フリーランスとは孤独な仕事!社員から独立してわかる向き不向き

フリーランスとは孤独な仕事!

そんなことわかってる。

でも、実際に独立すると、会社員のときと違って向き不向きがあるみたい。

この記事では、孤独になりがちなフリーランスの現実と「どうすればいい」についてお伝えします。

 

 

フリーランスとは孤独な仕事!

「フリーランスは孤独になりたいから独立する」ですよね。
「脱・○○」組が多い。

みんなと「わーきゃー」やっているのがいいなら会社員でOK。

 

フリーランスになるには、今までの自分の価値観を棄て、フリーランスの価値観になるということ。

自分の価値観なんて関係なく、会社が倒産して仕事がなくなってフリーランスになる人は、そんなことごちゃごちゃ言ってられないのも実情。

どちらにしてもフリーランスになったからには、孤独は普通にやってきます。

 

フリーランスになったら、友達も休みが合わなかったりで疎遠になりがち。
仕事が変わると、プライベートだって影響する。

受け入れるしかないです。

その代わり、自然と企業の経営者やフリーランス仲間と知り合いになります。

全くの孤独というわけではないです。

 

社員から独立してわかる向き不向き

フリーランスに向いているのか、向いていないのか、早いうちに判断すべき。

フリーランスになる前、なった後で次の1~5を確認しましょう。

 

  1. 命令されるのが嫌
  2. セルフマネジメントができる
  3. 自分の仕事が好き
  4. コミュニケーションが好き
  5. 変化を楽しめる

1の「命令されるのが嫌」にあてはまっているならフリーランス向きで間違いないです。
自分で決め納得してないと動けないという人はフリーランスになるべき。

命令されたり指示されたりが気にならない人なら・・・会社員でOK。
「自分で判断するなんて、わかんないし面倒」ということですよね。

 

2~5は、フリーランスで成功できるかどうかです。

2~5は全部あてはまっていなくてもいいですが、多いほうが可能性が上がります。

 

しばらくフリーランスをやってみて

「あ~っ自分、会社員のほうがよかったかも」って思ってしまうのなら

⇒社員に戻るのもありです。

 

 

向き不向き、成功する人5選

 

フリーランスが孤独と付き合うには?

基本フリーランスは孤独なんですが、孤独じゃない状態を作ることも可能です。
自分から意識して作るのがコツ。

「必要なくてもやってみる」ということです。

 

コワーキングスペースを活用

フリーランスや個人事業主がコワーキングスペースを使うと交流できます。

共通の価値観を持つ人が同じ空間に集まることで、スペースの共有やイベントが生まれコミュニティが自然とできます。

お互いの刺激にもなりますし、孤独感なんて全く感じなくなりますよ!

自然と知り合いも増え、フリーランス人生のモチベーションアップになります。

 

常駐案件を選ぶ

例えばフリーランスエンジニアなら『常駐案件とリモート案件』があり、うまく回せば孤独感を減らせるかも。

 

常駐案件なら企業に出向いて社員や他のフリーランスと一緒に仕事をするので孤独感は感じないで済みます。

フリーランスでありながら一人じゃなくチームとなってプロジェクトを完成させる経験も味わえます。

 

リモート案件も選ぶ

常駐案件ばかりだと孤独感が少ないかも知れませんが、長くやっていると組織から離れたくなります。

そんな時、次はリモート案件の仕事を請けましょう。

常駐もリモートも自由に自分で変えていけるのもフリーランスのメリットです。

 

常駐なら

リモートワークなら

 

まとめ:フリーランスとは孤独な仕事!社員から独立してわかる向き不向き

※フリーランスとは孤独な仕事!
 ⇒フリーランスになったからには、孤独は普通

 

※社員から独立してわかる向き不向き
 ⇒フリーランスの向き不向き、早いうちに判断

 

※フリーランスが孤独と付き合うには?

  • コワーキングスペースを活用
  • 常駐案件を選ぶ
  • リモート案件も選ぶ

 

フリーランスは孤独になりがち、自分から動いて孤独を感じない環境にするといいです。

フリーランスになるからには、多少の孤独は受け入れられる精神にするしかありません。

慣れです。

 

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm