軽自動車のシートに後付けベンチレーションを付けたら後悔した!

軽自動車のシートに後付けベンチレーションを付けてみたらどうなったかを、ご紹介します。

結果、なぜもっと早く後付けベンチレーションを付けなかったか後悔しました!

 

自動車保険を安くする『一括見積もり』を試したら・・・驚き!

『生活』関連記事リンク 合わせて読みたい

 

役に立つこと

簡単修理

便利サイト

なぜ軽自動車のシートにベンチレーションを付けた?

グレーのファブリックシートに、ベージュの後付けベンチレーション

 

今回シートベンチレーションを付けたのは軽自動車(スズキ・アルト)で、どちらかというと、お買い物車なので何時間も運転することが少ないです。

ですが、実は別のメインの車が古くなって手放したのはいいが、新しい車の納車が昨今のコロナ半導体問題で1年待ちくらいとなり、お買い物車であった軽自動車だけの運用になっています。

なので、軽自動車をたまに2時間半くらい運転することもあり、夏はエアコンONでも太もも辺りは蒸れてきます。でもよく考えてみると、メイン車もレザーシートではないのに1時間も運転していれば蒸れていた感じだったかも?

 

新しい車を検討しているときにレザーシートのベンチレーションのことを知り、どんなんだろ~ってYoutubeみてたら後付ベンチレーションもあるって・・・

アマゾン・楽天チェックしたら、意外と安い!!
 アマゾン⇒後付シート・ベンチレーション
 楽天  ⇒後付シート・ベンチレーション

知らなかった!!

軽自動車のシートは当然ながらレザーシートではありませんが、『後付ベンチレーションを付けたら快適になる』かもって・・・試してみたくなり、無謀にも運転席、助手席に付けてみました!

 

購入時の顛末(てんまつ)

初のベンチレーションなので、いきなり運転席、助手席の2つを購入するのはリスクと思い、とりあえず運転席だけ購入。

効果があったので追加で助手席にも同じ商品を購入しました。

 

ここで、ちょっとだけ問題がありました。

ベンチレーションの電源はシガライター用ソケットに差し込む方式なのですが、車にシガライターのソケットは1つだけで運転席と助手席だと2つ必要になってしまします。

後からわかったのですが、同時に運転席、助手席用の2セットを購入するとシガープラグから2本電源コードが出ているものになり車に1つしかソケットがなくてもOKとなっていたのです。

わたしの場合、先に単品で注文したので1本用の電源コードでした。

左が1本用、右が2セット用

後から追加で注文しても、また1本用の電源コードが付いてくることになってしまい困ります。

 

↓アマゾンの商品説明画像の電源コードについての説明。左が私が注文した時の画像、右が指摘後に改善した画像(現在)。

 

アマゾンの説明は、単品と2セット注文したときに電源コードが違うということが判かるように改善されました。

私が注文したときは左の画像だったので、電源コードが2種類ついてくるのだと思いこんでいました。これなら、あとから追加で助手席分のベンチレーションを手に入れても大丈夫って思ってました。

単品注文後、商品が到着して電源コードが2種類入ってない旨、問い合わせたところ2セット注文しないと2本用は付いてこないことがわかりました。でも、お店(inotenka)の対応が良くて、わかりずらい説明だったので今から追加で助手席分を注文してくれれば2本用を付けてくれるということなので助かりました。

 

少し驚いたのが、到着した商品には、保証書も説明書も付いていませんでした。説明書はなくても簡単なのでわかりますが、保証書がないって困るな~って思い問い合わせてみたところ、1ヶ月だそうです。

↓到着時は、テープでぐるぐる巻きにしたビニール。ビニールが3重になっていて剥いでいくと、意外と高級感のあるベンチレーションが。

車のシートがグレーなのでベージュ色、マッサージ機能なしを選びました。送料を含めて7千円台です。

 

商品説明はこんなです![アマゾンから転載]

 

いくつも見比べて、値段も考慮し、これかな~って決めました。

 

実際に軽自動車のシートに後付けベンチレーションを取り付けてみた

 

↓シートに設置するのは簡単で、丸いストッパーをシートに押し込んで引っ掛け、ベルトを下と上に固定。写真を取り忘れましたが、ベンチレーションシートの足元方向にも伸縮ベルトフックがあるので固定するだけ。

シガーソケットに電源プラグを差し込めばOK。

スポンサーリンク

↓スイッチの拡大写真、座面はメッシュで空気の抜けがいい。合皮部分は意外と高級感あり!裏面は車のシートからずれないよう滑り止めとして小さな突起を配列した構造になっている。

 

良い点

  1. 長時間(試したのは2時間半の連続)の運転でも、背中~おしり~太ももまで全然蒸れない。シートベンチレーションを付ける前は、何度も信号待ちで腰を浮かして太ももの蒸れを逃がす必要があった。
  2. 背中はエアーがそれほど出てないようだが、蒸れない
  3. 後付ベンチレーションなので座り心地が悪くなるんでは?って思っていたけど、意外と違和感がない。すくなくとも2時間半程度の連続運転でおしりが痛くなったりしなかった。
  4. 座るとON、離席すると自動OFFになるので便利
  5. 見た目、意外と高級感がある。
  6. 空気が出てくるので心配だったが、初期のイヤな臭は、全く感じなかった

今一つな点

  1. 背中はそれほど涼しくない(蒸れないのでOKではある)
  2. 軽自動車のシートは短いのでサイズ的には少し余る感じ
  3. 乗り込むときに背中とこすれて一部折り込んでしまうときがある⇒背中の中央の位置に固定ベルトがほしい
  4. 背中をシートから離すとファンの音が耳につく

まとめ:軽自動車のシートに後付けベンチレーションを付けたら後悔した!

もっと早くシートベンチレーションを付ければよかった!⇒これが後悔したことです。

軽自動車のエアコンの能力は比較的弱いのでシートベンチレーションをつけることでかなり快適になります。

 

注意点:

今回私が注文した商品は12V、24V対応があるので、間違えないこと! 運転席、助手席につけるつもりなら、2セット用のシガー電源を付けてもらえるように2セットの注文が必要。

今回の軽自動車アルトでは『12V、ベージュ色、マッサージ機能なし』を注文時に選びました。

アマゾン・楽天チェック!!
 アマゾン⇒後付シート・ベンチレーション
 楽天  ⇒後付シート・ベンチレーション

 

それではまた。

 

スポンサーリンク

人気記事

 

生活

Posted by cosm