【保育士求人・転職】給料・人間関係で辞めたいと思ったら・・・【無料登録】

05/13/2020

 

保育の仕事好きなのに、辞めたい

今働いている職場や、給料で気持ちが続かなくなる時があります。

そんな時、保育士求人で「もっといいところ」を見つけましょう。

 

この記事では、むりせず気持ちよく探せる求人サイトをお伝えします。

  • 保育士を辞めたくなる理由で多いのは
  • 給料や人間関係で辞めたくなった時に見る、保育士専門求人サイト
  • 転職活動の悩み

記事を読み終わると、悩んでるのがバカバカしくなりますよ!

 

保育士を辞めたくなる理由で多いのは

 

  1. 人間関係
  2. 激務でストレス
  3. 給料が安い

 

1、人間関係

本来の保育士の仕事ができなくなるくらいストレスがたまるのが、人間関係です。

 

上下関係。

入ったときから「常に先輩に気遣いを欠かしてはいけませんよ」と言われ緊張ばかりで安心できる瞬間がない。

 

理不尽な嫌がらせ。

自分になついてくる子がいると先輩保育士の嫉妬から、さまざまな場面で嫌味を言われたりするのでへとへとになり、保育士として一生懸命に仕事をしようとすればするほど悩んでしまいます。

 

保護者との関係

クレーマーの保護者が多いと逃げ出したくなる。

子供が熱があるのに休ませないで保育園に連れてきたり、自分勝手な親。
新米保育士だと相手にしてくれない保護者、本来先輩がフォローすべきなのに、むしろ板挟みに。

 

2、激務でストレス

労働時間が長い、最悪なのは、残業代に反映されない。
シフト勤務の時間があるのに、なし崩し。

先輩より早く出勤し、朝の用意・掃除。行事前は、保育が終わったあとも帰れない。
先輩先生が残っていると、自分だけ早く帰ることもむづかしい。

持ち帰りの仕事が多い。
保育日誌、保育案の作成、クラスだより・・・イベント準備・・・。

長時間残業が普通になるたと体力的にもきびしいです。
それが、心の余裕を奪ってしまい、保育の仕事にも悪影響を及ぼしてしまいそうで怖い。

 

3、給料が安い

安月給で休みがない。

残業と持ち帰りの仕事までこなして、この給料には納得できない。

残念な気持ちになるのは、同年代のお友達の給料を聞いたときです。
保育士の仕事が好きで実現できたのに、だんだん心が折れてくるのが怖い。

 

ずっと悩んでいると体によくありません。そんな時は、脱出しましょう。

給料や人間関係で辞めたくなった時に見る、保育士専門求人サイト

ここにご紹介する保育士の求人サイトは、辞めたいと思ったときに覗いてみてください。

ランキングではありませんので、見比べていいのがあったら登録してみてくださいね。

複数サイトに登録したほうが保育士求人案件もたくさん見られます。

 

ジョブデポ保育士

ジョブデポ保育士

おすすめするのは:

  • 8万件以上の求人
  • 就業祝い金もあり、最大10万円
  • 専属のコンサルタントが給与の交渉をしてくれる

 

保育士BOOK

保育士BOOK

おすすめするのは:

Youtube 保育士BOOKで確認してみる

 

わたしの保育

わたしの保育

 

「保育士コンシェル」

「保育士コンシェル」

 

保育のお仕事

【保育のお仕事】

 

 

保育士ジャンクション

保育士ジャンクション

 

保育ひろば

保育ひろば

 

転職活動の悩み

 

  1. 辞めたいけど言い出せない
  2. 突然やめることはできる?年度途中は?
  3. 1ヶ月で辞められる?1年とか2年待ったほうがいいの?
  4. 辞める理由はどうすれば?
  5. やめられない時は?

 

1、辞めたいけど言い出せない

「体調を崩し、通院しています」など当たり障りのない理由が無難です。

なんとなく辞めたいとか、理由として分かりづらいのは避けたほうがいいです。

 

2、突然やめることはできる?年度途中は?

就業規定に1ヶ月後となっているなら、それに従えばいいです。

「明日辞めます」というのはできません。

年度途中でも辞めることはできます。

 

心のバランスが保てないなど、この先続けていくのが難しいのなら年度途中でも、自分を優先して辞めましょう。

 

3、1ヶ月で辞められる?1年とか2年待ったほうがいいの?

辞める時期は気にしないでください。

過労、いじめ、パワハラなど、心が折れそうな時は、早く脱出すべき。
無理して体を壊したら大損です。

 

緊急じゃない理由の場合なら、その理由が数年後に解消される見込みがあれば頑張ればいいし、数年後でも変わらないと思うなら判断すべきです。

 

4、辞める理由はどうすれば?

退職理由は細かく説明する義務はありません。

「体調を崩し、通院しています」など当たり障りのない理由が無難です。

 

5、やめられない時は?

園の就業規則に従って、退職する前の何時までに伝えるというのがあるはずです。

それに従えばいいのですが、それでも辞めさせてくれないのなら、退職代行サービスを使うことも考えてみてください。

本人に代わって交渉してくれます。
【退職代行】サービスのおすすめ人気業者と最安料金!決めるなら・・・

心が折れそうな時は、助けを求めましょう。

 

まとめ

辞めたいと思った時、保育士という仕事を辞めたいのか、そうではなくて、今の職場やお給料が原因で辞めたいのかを明確にするべきです。

だって、もしも職場の人間関係やお給料が原因だったら、お仕事をする場所を変えるだけでぜんぜん違うことだってあります。

今は、保育士さんの仕事は人手不足なのですから、探せば条件のいいところが見つかるはずです。

 

ただし、人間関係は難しいです。

見ただけではわからないですからね。

この職場の人間関係はいいですか?
なんて聞いてみても、悪いなんて言うわけないですからね。

運もありますよ!

 

そういう意味でも、他に移ってみなきゃわからないのが人間関係です。
ただ、年齢と年代とかの構成である程度予想がつくかも。

悩んで心のバランスを崩す前に移ってしまいましょう。

 

それではまた。

人気記事


仕事

Posted by cosm