【在職中の転職活動】期間の平均は?会社にバレないための注意点!

転職活動期間って・・・

在職しながらの転職活動ってどのくらいかかるのか知っておきたいな~、人によって違うんだろうけど平均的な機関でもいいから、誰か教えてほしい。

気になる~

 

この記事では、『転職活動の期間ってどのくらい?』気になる平均と準備や内定まで期間をお伝えします!この記事をしっかり読んで転職活動をスムーズに進めましょう。

こんな人に向けて書いています。

  • 転職活動をこれから始める人
  • 平均的な転職活動の期間を知りたい人
  • いったい、実際の転職活動ってどんなふうにすすめるのかな?

最後まで読むと、「転職活動に疲れた、辛い」の乗り越え方がわかります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

『転職活動の有利な進め方』関連記事 合わせて読みたい!

 

転職活動の有利な進め方!

転職活動

転職に役立つ資格とは?

20代の転職成功方法

30代の転職成功方法

40代の転職成功方法

50代の転職成功方法

60代の転職成功方法

転職口コミサイトで転職先を調査

転職の流れと対策

適性検査の通過対策!

在職中の転職活動、平均期間は3ヶ月くらい

 

人それぞれ状況が違うけれど、平均的な転職活動の期間は3ヶ月ほど。

もっとかかる人もいて、6ヶ月以上という場合も!

逆に早い人では1ヶ月以内ということも、ただこの場合は活動期間というよりも、知り合いの紹介だったり引き抜きが多いようです。

 

それほど転職したいというわけではなく、良い条件にめぐり合うまでじっくり1年っていうことも。

それこそライフワークみたいにずーっと探し続けているなんていうツワモノもいます。

 

人間関係や精神的な問題があってすぐにでも辞めたいっていう場合は、急ぐことも多いです。

ですが、今の職場もいいけど条件が良いのがあったら転職してみたいっていう余裕のある人は期間なんて気にしてないです。

ほんとうに人それぞれですね!

『在職中の転職活動』長い短い期間のメリット・デメリット

転職活動の期間って短いのと長いの、どちらがいいのでしょうか?

自分の理想とするいい条件の転職先が早く決まるのがいいに決まってる!

そりゃそうだ・・・

でも、一般的な傾向として

短い転職活動のメリット

  • 転職のモチベーション高く保てる
  • 転職活動への労力が少ない
  • 嫌な職場から早く抜け出せる

 

長い転職活動のデメリット

  • 転職のモチベーションが下がってくる
  • 転職活動の労力が長期化により増える
  • 今の職場から抜け出せずにストレスが溜まる

短い転職活動のメリットの方はいいとして、長い活動のデメリットは気になりますよね。

特に気に入る転職先がなかなか見つからなくて長くなってくるとモチベーションが低下してきます。

それで妥協した転職先でもういいやっ!てなってしまいがち。

長くなってモチベーションが低下してきたときは、『今はめぐり合わせの良くないときかも?』って思い直し、いちど転職活動を休止してみます。その後期間をおいて再度挑戦するようにしたほうが成功する確率が上がります。

実際本当にタイミングの問題だったりするんです。

 

転職活動の期間も気になるけど、いつから始めるのが有利なのかな?下の記事で解説しているので見逃さないでくださいね!

 

焦るべからず、妥協すると後悔する!

短い期間のほうがメリットが有ると説明しましたが、実はデメリットになってしまうことも!

それは・・・

早く決めようと焦って妥協すると後悔するのが実情なんです。

 

『自分の理想とするいい条件の転職先が早く決まる』のならいいですが、とにかく早くって考えながら転職活動をすすめるのはおすすめできません。

早く転職することを最優先にしてはダメ。

 

いい会社から内定をもらうまで我慢です!

少しくらい時間がかかっても『めぐり合わせ』っていうことがあります。いちど休んで出直しくらいしてもいいかも。

転職って『運もあります』

今月の人気転職エージェントランキング

 

    1. doda(デューダ)
      非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
      ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
       https://doda.jp/
       
    2. リクルートエージェント
      業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
      ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
       https://www.r-agent.com/
       
    3. マイナビエージェント
      大手で定番の転職エージェント
      ※約80%が非公開求人。20〜30代の転職サポートに強い!
       https://mynavi-agent.jp/
       
    4. ビズリーチ
      年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
      ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
       https://www.bizreach.jp/

実際の転職活動はいつから始める?期間の流れ・・・

 

転職活動って1年の中でベストなタイミングって実はあります!

(毎年1~3月、7~9月に転職の求人数が増加する!)

知っておくと、他のライバルの転職者がどんな動きをするのか予想できます。次の記事で要確認です!

 ⇒【転職活動は在職中に】いつから始めるのが有利?タイミングはこれ!

 

目標日を決め、いつまでに転職と目安を考え、そこから逆算していくとわかりやすい。

例、年明け1月から転職先に出勤する場合。

スケジュールの一例(ベストケース)

  • 10月前半:転職準備
  • 10~11月:応募・書類選考
  • 11~12月:面接
  • 12月:内定、退職手続き、引き継ぎ
  • 1月:退職・転職先へ入社

転職のスケジュールを組む時は、以下の記事も参考にしてくださいね。

ボーナスを満額もらう方法や就業規則のことをまとめてます。

 

ボーナスと有給残の消化は退職のタイミングが大切!

 

転職活動は準備から始めるといい!やっておくべきことを解説してます。成功するには必要です!

 

転職のスケジュールと流れを知っておくと安心して始められます。やるべきことも見えてきます!

 

転職活動が会社にバレないための注意点!

在職しながらの転職活動は『会社にバレないように、こっそり』が基本です!

バレるとまずいことがあります。

在職中の転職活動は『こっそり』が基本!

在職しながらの転職活動は、会社の誰にも知られないように活動するのが基本です。

もしも、会社に知られたら、『会社を辞める人』というのが広がって、今までと同じ扱いをしてもらえなくなります。

転職してしまう場合は困りませんが、転職活動をしたけど転職しないという場合に困ってしまいます。

 

これが、会社の誰にも内緒の『こっそり』の転職活動が必要な理由です。

 

『こっそり』の転職活動なので、面接などで有休を取るときはバレないウソの理由をひねり出します。ちょっと疲れますが気を抜いてはダメです。

でも、ウソの理由なんて会社員やっていれば得意ですよね!

 

 

在職なら、焦らずじっくり転職活動を行えます

在籍しながらの転職活動なら、収入も問題ありません。焦らずじっくり、いい条件の内定を転職先からもらえるまで何度でもトライできます。

 

注意点としては、『会社の誰にも転職活動していることを話さない』ことです。

会社の人に話すのは、条件のいい転職先から内定をもらい承諾してからです。

 

重要なのでもう一度書きます!

『会社の誰にも転職活動していることを話さない』

会社で仲のいい友達に、『ここだけの話・・・』というのもバレる可能性大です。会社の誰にも相談しないほうがいいでしょう。

 

在職していれば、収入の心配なし

転職を考えたらすぐにでも退職したくなりますが、転職先が決まってないのなら『辞めてはダメ』。

在籍していれば収入があるので焦らなくて済みます。

退職してから転職活動をして・・・って考えがちですが、失業保険からの手当では、金額的に余裕がなくなってしまいます。

追い詰められる感じになるので、妥協した転職先を選んで失敗する可能性が高くなってしまいます。

 

会社の誰にも知られてないから最悪、転職しない選択ができる

転職活動をしたけれど、やっぱり転職やめたっていう場合でも問題なし。

  • 条件のいい内定をもらえたら、退職届を出せばいいし
  • その時いいのが見つからなければ、次のチャンスを待てばいいし
  • 転職活動してみたけど、今の会社でもそう悪くないと思い直してもOK

こんなふうに状況によって選択ができるのも会社に転職活動を知らせてないメリットです。
在職しながらじっくり転職活動するのがリスクが少なくおすすめ。

転職活動は『こっそり』、会社には絶対内緒でやりまよう。

いい条件の内定をもらい、転職が決まってから言えばいいのです。

 

なぜ在職中に転職活動? でも、8割の転職者が在職しながら活動しています。理由は・・・
↓転職活動は在職しながら働きながらがおすすめ!メリットとデメリットを下の記事で解説してます!

 

『転職活動のやりかた』で期間が違うって知らなかった!

転職活動の期間は人それぞれなんですが、やり方で違ってくることもあるので説明します。

早く自分の希望する条件の転職先から内定をもらいたい人は読み進めてくださいね。

タイミングや運もあることを知っておく

転職活動って、タイミングや運に左右されるのが実情! 実力だけでないのは転職活動でも・・・

えっ!って思いましたか?

なので、人によっては転職活動を始めたら『すぐに良い条件の会社から内定をもらった』なんてことも。

その時の『めぐり合わせ』もあるので転職活動が長引きそうなら一旦停止して別な時期に再開してみるのもおすすめなんです。

 ⇒【転職活動は在職中に】いつから始めるのが有利?タイミングはこれ!

 

注意:早く決めたいからって妥協すると後で後悔する。焦るべからず!

 

転職活動の期間が伸びるのは同時に複数応募しないから

転職先選びー>応募ー>面接ー>結果待ち

1社だけに応募し、結果待って内定もらえなかったら次ってやってると時間がかります。

同時に複数社応募しましょう!

転職活動が忙しくなりますが、そのくらいがちょうどいいはず。

可能性も増えるし、数をこなせば経験値も急激アップしますのでより成功する可能性が高くなります。

それに、1社からお祈りメールが来ても次が控えているのでショックも少ないはず!

 

面接の調整は転職エージェントに!早く成功する!

応募は1社だけでなく、同時に複数社にするのが転職活動のコツと説明しました。

ですが、同時に複数社となると面接の日程調整やら、とにかく段取りに時間が必要になります。

 

自分で調整するのは時間的にも交渉的にも大変です。

実際に複数社に同時に応募して効率よく転職活動を進めるには『転職エージェント』を利用することをおすすめします。

希望する職種や条件を伝えれば、転職エージェントの担当者が探してくれます。独自に扱っている条件のいい『非公開求人』も紹介してくれます。さらに、面接の日程調整や応募書類の添削、面接のサポートなどもしてくれるので利用しないと損なくらいです。

それでいて利用は無料です!

 

転職エージェントは複数利用が基本!転職を成功するために必要なわけ、下の記事で解説しています。

 

内定貰ったら退職はスピーディーに!

転職活動は転職先から内定をもらったら終了ではありません。

退職して転職先に入社するまでです。

落とし穴があって、せっかく転職先から内定をもらったのに退職できない(退職させてもらえない)っていう理不尽なことが普通に起こります。

『慰留ハラスメント』と呼ばれる退職引き止めです。

 

内定をもらったのに退職できないのでは困ります。転職先は、いつまでも待ってくれるわけではありません、最悪内定取り消しなんてことも。

 

退職引き止めの対処法を予め知っておきましょう!

 

転職活動の期間の平均は3ヶ月、でも実際は人それぞれ!

転職活動の平均は3ヶ月だけど、人それぞれなのが実情。

だって状況はみんな違いますから。

精神的にやられてしまって、今すぐにでも退職したいという場合は仕方ありませんが、できるかぎり在職しながら焦らず『こっそり』転職活動しましょう。

会社の誰にも知られないように『こっそり』ですよ!

 

転職活動を始めて

  • 条件のいい内定をもらえたら、退職届を出せばいいし
  • その時いいのが見つからなければ、次のチャンスを待てばいいし
  • 転職活動してみたけど、今の会社でもそう悪くないと思い直してもOK

在職しながら会社の誰にも転職活動を知られていなければ、こんな選択ができます。

『こっそり』活動するためにも転職エージェントの利用をおすすめします。

 

転職エージェント利用時の注意点を知っておくと有利に利用できます!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

    1. doda(デューダ)
      非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
      ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
       https://doda.jp/
       
    2. リクルートエージェント
      業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
      ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
       https://www.r-agent.com/
       
    3. マイナビエージェント
      大手で定番の転職エージェント
      ※約80%が非公開求人。20〜30代の転職サポートに強い!
       https://mynavi-agent.jp/
       
    4. ビズリーチ
      年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
      ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
       https://www.bizreach.jp/

 

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm