【転職したい】と思ったら転職活動するべき?しなかったら・・・後悔するの?

09/01/2020

転職したいって思ってる・・・

「あ~っ、もう転職したい!ってたまに思うけど転職したほうがいいのかな~。とりあえず転職活動だけでも始めておいたほうがいいのかな?どうすればいいか教えて欲しい」

悩める~

 

この記事では、「転職したい」と思った時、「転職する・しない」を判断する方法をお伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • 「転職したい」って思っている人
  • 転職したほうがいいのか、しないほうがいいのか迷っている人
  • 今の職場でストレスを溜めている人

最後まで読むと、「転職したい」と思った時、転職したほうがいいのか・しないほうがいいのか決められ、悩みがスッキリします!

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

転職活動すべきか考えてみよう「転職したい主な理由とは」

「転職したい」って思ったらすぐに転職活動すべきなのかな?

「転職したい」理由によってはすぐに転職活動したほうがいい場合があります。

職場が超ブラックで精神的にまいってしまい体調不良や鬱(うつ)になってしまった場合です。もう脱出しかありません。

 

そこまでではない時はどうしたらいいのでしょう?

以下の手順を試してみるべき

 

  1. 転職したい原因をはっきりさせる
  2. 今の職場で「転職したい」原因が改善できないか考える
  3. 原因が改善できなかったら転職活動をスタートする。

 

まず、原因をはっきりさせることから始めます。

「転職したい」原因は人それぞれですが、主な原因は次のようなものがあります。

転職したい理由

  • 人間関係
  • 給料が低い
  • やりたい仕事が他にある
  • やりがいがない
  • 会社の将来性

人間関係

どこの職場でもあり転職理由の上位なのが「人間関係」です。職場の上司、同僚とちょっとしたすれ違いから人間関係がこじれます。

なぜって思いますが、職場に人がいる限りなにかしら、いざこざが起きます。

 

下の記事で人間関係で疲れ果て「仕事を辞めたい」人が相談できる窓口を紹介しています。

 

↓もう、いっそのこと「人と関わらない仕事」を選ぶのもいいです。

 

給料が低い

仕事をする目的である給料が低いのは「転職したい」と思う原因ですよね。頑張って働くモチベーションがなくなります。

ただ、給料が低いのは、あなたの責任ではなくて働いている業界の問題かも?

 

業界ごとの平均年収って、高いところと低いところの差が3倍くらいあるのが実情。

あなたが今働いている業界は高いのか低いのかチェックするなら下の記事を御覧ください。業界ごとの平均年収をまとめてます。

 

やりたい仕事が他にある

仕事をしているけど、実は「やりたい仕事」が他にあるときも転職したいって思いますよね。

新卒で採用されなかった職種とか、社会人を経験しているうちに「自分がやりたい仕事はこれ」って気づいてしまったりとか。

 

今の仕事がイヤではないけど、もっとやりたい仕事が見つかったらちょっと悩めます。

 

やりがいがない

「仕事のやりがいがない」ってよく聞きます。なので「仕事をやめたい」って思うんですね。

簡単に言うと、楽しくない、やってても評価されない、達成感がないなどです。

毎日同じ作業だったり、「頑張ってやっても、やらなくても同じ」みたいな仕事だとやりがいが感じられないです。

「仕事なんだから稼げればOK」って思えない人は悩みます。

 

やりたい仕事がないってい人は下の記事を参考にしてくださいね!

会社の将来性

業界自体が先細りしている会社で働いていたり、競争相手の会社が多く、将来飲み込まれるかもしれないようだと心配です。

じわりじわりと会社から期待されている先輩が辞めていったりすると、自分も仕事を辞めて早く逃げないといけないのかなってなります。

明らかにヤバいって感じになってからじゃ慌てるので、今のうちに・・・

 

次はちゃんと将来性を考えて転職したいっていう人は下の記事を御覧ください。IT業界はおすすめです!

転職活動すべきか考えてみよう「今の職場で改善できる?」

「転職したい」って思っている理由や原因がわかったら、その原因をなんとか出来ないか考えます。

転職すると、すべてやり直しとなりますので慣れるまで緊張したり疲れたりするものです。

いきなり転職してもOkですが、今の職場でなんとか出来ないか試してからでも遅くないのでは?

人間関係⇒日常を少し変えてみる

人間関係は一度こじれると簡単には修復できません。でも、今までと同じ対応だとなにも変わらないことだけは分かっています。

なので、少しだけ変えてみます。

あいさつを少し変えてみたり、仕事以外の会話をしてみます。

最初はいぶかしがるかもですが、何回か試しているうちに話が弾み、いままでとは180度違った人間関係になるかもです。

お試しあれ!

 

「仕事をやめたい」は甘え?

 

人間関係でストレス!難しい問題だけど、少し変えただけで良くなることもあります。改善方法と割り切る方法をお伝えします。

 

やりたい仕事が他にある⇒社内異動でやりたい仕事に

「他にやりたい仕事がある」、これ社内異動でなんとかならない?

社内に「やりたい仕事」と同じような職種があれば移動するだけで実現できます。

社内での異動だったら転職するより簡単ですし、あまり心配もいらないですよね。

 

もうひとつ、「自分のやりたい仕事」を上司に提案してみるのもいいかも。でも、今の仕事の延長線上ならいいけど、まったく違うのならこの方法は使えません。

 

「やりたい仕事がない」という人もいます。

そんな人は下の記事を見て!自分の適職を診断できますよ!

 

やりがいがない⇒やり方を変えてみる

「やりがいがない仕事」と思っているけど、周りの人はどうしてるかな?

「仕事は稼げればいい」と割切っている人ばかりかな。

 

少しだけ仕事を改善してみると改善そのものが楽しくなったりします。もっとこうすれば・・・

自分で目標設定して達成感を味わうのでもOK、その結果評価されて給料アップしたり昇進したり。

 

それでも楽しくならないなら、転職を考えてみましょう。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

転職活動すべきか考えてみよう「改善が無理なら転職活動スタート」

改善ができないか、やっても効果ないなら「転職したい」⇒「転職する」ですね。

転職するなら知っておきたいことがあります。

 

転職する目的と解決策をはっきりさせておく

転職活動を始める前は「将来性がある企業への転職」が目的だったのに、転職が決まったのは前と同じような企業だった。

これでは、なんのために転職したのか・・・大失敗です。

 

そうならないためにも、転職目的とそれを実現する企業の条件をはっきりさせておきましょう。

例えば「会社の将来性がない」場合。

今の会社の将来性がない 実現する条件
そもそも業界の平均年収が低くい 業界の平均年収が上位5に入っている業種を選ぶ
古い体質 これから伸びる企業に入る
同じようなライバル会社が多い ライバル会社がないか少ない

こんなふうに「今の会社の将来性がない」原因をはっきりさせ、実現する条件に入れましょう。

他の「人間関係」や「給料が低い」・・・も同じように実現する条件をリストアップしていけばOKです。

 

転職エージェントの利用がおすすめ

「転職したい」の原因が分かっても、どこの企業を選べば解決できるのかまったくわからないですよね!

一番わからないのが「人間関係」、今の会社だって入る前に人間関係がいいか悪いかなんてまったく情報ないしわからなかったと思います。

そうなると、「運」になってしまいます。

 

こんな時に転職エージェントが役に立ちます。転職エージェントでは、抱えている求人の企業に実際に訪問して情報を集めているので内部情報に詳しく残業が少ない部署や人間関係まで100%ではないですが把握しています。

転職エージェントに希望職種や条件を伝える時に、自分がどんな職場を希望しているのか、どんなところが譲れないのかをはっきりと伝えておけば条件に合った転職先を探してくれます。

自分だけでは到底探すことの出来ないいい条件が見つかる可能性が高いです。

転職エージェントは無料です、企業側から報酬を受け取る仕組みなので休職希望者は無料サポートしてもらえます。

 

転職エージェントを100%利用する方法を説明している記事はこちらです!

まとめ:

「転職したい」と思ったら

  1. 転職したい理由と原因を明確に
  2. 原因は改善できないか試す
  3. 改善できないなら転職活動をスタート
  4. 転職する目的と解決策をはっきりさせておく
  5. 転職エージェントを複数登録する

 

迷っていて何も出来ないよりは、転職活動を始めてみるといいです。

転職活動をしても、必ず転職しなくてもOKです。
内定をもらっても辞退することも可能。

転職活動をしてみて

  • いい条件の内定をもらえたら、考えればいいし
  • いい条件の内定をもらえなかったら、そのまま働いて次のチャンスを待てばいいし
  • 転職活動をしているうちに、今の職場がいいと思えるようになったならそのまま働けばいい

動き出すと、なんとかなる。何もしないと後悔する。

会社をいきなり辞めないでくださいね。転職活動は、働きつつ「こっそり」が基本ですよ!

 

転職の流れがわからない人は下の記事を読んでみてくださいね!

 

転職を迷うなら、転職相談をしてみるのもいい。下の記事では無料で相談できるおすすめの窓口を紹介しています。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm