月収100万稼ぐフリーランスエンジニアは【技術好きと・・・】

どんなフリーランスエンジニア月収100万稼いでいるんだろう?

自分がフリーランスエンジニアになったらどのくらい稼げるのかな?

一番気になりますよね。

この記事では、月収100万円の可能性と「どんな人が稼げるのか」をお伝えします。

 

月収100万稼ぐフリーランスエンジニアは技術好きと・・・

技術好きと努力した人です。

普通ですね。

  • 技術が好きな本物のエンジニア
  • スキル付けて努力して複数案件をこなす

こんな人が稼げます。

この後詳しく説明します。

 

信頼で仕事をする、も大切なので御覧ください。

30代以下のフリーランスで年収1000万は8.8%

実際に100万稼げているフリーランスエンジニアはどのくらいいるのか見ていきましょう。

「引用元:独立行政法人 情報処理推進機構 IT人材白書2016」

※下表ではフリーランスエンジニアが上、IT企業技術者が下になっています。

 

年収1000万であれば、月収100万と言えますので、フリーランスの年収1000万を見ていきますと

  • 30代 8.8%
  • 40代 6.2%
  • 50代 2.3%

30代以下のフリーランスで年収1000万は8.8%

IT企業技術者の30代以下で年収1000万は1.2%ですのでフリーランスのほうが多いです。

フリーランスエンジニアは、若い年代でも保有する技術や実務能力に応じて、高い収入を得られる可能性がある。

IT企業IT技術者も50代まで働き続ければ、11.9%の人が年収1000万です。

 

その他にこの表からわかることは

  • ※IT企業IT技術者では年代が上がると年収が高い割合が高くなる
    年功序列の賃金設定がある
  • ※フリーランスの場合は、年代 が変わっても年収の割合が大きく変わらない
    仕事案件ごとに契約した働きに支払われるためスキルが同じなら変化しない
  • ※フリーランスの場合300万円未満の割合が年代に関わらず30%ほど
    年功序列みたいなことがないのでスキルが低いと収入が上がらない
    自身の都合に合わせて仕事量を調整し自由時間を確保している人がいる

 

フリーランスエンジニアの収入傾向

実力がある人は最初から稼げるけど、ないとずっと稼げない!!

実力がある人は⇒フリーランスになると若くても稼げる
実力がない人は⇒フリーランスになると稼げない

実力がない人は、フリーランスになっらダメ、長く企業にいたほうがいい。

 

どんな人が月収100万?

技術が好きな本物のエンジニアー>長年の積み重ねがプログラミング以外にある人

こんな人が稼ぎやすい。

すみません、これはデータではなく肌感覚で感じた「ふわっと」した視点です。

 

どんな人?

根っからの技術者で信頼される感が高い

  • 小さな頃からものを作ったり
  • 知識ではなく論理がしっかりしている
  • 技術の蓄積がプログラミング以外にたくさんある

このような人たちは、思考レベルが違います。

 

普通のエンジニア

  • これだけやったから遊びに行こう
  • この仕事ストレスたまりまくるな
  • 仕事打ち上げの飲み会でパーッとやりたいな
  • 帰ったらゲームしよう

仕事をすればするほどストレスが溜まり、発散しないと精神が持ちません。

 

技術が好きな本物のエンジニア

  • 家に帰っても趣味が技術的なこと
  • 週末時間があれば工作(含むプログラミング)
  • ゲームで時間の浪費はしない、ゲームは作るもの
  • 技術に集中しているとα波(アルファ波)でリラックス

そもそも、技術的なことをしていることがストレスになるどころか、集中しているときに出るα波(アルファ波)でリラックスするのです。

 

努力して月収100万を超える方法

技術が好きな本物のエンジニア「小さい頃から技術好き」じゃない人はどうする!

スキル付けて努力して複数案件をこなすべき。

ちょっときつい。

 

複数案件を同時にこなすと収入アップする。

理由は2つあり

1、予算が絡んでいるから

企業が1人に支払える予算って決まってたりするから、スキルがあってもなかなか高額にできない。

「予算70万まで」って決まっている場合、「週5日で100万でどうですか」ってお願いしてもダメで、「週3日で60万でお願いします」なら予算の範囲内ということでOKになったりする。

この交渉がうまくいくのは、あなたにこの企業との実績があって信頼されてからになります。

2、クライアントにいい意味での緊張感を与える

「仕事にあふれているから週5日のフルタイムで案件を受注できない」の体(てい)で交渉する。

仕事案件がたくさんあるんで、1企業に週5日フルタイムで働くのは難しいです。「週2日ならできます、40万でお願いします」

「自分は特定の企業(クライアント)に依存してない忙しい身なんです」をさりげなくアピール。 ⇒雑に扱われなくなる。

 

案件2つ、60万+40万=100万
こんなふうに複数案件を同時に受注すれば、月収100万も目指せます。

 

まとめ:月収100万稼ぐフリーランスエンジニアは技術好きと・・・

※稼ぐ人
 ⇒技術好きと、努力した人

※どんな人が月収100万?
 ⇒技術が好きな本物のエンジニア

※努力して月収100万を超える方法
 ⇒スキル付けて努力して複数案件をこなす

 

無理して月収100万にしなくてもいいですが、見える景色も変わってきます。

それよりも、「自由だ」っていうのも選べるのがフリーランスの良さですね。

 

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm