【退職代行】サービスのおすすめ人気業者と最安料金!決めるなら・・・

03/17/2021

退職代行サービスのおすすめを知りたい。

できれば、人気がある業者と最安料金も。

気がかりですよね。

 

この記事では、退職代行サービスを利用しようと考えている人に、安心な最安料金とおすすめ業者をお伝えします。

この記事を読み終えると、悩んでた退職を解決する方法が分り気が晴れます。

 

『退職代行』関連記事リンク 合わせて読みたい!

 

会社を辞めさせてくれない時の対処法
 ⇒【会社を辞めさせてくれない!】ケース別の対処法と最終手段とは?
 ⇒【退職引き止め】しつこい!断り方・対処法※慰留ハラスメントなの?
 ⇒【仕事・会社を辞めたい】言えない・勇気なさすぎなら退職代行を使おう!

 

退職代行サービスのメリット/デメリット
 ⇒【職代行サービスとは?】辞める時に利用するメリット/デメリット!

 

退職代行サービスの安値、相場
 ⇒【退職代行】サービスのおすすめ人気業者と最安料金!決めるなら・・・
 ⇒【退職代行サービスの料金相場】安い業者と高い業者どっちを選ぶ?
 ⇒【退職代行サービスおすすめ・ランキング】選び方と気になる料金も掲載!

 

退職代行サービスのよくある疑問
 ⇒【退職代行サービスの疑問!】引き継ぎ・有給消化・退職金どうなる?
 ⇒【退職代行は弁護士法違反?】問題なく会社を辞めるられる理由とは?
 ⇒【弁護士と退職代行サービス】メリットとおすすめは?【辞めたい!】
 ⇒【退職代行サービス・一般系・労働組合系と弁護士系の違いとは?】

 

退職代行で失敗・トラブルのリスク
 ⇒【退職代行で失敗・トラブルのリスク】想定されるケースと避ける方法とは?
 ⇒【退職代行の利用で会社から損害賠償・懲戒解雇!】されるリスクは?

 

退職代行は派遣・契約社員・アルバイト・パートも利用可?
 ⇒【退職代行は派遣・契約社員も利用可?】契約期間中はどうなる?
 ⇒【退職代行はアルバイト・パートもOK?】苦痛から脱出しよう!

 

※退職代行関連記事まとめ
 ⇒【退職代行サービスの利用方法】仕事・会社を辞める!完全まとめ【大特集】

 

安心料金で人気のある「退職代行」6選!決めるなら・・・ 

退職代行は、高額料金のところもありますが、サービス自体はほとんど変わりません。

ただ、注意しなければいけないのが異常に安い料金の退職代行です。
オプションやら追加料金がかかって結局高く付くことになる場合があります。

ここで選んだ『退職代行』は安心して依頼できることと、料金についても安心なことを基準としています。

 

退職代行SARABA(サラバ)

料金 相談 返金保証
25,000円 無料 あり

退職代行SARABA(サラバ)公式サイトへ

退職代行SARABAは、労働組合(ユニオン)が運営しているため、一般の退職代行サービスでは対応できない『退職日や給与振込などの交渉』が可能なんです。

交渉ができるのはSARABAのみ。

ASARABA(サラバ)
即日対応 可能
対応時間 24時間
対応方法 電話・メール・LINE
支払い方法 銀行振込・カード決済
運営会社 株式会社ワン
※退職代行の実行は退職代行SARABAユニオン

退職代行SARABA(サラバ)公式サイトへ

 

Re:Start

Re:Start
料金:20000円(キャンペーン中)

 

ニコイチ

退職代行ニコイチ
料金:27000円

 

男の退職代行

【男の退職代行】
料金:29800円

 

わたしNext

【わたしNEXT】
料金:29800円

 

退職代行Jobs

退職代行Jobs
料金:29800円

 

どんなときに退職代行を使うの?

多いのは次の3つ

  • ブラック企業
  • 辞めさせてもらえない時
  • 精神的にまいってしまっているとき

ブラック企業

パワハラや長時間労働がまかり通っていて、先が見通せないので抜け出したい。

日頃から怒鳴られたり、高圧的な態度で上司からプレッシャーを受けていると、恐怖が先に来て辞めたいと言えなくなってくる。

ブラック企業は、その辺りも見通していて言い出せないような雰囲気作りと罠(わな)を仕掛けているのが普通です。

 

こんなときは、どっぷりはまっている自分ではどうしようもないので『退職代行』を使って脱出しましょう。

 

辞めさせてもらえない時

ちゃんと自分で辞めますと辞表を出したにもかかわらず、なかなか辞めさせてもらえないケース。

すでに転職する先が決まってるのに、いつまでも伸ばされたのでは困ります。

 

慰留ハラスメントです。

「後任が見つかるまで待ってくれ」、「考えさせてくれ」とその場で言った後、なんの返答もなく、うやむやにして気が変わるのを待つような感じに。

 

人手不足や、あなたが辞めると新しい人を採用しなければならないので費用がかかることから「過度な引き止め」になってしまうのです。

でも、そんな事情は自分には関係ありません。

きっぱりと「退職代行」を使って断ち切りましょう。

 

精神的にまいってしまっているとき

うつ病になってしまう会社員が増えています。

会社なんかが原因で病気になったら大損です。
さっさと辞めることが大切です。

 

精神的にまいって、限界で心がボロボロになっていたら辞表を出す気力もなくなってるかも知れません。

緊急を要するので「退職代行」にすぐ頼みましょう。

 

すでに「ぐちゃぐちゃにトラブってる」ときには

少々料金がかかりますが、弁護士が対応する「退職代行」を使うといいでしょう。

他の「退職代行」に依頼したけど、断られたような場合は活用してみる価値ありです。

  • 有給取得の交渉
  • 給与未払いへの対応
  • 退職金の請求
  • 未払いの残業代の請求
  • 日本全国対応
  • 他社の退職代行に断られた困難ケース

 

弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士法人みやびの退職代行サービス

着手金:55000円
オプション費用:回収額の20%

 

まとめ:【退職代行】サービスのおすすめ人気業者と最安料金!決めるなら・・・

※安心料金で人気のある「退職代行」5選!決めるなら・・・
 ⇒安心して依頼できることと、料金についても安心なこと 

※どんなときに退職代行を使うの?

  • ブラック企業
  • 辞めさせてもらえない時
  • 精神的にまいってしまっているとき

※すでに「ぐちゃぐちゃにトラブってる」ときには
 ⇒弁護士が対応する「退職代行」を使う
 ⇒弁護士法人みやびの退職代行サービス

 

退職代行サービスは、自分では辞めることができないような困ったときに使います。

使う時は、自分を守るための費用として考えるようにします。

 

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm