未経験の転職はNG?30代後半(35・36・37・38・39歳)向け!

11/24/2020

30代後半で転職を考えてる・・・

30代後半になっての転職ってできるのかな~、30代後半で転職するのは難しいし、リスクって言われるけど、どうすればいいのか教えてほしい!

30代後半で成功する人もいるんですよね~。

 

この記事では、30代後半になると転職が難しいと言われる理由と、転職を成功させる人の特徴、転職のリスクを紹介します。

こんな人に向けて書いています。

  • 30代後半、転職したいけど悩んでる人
  • 転職ができるのか、成功した人がいるのか知りたい人
  • みんなどうしてるのかな?

 

記事をしっかり読むと、30代後半の転職事情がはっきり理解できます。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

30代後半の転職は難しい理由

なぜか30代後半になると転職が難しいって聞きます、残念ながら事実です。

内定率が下がることもありますが、転職しようと考えても家族から理解が得られずに転職自体を諦めざるを得ないのも実情です。

30代後半を積極的に採用する企業は少ない

30代後半になるにつれて求人数が減ってきます。

求人情報には年齢制限を記載できないのでわかりませんが、実質30代後半だと応募しても面接まで進めないケースが多いのです。

世に言う『35歳転職限界説』かなって気づく場面ですね!

 

自分のキャリアの延長線の職種・業種なら『即戦力』で採用される可能性がありますが、未経験の職種への転職を希望してもハードルが高いです。

 

30代後半は書類選考で落とされやすい

20代なら若いため今後の『可能性』が評価されるため、未経験の職種・業界であっても採用されます。

30代後半ともなると、『即戦力』しか評価されません。

 

さらに、若い人と比べて劣る点が多いため、どうしても書類選考が厳しくなります。

30代後半が落とされるのは

  • 考えが凝り固まって柔軟性が無い
  • 知識などの吸収が遅い
  • 将来性を期待しにくい

一般的にこんなふうに思われがちなのです。

ですので、求人情報に年齢制限が記載されていなくても、『書類選考の時点で年齢で振り落とされます』

やっぱり不利です!

 

30代後半だと書類選考で落とされやすい!下の記事を参考に完璧な履歴書・職務経歴書を作成し突破しよう!

 

30代後半は高望みしすぎな人が多い

30代後半ともなると、給料や役職もそこそこになっているはず。

さらに上を目指すための転職だと、あれもこれも条件を高くしようとしてしまいがち。

転職の目的を絞って探さないとすべての条件に当てはまる企業が見つからない可能性が高いです。

 

どうしても実現したい条件と、妥協してもいい条件を分けて転職活動すると『ぶれない』ので成功する確率がアップします。

 

30代後半は家族に理解してもらえず反対される

30代後半くらいになると、妻子がいることが多く、金銭的な面のリスクを心配されて転職が理解されづらいです。

家族から見たら、『特に問題ないのになんで転職なんかするの?』って理解不能です。

 

家族に話す前に『転職なんて言い出したら反対されるに決まっている』と思い悩んで取りやめることが多いんじゃないかな!

話してみなければわからないので、話してみてから考えましょう。

賛成してくれるかもです。

 

30代後半で転職するリスクを確認

30代後半の転職もリスクがあります。

どんなリスクなのか知っておきましょう。

30代後半で転職 年収ダウンの可能性が高い

転職サイト『リクナビNEXT』のアンケート結果から

30代後半の転職で

  • 54.2%は年収が下がった
  • 28.8%は年収が上がった
  • 17%は変化なし

いきなり残念な結果。

30代後半の転職だと半分以上の人が年収ダウン!

そのかわり、労働時間が改善されたりする場合が多いので必ずしも悪いわけではないですね。

ワークライフバランスが保てるようになれば、家族との時間が持てますし、副業で稼ぐことも可能になります。

 

30代後半で転職 年下の上司、年上の部下

30代後半の転職で入社してみると、年下の上司となることも・・・

年下の人に命令されたり使われるのが苦痛に感じる人も多いのでは。

逆に、年下の上司からみると、年上の部下である、あなたをどう扱っていいのか気を使ってしまうかも。

 

配属されてみないとわからないので、リスクではあります。

現代ではこのようなケースは普通にあるので慣れれば、なんてこと無いかも!

 

30代後半で転職 勤務形態が変わると体調を崩すことも

勤務場所、勤務形態、職場は知らない人ばかりなので、慣れるまで緊張して体調を崩してしまうかも

20代のような環境適応力があればOKですが、30代後半ともなると、そんなに簡単に適応できないことも。

家族にも影響する可能性がありますので注意が必要!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

30代後半で転職に成功する人とは?

ここから30代後半で転職に成功する人の『考えと行動』を紹介します。

30代後半の転職で成功する人は『高望みしすぎない』

30代後半で転職に成功するには、『高望みしすぎない』ことが大切。

もちろん、さらなるキャリアアップで『高望み』すること自体は悪くないけど、身の丈にあった『望み』にとどめておくべき。

 

年収アップが目的の転職なら、年収アップ以外の条件は妥協することも必要。

例えば、『年収アップが条件だけれども労働時間は妥協する』ということ。

年収アップも、労働時間も少なくっていう条件だとなかなか探せなくなってしまいます。

 

転職に成功するには、譲れない条件以外は妥協することを考えながら転職活動をすると成功しやすいです。

 

30代後半の転職で成功する人は『資格やスキル』を持っている

30代後半を採用する企業側が求めているのは『即戦力』。

専門スキルや資格があれば、転職しやすいです。

転職先スキルが活かせる、もしくは職場で必要とされる資格を持っている。こんな場合は『即戦力』アピールできますので採用されやすいですね。

30代後半の転職は、必ず同じ職種・業界を狙うべき!

 

30代後半の転職で成功する人は『家族に理解』をとっている

30代後半の転職で成功する人は『家族に理解』してもらい転職をしている。

そうすれば、応援してもらえるし、職場のことも話せるのでお互いハッピーになれます。

最悪、転職して給料が下がっても労働時間が減って家族との会話が増えたりすれば、それもいいことです!

 

30代後半の転職で成功する人は『転職エージェント』を活用している

 

30代後半の転職で成功する人は『転職エージェント』をフル活用して不利な点を少なくしている。

『転職エージェント』に相談することで、30代後半であっても採用されそうな求人を探し出してくれます。

闇雲に応募するより、ふだんから企業の調査を行っている『転職エージェント』の情報を活用すれば無駄がありません。

求人情報だけでは得られない『非公開求人』への応募も転職エージェントなら可能です!

 

30代後半の転職に必須の転職エージェント

30代後半の転職に『転職エージェント』は必須です!

『転職エージェント』は求人紹介以外のサポートもあります。

転職相談、面接の日程調整、面接対策、履歴書・職務経歴書の添削、給料の交渉もやってもらえます。

それでいて、登録も利用料も無料です。

 

リクルートエージェント 【実績No.1】

リクルートエージェント

おすすめする理由と強み

  • 幅広い職種の求人を多数保有
  • 業界No.1の転職支援実績
  • 求人数トップクラス

リクルートエージェント

転職業界で最大規模の「リクルートエージェント」は、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』といわれるほど。他を寄せ付けない圧倒的な保有求人数が魅力。25万件以上の求人の80%は「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人が多数。

在籍するキャリアアドバイザーの企業への交渉力が強く、当たり外れが少ないという点も、求職者にとって大きなメリットです。

地方求人にも強く、全国にある相談拠点数も業界最多、地域密着型企業やU・Iターンを希望する人にも対応できる点は見逃せません!

転職エージェントで迷ったら業界トップの「リクルートエージェント」を選んでおけば、間違いありません。

転職支援実績No.1!

リクルートエージェント公式サイトへ

無料で登録・利用できます

 

JACリクルートメント 【ハイクラス】

おすすめする理由と強み

  • 30~40代の利用者が多い
  • 年収600万以上の転職に強い
  • 利用者満足度93%

JAC Recruitment

JAC Recruitment」は、利用者数60万人超、コンサルタントの総数約650名を持つ、実力派の転職エージェントです。年収600万以上の人におすすめな転職エージェントで、コンサルタントの質の高さは業界でもトップクラス。

JACは約25,000社企業と取引があり、保有する求人の約60%が非公開求人です。その中には極秘プロジェクトの求人や役員、事業立ち上げなどの戦略的に公開したくない求人など、太いパイプを活かした独占求人が多いのも魅力です。

JAC Recruitment」は利用者満足度93%という高い支持率を得ている点も見逃せません。手厚いサポートを受けることができるので、特に30~50代であれば登録は必須です。

年収600万以上は登録!満足度93%!

JAC Recruitment公式サイトへ

無料で登録・利用できます

 

パソナキャリア 【女性】

おすすめする理由と強み

  • 非公開求人が80%
  • 転職後の年収アップ率67.1%
  • 転職支援実績25万人

パソナキャリア

転職支援実績25万人という十分な実力を持つのが「パソナキャリア」です。パソナキャリアは非常に評判が良く、2019年・2020年、2年連続オリコン顧客満足度調査・転職エージェント1位という好成績。

求人件数は50,000件以上、取引実績企業が16,000社以上と業界でもトップクラス、さらに保有する求人の80%が「非公開求人」です。「非公開求人」には条件のいい優良求人が多数含まれています。

転職後の年収アップ率が67.1%と、「パソナキャリア」は業界でも抜群の高水準を誇るので、転職の目的が年収アップという人は登録すべき。キャリアアドバイザーは女性の転職サポートに数多く携わった人が多く、女性の転職希望者は、満足行く転職活動ができるはずです。

年収アップ率67.1%!

パソナキャリア方式サイトへ

無料で登録・利用できます

 

ビズリーチ 【外資系】 【ヘッドハント】

ハイクラス求人 ビズリーチ

おすすめする理由と強み

  • ハイクラス特化スカウトサービス
  • 8割以上がスカウトからの転職者
  • 年収1,000万円超えの求人が1/3

ビズリーチ

ビズリーチ」はハイクラス求人に特化したスカウトサービスです。登録すると、経歴に興味を持った優良企業やヘッドハンターから直接スカウトしてもらえるので、キャリアに自信がある人におすすめ。

思いも寄らない企業やポジションのスカウトが舞い込んでくることも期待できます。試しに登録してみるというのもありでしょう。

ビズリーチ」は求人のうち、約1/3が年収1,000万円以上。全体的に高収入な求人が多いこともあり、8割以上がスカウトからの転職者で、効率的かつ成功率の高い転職活動が可能なのが魅力ですね。45歳未満、年収750万円以上の人はぜひ登録していただきたいと思います。

8割以上がスカウトからの転職者!

ビズリーチ公式サイトへ

無料で登録・利用できます

 

かいご畑 【介護】 【未経験歓迎】

おすすめする理由と強み

  • 0円で介護資格が取れる
  • 7000件以上の求人
  • 無資格・未経験OKの求人が多数

かいご畑

かいご畑 」は、介護系求人に特化し、無資格・未経験OK、高時給、週3日、日勤のみなどの希望に応じて、正社員や契約社員、派遣・パート、紹介予定派遣など介護職としてさまざまな働き方を選べます。介護求人を専門に取り揃える魅力溢れる転職エージェントです。

介護系の転職エージェントの多くが経験者のみを対象とするなか、『働きながら0円で介護資格が取れる!』介護福祉士に必要な「実務者研修」などの介護資格を無料で取得できる制度があります。

かいご畑 」は専任のコーディネーターが、仕事探しから就職後までフォロー。無資格や未経験の方、ブランクがある方にもおすすめです。今の給料に不満がある人にもおすすめです。

転職支援実績No.1!

かいご畑公式サイトへ

無料で登録・利用できます

 

 

業種 役立つ記事リンク
IT・WEB IT業界向けおすすめ転職エージェント
女性 女性におすすめの転職エージェント
女性(アパレル・専門職) 女性におすすめの転職エージェント(アパレル・専門職)
介護 介護業界向けおすすめ転職エージェント
看護師 看護師向けおすすめ転職エージェント
キャリア別 キャリア別おすすめ転職エージェント

 

30代後半 面接での注意点

30代後半の転職面接で注意すべきことを紹介します。

面接での注意点

  • 専門的なスキルをアピール
  • これまでの経験・実績をアピール
  • 向上心をアピール
  • 柔軟に馴染めることをアピール
  • 退職理由をポジティブに

履歴書・職務経歴書で専門的なスキルは説明できているはずですので、補足説明をしつつ『向上心』をアピールすることで、これからの貢献も期待できることを伝えます。

退職理由はネガティブな理由、『給料が少ない』などではなく、『自分のスキルが発揮できる企業で働きたい』のような前向きな理由にします。

 

30代後半の転職活動は楽ではない!

30代後半の転職は、リスクをよく考え

 

『どうしても転職したいなら』

  • 家族に相談して納得してもらい
  • 転職エージェントに登録

在職しながら働きつつ、焦らずじっくり転職活動を行います。

働きつつなら、収入も問題ありませんし、最悪良い条件の転職先が見つからなくてもそのまま働き、つぎのちゃんすを待てばいいでけです。

注意点としては、転職活動をしていることをは会社に内緒にするべきで、話してしまうと辞める人というレッテルを貼られてしまい、辞めないで働き続ける決断をした時に困ります。 会社の人に話すのは、内定をもらって承諾してからです。ここだけの話・・・というのもかならずバレますので会社の人には誰にも相談しないほうがいいでしょう。

 

転職エージェントは複数登録がおすすめ。下の記事で複数登録が有利になる理由を解説していますので参考にしてくださいね!

 

〇〇歳転職限界説は下の記事でチェックしてくださいね!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm