【履歴書・志望動機の書き方】例文付き!勘違いすると逆効果って?

履歴書志望動機って何を書けばいいの・・・

履歴書の志望動機って文章で書かなきゃいけない~。変なこと書いてイメージ悪くしたら怖いし、例文があると助かる~。だれか教えてほしい。

志望動機って『良さそうだから』じゃだめなの~

 

この記事では、『履歴書の志望動機の正しい書き方と、内容によっては逆効果になる場合があること』をお伝えします

こんな人に向けて書いています。

  • 履歴書の志望動機はなんて書けばいいの~悩んでいる人
  • 短い文書だけど例文がほしい人
  • みんなどうしてるのかな?

最後まで読むと、「履歴書の志望動機で損しない書き方」がすっきりわかります。

 

履歴書は下のページでダウンロードできます!

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

『履歴書』の各項目の書き方 合わせて読みたい

 

履歴書・ダウンロード

履歴書の送付状・添え状ダウンロード・封筒の書き方

求人応募メールの書き方、面接後のお礼メール

履歴書 各欄の書き方

履歴書の書き方・退職と退社の違い

履歴書の証明写真、職務経歴書、注意ポイント

証明写真の撮り方

履歴書のサイズ・手書き?パソコン?

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書・職務経歴書の書き方完全まとめ!

履歴書の志望動機はなんのため?

採用する側の企業は、『なぜ競合他社でなく自社を選んだのか?』、『自社の強みや独自性を理解している人なのか』ということを見ています。

ですので『社風に惹かれた』とか『若々しい感じ』とかのあいまいなことではなく、自己アピールを交えて企業で貢献できることを具体的に書きましょう。

要望や希望みたいなことだけで終わらないようにし、思いを自分の言葉で伝えるように書きます。

志望動機に書くべき内容

  • なぜ他にも会社がある中で志望先を選んだのか?
  • 自分の強み
  • 入社したらどう貢献できるのか

採用側の企業は、会社を気に入って長く働いてくれる人がいいわけで、本気度や働く意志の強さを見極めたいのです。

同時に、異質な人材でないか、自社にマッチして馴染める人なのかも見分けたいのです。

ですので、あまり過激なことを書くとよくないのは明らかです。

 

強みも自己PRも相手があってこそ!

・自分に向いている仕事がしたい
・転職して年収を上げたい
・思い通りの働き方がしたい

理想を叶える強みの見つけ方・伝え方を教えます。

起業・転職・副業が当たり前になり、働き方が多様化するなか、 自分の「強み」明確に言語化できている人は少ない。
本書では、これまで5000人以上のキャリア相談に乗ってきた著者が、 スキルや経験・価値観を棚卸しして、言語化する方法を伝授。
生き方を選んでいく現代の必読書です。

 

 

 

履歴書の志望動機を勘違いすると逆効果

先にNGな志望動機を紹介しておきます。

自分でも気づかないうちにこのパターンに陥っている人多数ですよ。

勘違いの内容を志望動機に書くと逆効果ですので注意です!

希望条件をメインに書いている

ああしたい、こうしたい。

本音では『給料がを多くしたい』、『人間関係がいい職場に入りたい』・・・って思っていても、それを前面に出すことは避けましょう。

自分の希望する条件をメインに書いてしまうと、『わがままな人』のイメージになってしまいます。

 

会社で学びたいという姿勢

『御社で学んでいきたい』、『・・・を通して勉強していきたい』などなど、学びたい姿勢をアピールしてしまう文章になっていませんか?

よくある努力しますアピール方法ではありますが、仕事をしてほしいと思っている企業にとって『学びたい』を前面に出されると『学校と勘違いしているんじゃないか?』って思われ、イメーダウンです。

20代前半ならまだいいけど、30代からの転職なら『学びたい』ではなく、スキル・経験からくる即戦力をアピールすべきです。

 

自己PRと志望動機がバラバラではダメ

履歴書には、志望動機と自己PRの両方があります。

自己PRは強みを説明します。

志望動機は、強みを活かし貢献できることを説明します。なぜなら、『転職活動とは、自分を企業に売り込む営業』だからです。企業に対して私の経験・スキルで『なにができるか』、『どう役立つか』、『それで値段(給料)は』を納得してもらうよう説明するのです。企業側に採用したいと思わせることこそが必要です。

ですので、自己PRの内容と、志望動機の内容は一致するのが自然です。

もしも、自己PRした内容が、志望動機の貢献出来る理由になってないなら、なぜ自己PRした??って採用担当者が感じてしまいます。

間違えやすいので注意しましょう。

 

●どんな人でも上手に「強み」をアピールするノウハウが満載!

職務経歴書に「何を、どう書けばいいかわからない」という人のために、「職務経歴」「自己PR」などで上手にアピールするための書き方のコツを紹介。
とくに「転職回数が多いから」「高齢だから」「非正規だったから」「未就業期間が長いから」など、転職活動において不利と思われがちなケースを取り上げ、「不利」を「アピールポイント」に転換するため、どのようなキーワードを使って、どのようにまとめればいいのか、「文例」をまじえて解説しています。

 

履歴書の志望動機の具体的な書き方

下記のポイントを意識して作成しているかを確認しましょう

  • 応募企業の強みを理解し、競合他社ではなく志望企業だからこそ入社したい意欲が感じられるか?
  • 自分の職務経歴を志望企業の職務で生かせることが伝わる内容になっているか?
  • 入社後のキャリアビジョンが明確に伝わり、志望企業で貢献できる内容か?

 

3つのポイントを盛り込む

志望動機の例文(235文字)
現職は食品製造会社で、冷凍食品の商品企画を担当しています。新商品の開発期間は比較的短いため、多くの商品を手掛けることができやりがいを感じますが、長く愛される商品を育て、企業のブランディングに貢献するような仕事に携わりたいと思い、転職を考えました。
貴社では、ブランドとなっている商品が数多くあり、長期にわたる戦略によって長く愛される商品を作り上げていること(①)に魅力を感じ志望しました。新商品開発の企画戦略の経験(②)を活かし、貴社の今後のブランディングに貢献したい(③)と考えています。

志望動機の例文のポイント

(①)なぜ他にも会社がある中で志望先を選んだのか?
(②)自分の強み・スキル
(③)入社したらどう貢献できるのか

上記3つを盛り込むと志望動機として必要なことがしっかりします。悩んじゃったらこの構成を参考にしてみてくださいね!

 

志望先に合わせたオリジナルの内容にする

ネットを検索すれば、志望動機の例文やテンプレートがたくさん出てきます。

参考にすることはOKですが、応募先の企業だけに向けたオリジナルなものを作成することが大切です。

そのためには、応募先の企業を研究し『強み』、『企業のオリジナルな魅力』を盛り込んだ内容に作り上げます。

 

例文やテンプレートをちょこっといじったような内容だと採用担当者に見抜かれてしまいイメージダウンです。

 

履歴書と職務経歴書の志望動機は一致させる

履歴書と職務経歴書にそれぞれ志望動機を書くこともありますが、その場合内容は一致させましょう。

矛盾がなければいいのです。

職務経歴書に志望動機を書くのは必須ではありませんので、書かなければ問題ないですね。

ですが、職務経歴書のほうが志望動機を文字数にして250~300文字書けるので強みをアピールできる可能性があります。

履歴書だと150~250文字くらいなので少なめなんです。

 

履歴書と職務経歴書の両方に志望動機を書くなら、下の記事で簡単にできる『かき分け方』が参考になりますよ!

今月の人気 転職エージェント ランキング

 

おすすめランキングと
 『年収が業種で決まる理由を徹底解説!』
年収が低い理由を知りたい人は
 ぜひ御覧ください!

 

履歴書に書く志望動機の例文

例文にはポイントごとに色分けしてますので注意して読んでくださいね!

志望動機の例文のポイント色分け

  • なぜ他にも会社がある中で志望先を選んだのか?
  • 自分の強み・スキル
  • 入社したらどう貢献できるのか

 

同じ職種に転職する場合

物流⇒物流
今の担当は物流全体の管理ですが、特に配送プランの随時変更対応や在庫適正化による販売機会損失の低減です。今後、国内だけでなくワールドワイドな物流の拠点開発の仕事に携わりたく、海外展開を進めている貴社なら機会があるのではと考え志望しました。
現在の担当前に経験した海外拠点開発や海外業務の経験を活かし、ワールドワイドな物流の最適解を企画し、貴社に貢献していきたいと考えています。

同じ職種を目指す時は、なぜ今の職場ではいけないのか理由を含めるといいですね。この例だと『ワールドワイドな物流の拠点開発の仕事』ということです。

 

未経験職種へ転職する場合

倉庫管理⇒物流
現在の仕事は、小売業界向けの倉庫管理業務を担当しています。ピッキングの最適化や在庫管理の効率化のための試験・実験にも携わっておりやりがいもありますが、さらに広範囲な海外物流を含めた最適化を行なう仕事に携わりたい思い立ち転職を決意しました。
自分の英語力を活かせるのではないかと考え、海外展開を始めている貴社を志望します。社内営業、運送会社、倉庫内スタッフの調整、最適化と効率の改善を行ってきた経験を生かして貴社の物流に貢献していきたいと考えています。

わざわざ未経験な職種を目指すのだから、理由があるはず。この例だと『さらに広範囲な海外物流を含めた最適化を行なう仕事に携わりたい』ですね。

 

第二新卒として転職する場合

第二新卒の志望動機
新卒で1年ほど大手倉庫管理会社でピッキングや在庫管理のオートメーション化の開発をしていたのですが、大学で学んだ電気・電子技術はオートメーションのハードにこそ活かせると気づき技術の貴社を志望しました。入社してすぐ転職を考えたのですが、自分で選んでせっかく入社させてもらったのだから成果無しで辞めるわけにはいかないと思い直し1年経過し一定の成果が得られたのを機に転職活動を始めました。社会人としての基本的なビジネスマナーも学んでおりますので、短いながらもこの経験を生かして貴社の戦力に加わりたいと考えています。

 

新卒で3年以内に転職する人を『第二新卒』と呼んでいます。

短いとはいえビジネスマナーを身に着けている点では、新卒者の右も左も分からない時期を脱して役に立つ人材になりかかっている人と考えられています。そんな第二新卒を企業は求めていますので有利なんです。

 

第二新卒の転職は有利な理由があります。それでも失敗と成功する人がいます。何が違うのか説明していますで御覧ください!

例文のリンク たくさんあります!

職種別の志望動機の例文サンプル81例

 

履歴書の自己PRで、書かないほうがいいNGアピールがあります。下の記事で紹介してますのでチェック!

履歴書の志望動機の書き方は3つを盛り込めばOK!

履歴書の志望動機って書きにくいですよね。

なぜなら文章だから、箇条書きなら楽だけど文章になると急にハードルが高く感じます。

でも、志望動機に書くべきこと、盛り込むことを先に決めておけば書くだけになります。

  1. なぜ他にも会社がある中で志望先を選んだのか?
  2. 自分の強み・スキル
  3. 入社したらどう貢献できるのか

この3つは必ず入れてくださいね!

 

最終学歴って最後に行った学校じゃないことがあります。履歴書の最終学歴をちゃんと知っておこう!

 

履歴書サイズの選び方を詳細に説明!読めば納得です!そうだったの?

今月の人気 転職エージェント ランキング

 

おすすめランキングと
 『年収が業種で決まる理由を徹底解説!』
年収が低い理由を知りたい人は
 ぜひ御覧ください!

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm