理由:

  • 雇用形態は正社員・パート・派遣から選べ、検索可能
  • 独自のネットワークで求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況・忙しさなど『本当に知りたい情報』を得られる
  • 東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト

 

薬剤師ベストキャリア

薬剤師ベストキャリア

おすすめする理由:

  • 雇用形態は正社員・契約・パート・短期から選べ、検索可能
  • 「転職して終わり」ではない「キャリア支援」開業やキャリア、ライフプランやマネープラン支援
  • 医療・介護専門の転職サポート20年の実績、業界最大級の会員数30万人

 

薬剤師の転職・求人サイト・エージェントを使うコツ

転職サイトは担当者が付いて、サポートしてくれるのはいいのですが

  • 転職サイトの担当者と相性が悪い
  • 担当者が自分の売上を上げるために「なんでもいいから早く転職させよう」
  • 自分の求めているものではない求人ばかり紹介してくる

こんな時は、他の担当者に変えてくれるよう転職サイト側に依頼しましょう。
もしも、それでもダメなら転職サイトを他のものに変えましょう。

運悪く、こんな状況になったら、躊躇なく実行しましょう。
めんどうではありますが、複数のサイト、担当者を経験すれば、よい担当にめぐりあえます。

 

辞めさせてくれない場合:

新しい職場が決まって今の職場に辞める意思と手続きをしているのに辞めさせてくれないことがあります。

自分ではどうにもならないときは「退職代行サービス」を使いましょう。

退職代行サービスのまとめ

 

まとめ:

良くも悪くも転職サイトの担当者の影響を受けます。

良い担当者と悪い担当者の違いとは?

  • レスポンスが早いか?
    優秀じゃない担当者ほどエスポンスが遅い
  • 応募する業界職種の知識経験が豊富か?
    条件交渉で成功する確立が上がる
  • 求職者の話をちゃんと聞いてくれる
    優秀な担当者は求職者の話をちゃんと聞いて提案できる

このあたりを注意してチェック。

 

特定の企業をムリに押してきたり、転職をせかしたりするようなら即、担当者をチェンジしましょう。

求職者が嫌な思いをする必要はないです!

運営会社の信頼度が高くサポートがしっかりしている転職サイト

 

どれも無料ですのでお気軽に!

 

それではまた。

 

人気記事

 

仕事

Posted by cosm