【転職内定後の流れ】保留・辞退・連絡・返事の期間はいつまで?迷う・・・

転職内定後ってどんな流れなの・・・

ふぁ~、やっと内定もらえた~、緊張する転職活動もこれで終わり。でもこれからの手続きってどうするのかな?いろいろやんなきゃいけないことあるよね。内定までしか考えてなかった、だれか教えてほしい。 

とりあえず一息~

 

この記事では、「転職内定後から入社までの流れ」と手続きの期限や大切なことをお伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • 転職先から内定もらったけど、これからどうするのっていう人
  • 内定後の手続きの流れって?
  • みんなどうしてるんだろう?

最後まで読むと、「仕事辞めたい病」の対処法がスッキリわかります!

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

転職内定後の大きな流れを理解しておく

転職先から内定をもらったら、ガッツポーズですよね!

内定通知の連絡が届いたら、そこからスタートです。

 

せっかく内定をもらったのだから、失敗しないように期限を守って対応していきましょう。

順番にやっていけばOKです。

Step1 内定通知連絡へ対応

内定通知の連絡をしてくれた転職先企業は、「面接した結果合格です!」「弊社で働いていただけるなら採用とさせていただきます」といった言い方をされるかも。

対応は速やかに!

電話で合格を伝えられた時は、「内定ありがとうございます」、「労働条件を確認させていただいたうえで判断したいので詳細を文書かメールでいただけますか」と伝えます。

この場ですぐに入社を判断するのは避けましょう。労働条件がはっきりしないうちは判断できません。

 

労働条件の内容が記載された書類は、「内定通知書」「採用通知書」「雇用契約書」などと呼ばれ、企業によってまちまちです。

 

複数に応募しているなら、選考状況は正直に伝え、保留してもらう

複数の企業に応募し、面接結果待ちなら内定通知連絡を受けたときに正直に伝えましょう。

「他社の面接結果も待ちたい」ことを伝えた場合、多くの企業では内定を保留する期間を設けてくれます。

転職先の企業だって複数の応募をすることぐらい普通のことと理解してますので心配しなくてもだいじょうぶです。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

Step2 転職先の労働条件をしっかり確認

内定がもらえたら、労働条件の確認です。

労働基準法で労働条件の通知義務があります。

「内定通知書」「採用通知書」「雇用契約書」などが送られてきたらちゃんと確認します。

 

労働条件はちゃんとチェックすべき

求人票で確認してるのに、なぜまた確認?

求人票は、ウソは書いてないと思うけど、都合の悪いことは書いてないこともあります。

最悪、求人票と内容が違っていることもあるかも。

なので、これから採用するという最終段階での書類が「本物」なのです!!

 

例:雇用契約書なら

  • 職種
  • 雇用形態
  • 就業場所 転勤・異動の有無
  • 給与額・賞与
  • 雇用期間
  • 就業時間
  • 時間外労働
  • 休日
  • 休暇 有給休暇・夏季休暇など
  • 各種手当 交通費・住宅手当 
  • 福利厚生
  • 社会保険

確認して納得しておきましょう。

 

Step3 内定を受けるか辞退するか決め返事する

労働条件を受け取ってから1週間以内には返事をします。

内定を出した企業としては、早く入社してほしいので返事は早くほしいはず。

これから入社する企業だから、入社するのなら早めの返事がいいですね。

 

内定を受けるか決められない時は下の記事が参考になるかも。転職するか判断に迷う理由とは・・・

内定を受けた後でも辞退は可能

転職先企業から内定をもらい、入社を承諾したあとに辞退するすることも可能です。

「家族の事情」、「前職の状況変化」「他に行きたい企業から内定」などの理由から、辞退したいと思い直す人もいます。

入社前なら法的には問題ないですが、転職先企業では受け入れに向けて準備をしているでしょうから、速やかに連絡すべきです。

丁寧に断りの連絡をしましょう。

 

Step4 入社日と退職日を決めよう!

このステップまでたどり着けば、あと少し。

でも、退社って言い出しにくいのが実情です。

 

退職を伝えるタイミングは何よりも大切です。ボーナスにも影響するし、転職先の企業だって待ってくれるのは内定から3ヶ月が限度なので意外と忙しいです。

引き継ぎもしないといけないので「言い出しにくいなんて」言ってられないかも。

 

入社日と退職日を決めるには「下の記事全部をマスターすべき」。必要なことばかりです。

 

退職時のボーナスを全額もらうには?計画的にスケジュールを組んで損しない方法を説明。

 

退職までの期間って実は決まっている。円満退社には就業規則を優先すべき。詳細をまとめてますので御覧ください。

 

断られにくい「退職の切り出し方とタイミング」をまとめています、知っておけば成功の可能性がアップ!

 

退職を引き止められて困ったら下の記事を参考にしてくださいね。断り方と対処法をまとめてますので御覧ください。

 

Step5 退社・入社手続き

退社や入社には、書類や手続がたくさんあります。

こんな書類が必要

退社:

返却するもの

  • 健康保険証
  • 身分証明書(社員章)
  • 名刺
  • 通勤定期券
  • 制服・作業服
  • PCなどの備品
  • 作成した書類・データ

受けとる書類

  • 離職票
  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 厚生年金基金加入員証
  • 健康保険被保険者資格喪失証明書
  • 退職証明書

 

 

入社:

前職から受け取り、提出する

  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳

新しい会社で用意

  • 扶養控除等申告書
  • 健康保険被扶養者異動届
  • 給与振込届出書

必要かもしれない書類

  • 健康診断書
  • 卒業証明書
  • 入社誓約書・雇用契約書
  • 身元保証書(連帯責任)
  • 住民票記載事項証明書
  • 免許や資格の証明書
  • 通勤経路説明書

いよいよ新しい仕事!頑張って未来を切り開こう。

内定から入社まで意外とやることが多く、忙しくなりますがステップごとに進めていけば「成功する」こと間違いなしです。

 

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm