フリーランスエンジニアの仕事探しは5種類【求人サイトと・・・】

04/10/2020

この記事は、フリーランスエンジニア仕事探しの方法を書いています。

「フリーランスエンジニアを考えてるけど、仕事ってどうやって探すんだろう?仕事案件が途絶えたりしないんだろうか?」

こんなことが気になりますよね。

 

現在、エンジニアの需要はかな~りあり人手不足状態が続きますので、仕事がないって言う心配はあまりしなくて済みます。(ちゃんとやってれば)

※この記事を書いている私も数年前は会社員をやってました。(鬼残業エンジニア)
いまでは午前中PCとにらめっこ、午後はスーパーの買い物に付き合ったり。
夕食後は趣味時間としています。

フリーランスエンジニアの仕事探し方法

5種類あり。

・フリーランス向け求人サイトから受注
・フリーランスの知人から受注
・以前働いていたところから受注
・ブログから受注
・自分で営業して受注

最初はフリーランス向け求人向けサイトで始めるのがおすすめ。
すこしづつ他の方法を試していくことで守備範囲が広がり安定します。

フリーランス向け求人サイトから受注

最初に試すのがフリーランス向け求人サイト、ありがたいことに登録すれば仕事案件が流れてきます。

フリーランスでも、特にエンジニアであれば人手不足の状況があるので、仕事案件があふれています。これからもITの発展とともに圧倒的にエンジニアが不足していく予想となっているのでおいしいですね。

フリーランスエンジニアの求人サイト【とりあえず登録すべき】

 

  • ギークスジョブ ※定番の大手IT系、単価高め、常駐型メイン、業界実績15年以上、案件探し~案件参画後までの手厚い専任サポート体制が強み
  • Midworks ※安心保障がある。フリーランスの独立をサポート。関東1都3県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)対象
  • PE-BANK ※全国各地に拠点があるのが強み。UIターンのフリーランス向け。フロントサイド、ゲーム系案件よりも、業務系案件に強み。設立から30年!

登録はどれも無料です。
※流れてくる案件をみると、自分に対する市場価値(≒ 年収)が分かります。とりあえず登録しておいて案件を見て検討ですね。

※もうひとつ、大手求人サイトで人気なのがレバテックフリーランスです 。こちらも登録しておくと案件に困らないです。

フリーランスの知人から受注

フリーランスをやってると、求人サイト経由の仕事で知り合ったり、なにかと同じ仲間が増えていきます。

自然と情報共有したり、助け合ったりしてきますね。

稼いでいる方法を教えてもらったり、メンターみたいな人に巡り合うこともしばしば。
案件をそんな知人経由で紹介してもらったりして、少しづつフリーランス界隈に慣れていきます。

以前働いていたところから受注

あなたがいま会社員をしているなら、フリーランスとして独立する時に案件を受注できるように交渉しておくのもいい方法です。

ただし、いなくなると困るような存在になっていないと案件受注は難しいのも事実。

そのためには、会社から信頼され、必要不可欠の人材としての仕事ぶりを保ちつつ、やめてほしくない人になっていることが条件です。

ブログから受注

ブログ作って発信していれば、いろんなところから受注できるのでは・・・って思いがちです。

でも、そんなでもないです!

なかなかブログって見てくれないです。

最初は!

でも、ぜったいやるべき!!

理由は、自分のプロモーション資料としての役割もできるからです。

・プロフィール
・スキル
・仕事経歴
・受注可能範囲

最低こんなことをまとめ、発信します。
さらに、仕事案件をこなすたびに内容をブログで発信していきます。

最初はアクセスありませんが、自分で営業するときのプロモーション資料になりますのでしっかり作りましょう。

これが積み重なっていくと、ブログアクセスも増えていき途中からとっても稼ぎやすくなります。

 

失敗しないブログのコツ

自分で営業して受注

フリーランスの求人サイトから受注するだけでなく、直接自分で営業しましょう。

なぜなら、求人サイトからの受注にはマージンが十数%取られてしまうからです。

フリーランスになりたては求人サイトに頼るのが普通ですし、とってもありがたい存在です。

「でも営業ってやったことないんです!」

エンジニアの人はそれが普通。

飛び込み営業で真夏にスーツ着て名刺を配るようなことをおすすめしているのではありません。

ブログでプロモーション資料を作ったなら、メールをどんどん送りましょう。

調べられるだけ、考えられるだけの全ての制作会社にブログのURLを含んだメールを送り案件が受注できないか問い合わせましょう。

この方法なら、PCの前で営業できます。

稼げてるフリーランスエンジニアって?

↓本質的なことは、これです。


稼げているフリーランスエンジニアがやっていること

・信頼関係がある
・できるアピールをしている
・エンジニアは人手不足

信頼関係がある

信頼関係は構築できます。

仕事をしっかりこなし、依頼主に満足してもらう・・・

だけではだめです。

※必要以上(期待以上)なことをするんですね。
おまけをつけるんです。

「あれ!それ頼んでないけどやってくれたの、ありがとう」ってなります。

そうすると、次の案件が出たときに、どんどん仕事が舞い込んできます。

「一連の流れを理解してくれているから細かく説明しなくてもやってもらえる」っていうレベルになれば「信頼関係の構築」が完成します。

こんなふうにすると、同じ依頼主から繰り返し案件を受注できるようになります。

信頼関係の構築ができた依頼主を増やしていくことで、一人では案件をこなしきれないほどになり、あなた自体がエージェントみたいな仕事も手掛けるようになる可能性があります。

できるアピールをしている

ブログで技術解説を発信。

これは、仕事で経験したノウハウや便利なことを技術的に解説してまとめるだけでOK。

蓄積されていくと、「あっ!あれを書いている人ね」ってなり、ちょっとした有名人に。

スキルの裏付けに作用するので信頼される。
そうなると、自然と案件が舞い込んでくるようになります。

エンジニアは人手不足でチャンスは続く

エンジニアは、とってもいい時代に生きています!

これからIT業界はさらなる人材不足が続く予想があります。

IT人材に関する経済産業省の委託事業の調査によれば、2030年には中位シナリオの場合、なんと約45万人のIT人材不足が想定されています。

これほどIT系エンジニアの不足が見込まれているわけですので、案件自体はなくなるどころか増える一方で、どうするんでしょうかね。

小学校でプログラミング教育を始めるようですね、慌てていることがよくわかります。

フリーランスエンジニアになるなら、動くから始める

フリーランスって自分の経験でいうと

よしっ!やろうって思った瞬間から頭がガーッて動き始めた気がします。
もうそればっかり考えながら動き始めてました。

準備をするために動き始めます。

いきなり明日からフリーランスだーっていうのはだめですよ。

用意周到、できることからやる!
人生の景色を変えていくには行動することです。

フリーランスエンジニアの求人サイト

 

  • ギークスジョブ ※定番の大手IT系、単価高め、常駐型メイン、業界実績15年以上、案件探し~案件参画後までの手厚い専任サポート体制が強み
  • Midworks ※安心保障がある。フリーランスの独立をサポート。関東1都3県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)対象
  • PE-BANK ※全国各地に拠点があるのが強み。UIターンのフリーランス向け。フロントサイド、ゲーム系案件よりも、業務系案件に強み。設立から30年!

※流れてくる案件をみると、自分に対する市場価値(≒ 年収)が分かります。

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm