夜型フリーランスで続けていくつもり?将来の年収きついかも【現実】

04/05/2020

フリーランス夜型と朝型があるみたいだけど、どっちがいいのかな?

朝ってなかなか起きられないんで結局昼頃になっちゃう。

この記事では、夜型フリーランスをおすすめできない理由と、夜型から朝型へ変える方法をお伝えします。

 

夜型のフリーランスをおすすめできない理由

夜型フリーランス ー> 将来の年収きついかも

 

世の中は朝型に最適化されている

現代の社会では朝~昼間に働くことを前提に動いているので、依頼主とのコミュニケーションもこの時間に行われます。

朝から昼間の時間に働いて夜は趣味の自由時間にすると一日が有効に使えます。

 

夜型フリーランスの場合、夜に仕事をして、それから趣味の自由時間を過ごしてから寝るでしょうか?

仕事が終わったら寝てしまうのでは?

これでは一日が、寝る時間と仕事時間だけになってしまいます。

 

それでいいんですっていう人はOK。

でも、「なんか人生それだけなの」っていう感じ。

 

実際自分でも夜型やったことありますが、仕事終わってから趣味の時間を過ごす気にはなりませんでした。もう早く寝たいって、それだけ。

これやってると、自由時間取れません。

 

夜型フリーランス ー>生活リズムが安定しない

たまに朝起きなければいけないことがあったりすると、生活リズムぐちゃぐちゃで2日ぐらい損する。

 

仕事の打ち合わせや友達との約束が昼間にあると朝起きなければなりません。
これをこなそうとすると、リズムが崩れ体調がよくなかったりリカバリーの睡眠時間が余計に必要になったりで、時間だけでなく気持ちのリズムも乱されます。

 

結果、いいことがないです!

 

夜型フリーランス ー>生産性落ちる

時間をきっちり決めて仕事しないとだらだらしているうちに夜型になってしまいます。
「ああ、もう寝なきゃ」っていう時間が日毎に後ろにずれて結果、気づけば夜型にいつの間にかなっています。

仕事の終了時間を決められないでいつの間にか夜型になってしまうフリーランスの人は生産性が悪い人です。

将来の収入アップが期待できません。

時間を決め、集中することに慣れれば生産性が上がり、後ろにずれなくなります。

 

夜型フリーランス ー>朝起きられないだけの自堕落かも

夜型フリーランスで成功している人もいる。
こんな人はスペックが高い人の可能性あり。

あなたが普通の人だったら朝起きる努力したほうが結果お得。

夜型フリーランスに仕事上のメリットを感じているならOK。
でも、決まった時間に起きられないを繰り返すうちに夜型になったのなら自堕落なだけかも。(私もこのパターンで夜型経験済み)

 

次に、朝型フリーランスになりかたをお伝えします。

夜型フリーランスから「朝型」になる方法は?

朝型にするとメリットが

  • 朝型にしたら、夜に自由時間ができた。
  • クライアントとのコミュニケーションが良くなった
  • 結果収入が増えた

朝型にする方法

 

  • 起床時間を決める
  • 早く寝る
  • 午前中の計画

 

1、起床時間を決める

目が覚めたときが今日の始まり・・・なんていうのではなく、時間を決めます。

「朝早く暗いうちから動き出そう」ってむづかしいです。
漁師やパン屋さんじゃないからそんな必要はなし。

 

明るくなってからのほうが人間は目覚めやすい、できれば寝室のカーテンを少し開けてから寝るなどの工夫をすると朝の光で起きやすいです。

7時~9時くらいの起床にセットすると一日が有効に使えます。

フリーランスは最悪9時でもぜんぜんOK。でも必ず起きる。

 

2、早く寝る

朝起きるためには、前の晩早く寝る。これあたりまえですね。

昼間眠くないだけの十分な睡眠時間を確保。

これだけで体調も管理でき仕事にも集中できる。

 

3、午前中の計画

毎日午前中にやる計画を立てます。

毎日午前中の仕事は○時~昼まで。
シンプルなのがいいです。

午前中にやることを決め絶対にやる。

習慣になれば、同じようにしないと気持ち悪くなってきます。

 

毎日散歩がおすすめ

夕方仕事が終わったら体を動かしましょう。

フリーランスの仕事は座りが多い。
運動不足になりがち。

お金もかからなくて簡単なのは、散歩かランニングです。

10本ぐらいコースを決めて、日によって選んで毎日やりましょう。
天気に関係なく続けるのがコツで、やらないで動かさないと気持ちが悪くなるくらい習慣づくといいです。

30~1時間、曲を聞きながらでもいいですけど、できれば曲無しで体を動かしつつ頭を動かすとよいアイデアが浮かんだりします。

 

まとめ:夜型フリーランスで続けていくつもり?将来の年収きついかも【現実】

 

※夜型のフリーランスをおすすめできない理由
 夜型フリーランス ー> 将来の年収きついかも

  • 世の中は朝型に最適化されている
  • 夜型フリーランス ー>生活リズムが安定しない
  • 夜型フリーランス ー>生産性落ちる
  • 夜型フリーランス ー>朝起きられないだけの自堕落かも

※夜型フリーランスから「朝型」になる方法は?

  • 起床時間を決める
  • 早く寝る
  • 午前中の計画

 

夜仕事をするのは納期が迫って徹夜するようなときだけ、それも、このままやったら朝には完成するっていう見込みがある時。

 

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm