フリーランスはリスク!やめとけって言われたけど稼ぎ始めると・・・

07/18/2020

フリーランスリスクがあるからやめとけって言われ続けたけど、ある準備をしてたらそうでもなかった。

知らないで「今日からフリーランス」なんてやってるとやられる。

この記事では、『リスクがあるからフリーランスはやめといたほうが無難という』イメージがあるけどどうなのっていうことをお伝えします。

 

準備なしでフリーランスになるとやられるよ

「今日からフリーランス」ー>アウトになることが多い。
こんなリスクを取る必要ないのに「やってしまう」。

 

「人間関係とか、通勤やだーとか、命令されるのが・・・とか」ありますけど、いきなり逃げたら損する。

そうなったら、準備を始めます。
できればそうなる前に準備するとなお良い。

 

いきなりフリーランスになって困るのは、仕事案件の確保です。
「そんなのフリーランス向けの求人サイトがあるじゃないですか」ってなりますが。

 

クラウドソーシング系だと案件自体困りませんが単価がやすいので消耗しがち。
副業だとOKですが、「食べていく」にはギリです。
⇒⇒クラウドワークス クラウドソーシング【_ist】 ランサーズ

 

こんな手順と準備で独立するとリスクが下げられます

 

  • 独立前提(秘)で就職、1~2年
  • 働きつつ給料をもらいつつ、実務経験と実績作りと副業
  • 副業が「食っていけそうな感触なら」フリーランス独立

独立前提で会社員をしつつ、副業で練習しつつ、「食っていけそうなら」フリーランス独立します。詳しくは「【甘くない】スキルなしフリーランスだと低単価!生活費って稼げる?」にまとめていますので、御覧ください。

 

準備なしでのフリーランスは低単価で苦しむ場合が多いです。

 

フリーランスを継続するときの3大リスクを知る

長く続けるためには3つのリスクと付き合うことが大切。

  1. 収入が不安定なリスク
  2. 老後の不安リスク
  3. ローンが組めないリスク

こちらで収入不安定とローンについて対策の説明があります

1、収入が不安定なリスク

フリーランスの収入が安定するまでには、ある程度の期間がかかります。

仕事案件が安定して受注できないから収入が不安定。
そんな状況で生活費をいい加減にすると行き詰まります。

 

  • 生活費は正確に把握、かつ、無駄は抑える。
  • 仕事用と生活用の口座、クレジットカードを分ける
  • 収支を記録してフリーランス経営をしっかりする。

経営者目線で自分をマネジメントする。

 

収入を安定させるには「お得意様」を数本持つべき。
そのためには依頼主との信頼構築が大切で、時間がかかるけど価値があります。

 

※フリーランスエンジニアの例を「フリーランスエンジニアが稼ぐ手順と一年目~生活安定までの期間は?」にまとめています、御覧ください。

 

2、老後の不安リスク

実はフリーランスには定年がありません。

だからといって、60歳超えて働く自分の姿を想像できるでしょうか?
すくなくとも50代で引退したいなって思います。

 

そのためには、資産を準備しておくことが大切です。
資産は、お金を生み出してくれるもので引退後の生活を支えてくれます。

 

  • 預金
  • 年金(国民年金、国民年金基金)
  • 有価証券(株、債券など)
  • 不動産

国民年金以外は、自分で積極的に準備するものです。
会社員だと厚生年金がありますが、フリーランスは厚生年金の代わりに国民年金基金があります。

国民年金基金は自分で加入します。⇒国民年金基金

現役のときに少しづつ資産形成をしておくのが将来のためです。

 

3、ローンが組めないリスク

日本でローンを組もうとすると「収入+勤務先、勤続年数」が審査のファクターになっていることに気づきます。

フリーランスになると、収入はともかく勤務先がないことで「信用が低くみられます」。

ローンの審査が通りにくくなります。

  • クレジットカード
  • 住宅ローン

は信用の高い会社員のうちに申請しておきましょう。

特に家のローンは金額が大きいのでフリーランスになる前に審査を通しておくのがおすすめです。

 

※フリーランスエンジニアのローン例を「フリーランスエンジニアのデメリットは社会的信用?仕事案件・収入は?」にまとめていますので御覧ください。

 

現役フリーランスのお金と保険

会社員だと多少仕事で失敗しても、いきなり収入「0」なってことにはなりません。
他の社員が助けてくれたり会社が入っている保険で保障してくれたりします。

フリーランスが仕事をするときのリスク

  • 情報漏えいによる損害
  • 著作権侵害による損害
  • 納品物の瑕疵(かし:欠点)による損害
  • 納期遅延による損害

などがあります。

こんなことが起きないようにするのが大切ですが、もしも落ち度があって損害請求されたら詰んでしまいます。

幸いなことに、フリーランス向けの保険がありますので加入しておけば安心できます。
フリーランスの安心保証【FREENANCE】

 

まとめ:フリーランスはリスク!やめとけって言われたけど稼ぎ始めると・・・

※準備なしでフリーランスになるとやられるよ

  • 「今日からフリーランス」ー>アウトになることが多い
  • 準備がリスクを下げます

※フリーランスを継続するときの3大リスクを知る

  1. 収入が不安定なリスク
  2. 老後の不安なリスク
  3. ローンが組めないリスク

※現役フリーランスのお金と保険
 ⇒フリーランスの安心保証【FREENANCE】

 

フリーランスになる前に準備をし、なった後もリスクを下げる準備をすることが大切。
これは準備のやりかたが少し違うだけで、会社員だって同じ。

準備しないとやられる!

 

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm