【試用期間中に退職⇒転職】仕事を辞める前に知るメリット・デメリット

10/05/2020

試用期間中退職・・・

試用期間中に退職したらどうなるのかな~、せっかく入社したけど辞めて自分に合った仕事を探してみたい。試用期間中に辞めるとマズイのかな?どうすればいいのか教えてほしい。

不安~

 

この記事では、『試用期間中に退職して転職』するメリット・デメリット、退職に必要なポイントをお伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • 試用期間中だけど退職しようとしている人
  • 試用期間中に退職するにはどうすればいいのか知りたい人
  • メリット・デメリットを知りたい人

最後まで読むと、「試用期間中に退職して転職」するとどうなるか見通せるようになります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

試用期間の退職はできます

会社に入社すると、『試用期間』があります。3~6ヶ月が一般的ですが、期間が法律で決まっているわけではないようです。

『試用期間』は会社側が見極めの期間としているものですが、社員側としては特別な期間ではありません。

ですので、『試用期間』にも退職できます。

辞めたいと思えば辞められますが、「今日でやめます」というのはできません。

これから『試用期間の退職』に必要な注意点を説明していきますね!

『試用期間の退職』辞める前に知っておくべきこと

今日で辞めますはダメです!

いつなら辞められるの?

退職までには2週間(法律あり)

『退職の2週間前までに退職の意志を伝える』法律があります。(民法627条)

ですので『試用期間』中でも守らないとダメです!

それともう一つ、会社の『就業規則』では「退職日の30日前までに退職を伝える」というルールが一般的です。

もちろん法律のほうが優先されるので、2週間で辞めることも出来ますが、就業規則に従わないことになるので円満退社とならないです。

乱暴なやりかたになりますので、誰にも歓迎されません。

 

退職には法律で2週間だけど、就業規則に従ったほうがいい。下の記事で理由や詳細を説明してます。

 

『試用期間の退職』 履歴書に書くべき?

短い期間であっても履歴書には書くべきです。

書かないことは嘘になりますので『経歴詐称』となり、バレたら最悪解雇の可能性もあります。

すぐ辞めちゃったので、なんとなく触れてほしくないという気持ちから書かないでごまかそうかな~ってなりますが、リスクとなりますのでちゃんと書きましょう。

 

退職理由ってどうするの?下の記事でどうするべきか説明してますので御覧ください!

 

試用期間中に働いた給料はどうなるの?

ブラック企業⇒試用期間中だから、辞めたら給料は出ない
ホワイト企業⇒試用期間中でも働いた分の給料は出るよ

 

ブラックでもホワイトでも働いた分は給料が支給されます。

ただし、『試用期間中』は、少しだけ給料が安く設定されていることが多いです(ホワイトでも)

 

転職先の職場はしっかり探そう

試用期間中に退職した理由が『仕事が合わない』ことだったなら、次の仕事はしっかり慎重に選びましょう。

転職してみたけど、また試用期間に退職したら繰り返しになってしまいます。

 

転職エージェントを利用すると、担当者が付くので相談してみましょう。どんな仕事が向いているのか、自分のことを客観的に見てもらい適職を一緒に探してもらいましょう。

 

次の職場は『転職エージェント』のアドバイスを利用してしっかり選んでいきたいですね。自分だけでは気づけなかった適職に出会える可能性が高くなります。

 

辞める決断後も退職日まで気を抜かない

退職を申し出てから退職まで就業規則に従えば30日あります。辞めると決まった会社ですが、退職日まではしっかり働きましょう。

社会人としてのマナーでもあるし、辞めるためのいろんな手続きをスムーズにしてもらうためにも悪いイメージを持たれないように注意しましょう。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

『試用期間に退職』のメリット

実は、『試用期間に退職』にはメリットがあります。

第二新卒として扱ってもらえる

第二新卒とは?

「新卒で入社して3年未満の求職者」のこと

年齢なら、4年制大学卒業後だと23~25歳ぐらいまで。高卒なら19~21歳ぐらい。

『第二新卒』は、求人情報で多くの企業から『第二新卒歓迎』とされています。

 

なぜなら、一度社会へ出て現実を知った経験があるので真剣であること、職歴が短く浅いので、これから教育していけば良い人材になる可能性が高いからです。

採用する企業にとってメリットが大きいので歓迎されるんですね!

 

第二新卒の転職が有利な理由やメリットの詳細を説明してます、参考になると思うので読んでみてね!

 

『退職は早くて若い』が転職では有利

若いほうが転職は有利ですよね。

新しい仕事にも対応できる、考え方が柔軟、これから働ける期間が長い・・・採用されやすいです。

でも、

すでに『試用期間』に辞めようか悩んだのに、なんとなくズルズルと過ごしてしまい数年経った。

でも、結局やめたい気持ちはくすぶったまま。やっぱり辞めよう。

辞めるなら、早くて若いほうが良い条件で転職できます。

 

転職活動がやりやすい

試用期間中って、責任が重い仕事を任されることは基本的にないです。

ですので気持ち的にも、時間的にも働きながら転職活動するのに適しています。

本格的にどっぷりと仕事に組み込まれてからだと忙しくなり流されて時間だけが過ぎていくようになります。

 

退職してから転職活動するのはおすすめできません。

金銭的にきびしくなり、焦って仕事を探すことになり、失敗する可能性が高くなってしまします。

 

転職活動は働きつつ行なうのがおすすめ!下の記事でメリットを説明していますのでご覧ください!

引き止めで困らない

ちょっとさみしいけど、辞めるって伝えても、しつこい引き止めはない可能性が高いです。

何年も働いている人が辞めるとなると、会社は困ってしまうから引き止めようとします。

でも、試用期間中の社員は、まだ重要な仕事も役割もしていないのですから、会社としても大きなダメージはないです。

せっかく採用した人なので残ってほしいのは確かですが、もしかしたら今どきの企業は何人か辞めていくことを見越して採用人数を少し増やしているかもしれません。

 

もしも引き止められたら困ります!予備知識を知って対処しましょう。

 

『試用期間に退職』のデメリット

デメリットは気になりますよね!

転職に影響する可能性あり

試用期間中の退職だと、短い期間で辞めたことになり『なぜ?』って転職先の企業が気にするかもです。

短くても履歴書には書かないといけないので、採用担当者は気にしますよね!

ですので、なるほどって思える理由を準備しておく必要があります。

 

職歴の見栄えがよくない

短い在職期間であっても、履歴書には記載しないといけないので、入社してすぐ辞めたことがわかってしまいます。

つまり、履歴書の見栄えが悪くなります。

気に入らないとすぐ辞めてしまう「辛抱強くない人」と見られる可能性がります。

世間体が悪い

えっ!もう辞めたの?

就職したのにすぐ辞めると『世間体』が悪いのはしかたないです。

でも、世間体を気にして辞められないのでは、自分の人生を損してしまいます。

人からみた自分は二の次で、自分本位で考えましょう。

まとめ:『試用期間の退職』メリット・デメリット

『試用期間の退職』にはメリットもデメリットもあります。

世間体を気にしすぎて自分の考え通りの行動ができないでいると後悔します。

このまま働き続けても、いずれ辞めることが予想できるなら、早く決断したほうが有利なのです。

 

次の仕事で『試用期間の退職』をしないためにも、慎重に仕事を探しましょう。

転職エージェントを利用すると、自分で気づけない適職が見つかる可能性がグンとアップしますので、複数登録して成功確率を上げましょう。

 

転職エージェントを利用する時は、複数登録です。転職を成功するのに必要な戦略です。下の記事で詳しく説明してますので理解しておくべき。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

 

仕事

Posted by cosm